私はメンタルチャットの管理人

メンタルチャットでおこるさまざまな非日常

うちの

2017-07-31 10:52:37 | メンタルヘルス
循環器内科が待合に本棚を出してるのだが そこで 日本の町並み 上・下 山川出版刊が置いてあったので見てたんだが・・あーうちの循環器の先生は趣味がいいな・・と思う。日本全国の歴史的景観保存の町並みを紹介した本である。早速帰って来てamazonで調べたら 上下刊でほぼ4000円・・・う・う・う高い。今月はもう無理だから来月だが。見てたら 美しい日本の町並みって文庫が安かったんでポチってみた。まあ京都は別格だが江戸~明治の古い町並みって なんでこういいのか・・って思う。まあ中は暗いし トイレはぽっとんだし天井は高いので冬は寒い。でもいいなぁ・・って思う。この本を見てて思い出したんだけど 伯母の家 まあ従姉妹の家もだが 縁側があって庭があって床の間がある典型的な昭和初期の家である。伯母の家だって古い記憶では台所は土間だったし風呂は薪で焚いてた。従姉妹の家はタイル張りの五右衛門風呂で水風呂までついてたが 台所は土間である。なんでもどっかのお金持ちが別荘で建てた家だそうな。どちらも古い記憶を辿れば 三寸の板を交互に張った板塀である。下の方は抜けてて まあ窓の目隠しなんだろうが。いつの間にかブロック塀になってたが家の角に街灯があって 毎日日が暮れるとスイッチを入れにいくのがあたしの仕事だった。まあ木造の古い家って懐かしいというかほっとするのである。まあ漏れなくぽっとん便所で 同級生の家農家だったんで 定期的に肥え汲みにきてた記憶がある。まあ そういう難点に目をつぶるなら 古い家って素敵である。先に紹介した本はそういう古い町並みの集大成というところか。どこを見ても素敵である。ああ こういう街に住みたいのだな・・と思う。あたしが京都に戻りたいのは 街がコンクリばかりじゃなくて 古い木造で溢れてるからだ。なぜ東京を毛嫌いするかって言えば 東京ってスクラップ&ビルドである。新しいものが偉い・・というか正義なわけで 古い・・昭和のかけらだけでいいと思ってるからだ。東京がロマンを感じるのは昭和のカオスだけである。なんで落ち着かないのだな・・と思う。まあ多摩もとい武蔵野はちょいと感じが違うが 基本小じゃれた住宅街である。まああたしも東京でいくら古い日本家屋で素敵でも ポットン便所は嫌だw まあなので 京都でマンションなんだが。あとこの本ですごく魅力的だったのが徳島県美馬市 JR徳島線だと穴吹か ここは住んでみたいな・・と思わせる。四国って まあ開発から取り残された地方なんで それなりに楽しく住めそうでいいな・・って思う。辻・・あー芳水酒造に近いぞw
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝から | トップ | きょう »

コメントを投稿

メンタルヘルス」カテゴリの最新記事