老頭児おじさん奮闘記

老頭児(ロートル)になっても、何事にも興味を持って行動をしているおじさんの奮闘記。

八国山散策

2018年04月20日 | ウォーキング
平成30年4月19日(木)、近くの八国山へ散策です。
もう芹葉飛燕草(セリバヒエンソウ)が咲いているのではないかと思い出かけてみました。

前川の流れもなんとなく春を感じます。



後川の花ミズキも満開できれいでした。



八国山緑地の「ほっこり広場」には毎年セリバヒエンソウがの群集がみられます。
名前は、葉が芹(せり)の葉のように細かく切れ込んでおり(ギザギザ)、燕(つばめ)が飛んでるような形の花であるところから(ヒューッと飛んでるみたいです)名前がついたようです。









可憐な花が一面に見えました。

芹葉飛燕草の詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.geocities.jp/tama9midorijii/ptop/sueozep/seribahiensou.html

https://yasousuki.exblog.jp/9113766/

野山はすっかり春ですね。
今年もセリバヒエンソウの花を堪能しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第43回ザ・ロープ帆船模型展見学 | トップ | 清里便り171 : 残雪の甲斐... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ウォーキング」カテゴリの最新記事