山中山岳会ブログ

山中温泉にある山岳会です。
石川県の方がたくさん入っています。
毎週活動を行っています。

立杉峠からパノラマコース 杉水峠方面は

2019年07月16日 | 日記

 令和1年7月14日 曇りのち小雨

 大土町から木の葉峠を経てパノラマコースの尾根を歩き県民の森へ少し下ると右からの

 林道と合流する。

 





 この林道は今日歩いた立杉峠からの林道で約1キロでパノラマコースの合流までは草刈りが

 されている。蝉の声も響き梅雨明けがまちどおしい。

 





 さらに峠からは左の杉水峠の方へ500mほど作業林道があり、終点の高みに石の要塞のような

 展望台が設置されているが、ここまで足を伸ばす人は余りいないだろう。

 この尾根を500mくらいで杉水峠に届くと思われるが、雨の残る藪漕ぎは次回にして市谷へと

 向かい蟹の目山の登山口の草刈りを行う。向山への登山口はHさんが綺麗にしてあり有難いw









 5月に植えたしだれ桜の根元も草が繁り、ここも綺麗に、来春は花をつけるだろうか、楽しみですww

コメント

大土町~鶴坂峠~大鶴山~鈴が岳直下の登山道合流地点

2019年07月08日 | 登山

 7月7日 曇りのち小雨

 先日にTさんから昨秋も整備したとの話を聞いて梅雨の晴れ間を狙い大土から丸太橋を渡り

 尾根に乗った。大鶴山までは綺麗に整備されていたがその先は道がわかる程度

 途中からは昨秋の整備で分かりやすく歩きやすかった。

 










 途中右、大土町から3本作業道が入っており、帰りは踏み込みやすい

 案の定、帰りはこの道に入り足谷の標識のある林道に降り立つ。





 結果往来で時間の短縮になったが反省材料です。











 鈴が岳の直下登山道まで6時間10分、帰りは林道歩きが50分で3時間10分かかりました。

 復路はガス、小雨で幻想的な雰囲気、どこを歩いているのかww

 林道を入れてもらえれば足谷からは大日山まで日帰りが可能と思います、



 この尾根は石楠花が凄くて足に絡まりとても歩きにくい、赤符が必ず必要です。

 地図上では往復とも同じ道を使うと21キロくらいありそうです。

 大日山も四方八通、いろんな道が楽しめそうですがあくまで自己責任でお願いしますw
コメント

蟹の目山の新聞記事から 共同通信社

2019年06月30日 | 沢登り
 蟹の目山の市谷からの周回コースができたときの取材を受けた共同通信社の

 記事をネットで見つけたので載せてみます。

 https://www.sankei.com/life/news/161104/lif1611040035-n1.html
コメント

山中温泉トレイルレースは天気予報が劇的に変わり素晴らしいレースになりました

2019年06月23日 | 日記

 令和元年6月23日 晴れ

 今年で5回目となる山中温泉トレイルレースですが、劇的に天気予報が好転して

 素晴らしいレースになりました。

 

 

 










 水無山,刈安山、富士写が岳、大日山、陶石山,杉水峠、三童子山、鞍掛山、を駆け抜け

 30,80キロで470名のエントリーがあり、15歳から69歳まで(嬉しい)







 

 このコースは凄い、ヤバイw で結構有名らしく、地元の関係者としては誉め言葉(W)として

 有難く頂戴ですww

 

 



 この素晴らしい奥山中の魅力がもっと多くの日本人に伝えたい? 伝わってほしいww
コメント

風谷峠

2019年06月14日 | 日記

 令和元年6月14日 晴れ

 地元にいながらも、初めての風谷峠でした。

 



 今は、1軒だけ、人の気配がある家の前を通ると、大聖寺藩の関所跡の石碑が

 立っている。すぐに峠の標識に従い、緩やかに切られたジグザグ道を辿ると

 小さな地蔵が鎮座、何かいわれがありそうです。





 深く刻まれた道は古の時代に、越前朝倉氏と加賀の百姓一揆が死闘を繰り返し

 往来し、軍馬のいななきがが聞こえそうな錯覚に陥りました。











 近くで藪を揺らす大きな音が聞こえます。熊、猪、カモシカ?

 40分ばかりで風谷村まで半里の道標と地蔵さんの稜線に到着です。

 2日後の日曜には金津市から多くの峠歩きの参加者が通り、次週の日曜には

 山中温泉トレイルレース80キロのランナーが駆け抜けます。

 金津からの峠道は草刈りがやってなさそうですが、どこから登ってくるのか?

 

コメント (1)