山梨百名山から見る風景

四方を山に囲まれた山梨県。私が愛して止まない山梨の名峰から見る山と花と星の奏でる風景を紹介するページです。

花谷泰広ヒマラヤキャンプ写真展 いよいよ始まりました。  平成28年8月1日

2016年08月01日 | 番外編
 山梨県北杜市在住の山岳プロガイド花谷泰広さんの写真展がアウトドアショップエルクでいよいよ始まりました。

 このヒマラヤキャンプは、昨年10月選抜された有志の大学生とともにトレーニングを積み、ヒマラヤの山でキャンプを張ってランダック、ランシャールという6,000級の山に登った時の記録画像です。花谷さんは学生の時に先輩に連れていってもらったヒマラヤの山々の思い出が強く残っており、山の素晴らしさを後輩たちに伝えたいこと、そして若いクライマーたちを育成して行きたいという思いでこのキャンプを行っています。今年も既に6人のメンバーが選出され、毎月集合してヒマラヤキャンプに備えてのトレーニングが行われています。


    7月31日夕方、展示が終了。8月1日から1ヶ月間開催されます。


    会場風景


    こんなところに登れるのかという凄い写真の数々。


 作品を何点か紹介します。解説は全て山岳ライターの柏澄子さんに書いていただきました。


    【ランダック】エベレストが見えた!

 世界最高峰のエベレストは、どこから見ても威風堂々とした大きな山である。ひときわ高いだけでなく、どっしりと大きい。この日、キャンプ1を出発し、氷河に上がってから振り返ると、エベレストが見えた(写真中央)。山頂からわずかに雪煙をたなびかせており、秋の気配がただよう。

    

    【ランダック】ヒマラヤ襞を行く

 このような氷雪壁をトラバースしていくのは、ヒマラヤらしいところ。花谷が先行したあと、蒲澤と塩谷が続く。初のヒマラヤのふたりにとっては、かなり手ごわく、緊張が強いられるセクション。
     



    【ランダック】帰路で振り返って見る鋭鋒ランダック




    【ランシャール】頂上へ

 長い1日のはじまり。ヘッドライトを灯して出発。まずはコルを越え、ベースキャンプのあるクーンブ山域からロールワリン側へと入っていく。



    【ランシャール】夜が明ける山々

 ロールワリン側にあるドラムバウ氷河に降り立った。標高4500~5000mほどにある長大なこの氷河は、6000m級の山々に囲まれており、普段から風が強くスケートリンクのように硬かった。夜のとばりに閉ざされ蒼かった山々に、昇った日が差し込み、だんだんと明るくなっていくなか、ランシャールに向けて、氷河を行った。



    【ランシャール】目前に迫るランシャール山頂


 柏澄子さんに書いていただいた花谷泰広さんのプロフィール、およびヒマラヤキャンプの説明が以下のパンフレットです。




 パンフレットに掲載した写真はカトマンズで仲間たちが集まった時のもので、花谷さんは左から2番目、その後ろにいるのが栗城史多さん、右から2番目の女性が谷口けいさんです。凄いメンバーが揃っている写真です。


 日本にいるとまずはお目にかかることが無い凄い山並がずらりと並ぶ景色です。是非ともお越しください。

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 櫛形山再訪  平成28年7月24日 | トップ | 富士山麓の植物観察会 ~午... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱり (かさ)
2016-08-02 16:45:30
相変わらずの山行、その勢いに感心するばかりです。モンゴルでは二泊テントでしたが、二晩とも雨で満天の星は残念ながら見ることが出来ませんでした。また土日の早朝、河口湖に行ったのですが、やはり富士山は姿を見せてくれませんでした。日頃の行状でしょうか。まあその内、気まぐれな天気も味方してくれると思っていますがーー。
では。
かさいさんへ (ヨッシー)
2016-08-04 14:00:42
 モンゴルならば高所のうえに町灯りの光害が少なくて凄い星空が観察できるだろうと思っていましたが、天候に恵まれないのでは仕方ないですね。自然が相手だけにこればかりはしょうがないです。この季節は雲が多くて富士山もご機嫌斜めですね。

コメントを投稿

番外編」カテゴリの最新記事