北大津地域のまちづくりを考える集いに参加!

今日は仰木の里支所で行われた北大津地域のまちづくりを考える集いに参加してきました。

この仰木の里地域では、幸福の科学学園の建設が計画されていることから、まちづくりを住民みんなで考えていこうと、このような集いが開催されました。

大津市議会の各会派にも参加要請があり、この件については新聞報道等を通じてしか情報がなく、現状把握の為に参加させていただきました。

まずはじめに「やや日刊カルト新聞」の藤倉氏から幸福の科学についての説明があり、その後に、各自治会の方々から現状の報告がありました。

今日は第一回目ということでしたが、情報が交錯している中で、参加者で情報の共有がはかられたのではないかと思います。

今日の話ではいくつかの問題点についての説明がありました。
その中で私が一番の問題だと感じたのは情報がしっかりと住民に伝わっていないことです。
それにより不安感が増しているではないかと思いました。

その原因はURにあるのか、幸福の科学学園にあるのか、その他にあるのか・・・

詳細は、北大津まちづくりネットワークのHPをご覧ください。




コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 市民病院の公... 閉会日に向け... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (Unknown)
2010-12-16 00:06:06
12日の集いに参加した者です。

「情報がしっかりと住民に伝わっていないことにより不安感が増している」と書かれていますが、


「住民の不安感が増すことを恐れて、情報を広めないようにして学校建設を進めている」というふうに私は受け止めました。
全く、逆の考え方ですね。
 
 
 
Unknown (てっぺい)
2010-12-16 09:21:48
Unknownさん
情報が住民に伝わっていないのは、そういう理由もあったのかもしれないですね。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2010-12-17 16:59:55
先のコメントを投稿した者です。
返信をいただきありがとうございます。

意図的(?)に隠された情報を明らかに
していくことへのご協力をお願いします。

 
 
 
Unknown (てっぺい)
2010-12-18 23:00:11
Unknownさんへ
私もできる限りの協力はしていきたいと思います。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。