確定申告・PTA・サッカー!

昨日はようやく確定申告の第一弾である自分の分の申告が終了。
来週からはほぼ毎日議会なので、今週中にもう少し終わらせたかったのですが、なかなかうまくはいかないです。
早朝・深夜にがんばります。

そして夜はPTAの新旧の引継ぎ会でした。
来年度の会長・副会長・本部役員にざっくりとした1年間の流れ等を説明させていただきました。
特に大きな問題もなく終了。

PTAの会議の合間に本部役員のメンバー何人かで子どものサッカー談義。
この春に1年生になる息子の進路をどうしようか悩んでいます。
学校生活に慣れるまでは当分の間は今のスクールと考えていますが、何かいい情報があったら、誰か教えてください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

志のある方を積極的に応援します。

自分自身は不出馬という方向性を決めましたが、大津市政に対する想いは変わっていません。
自分のできることをこれからもやっていきたいと思っており、まずは次の大津市議会議員選挙への出馬を考えている高い志のある方を積極的に支援していきたいと考えています。

12年間ともに戦ってきた同志で、ここ数年は私と同じように議会活動に対してモチベーションが落ちるようなことがありながらも、大津市をなんとかせなあかんと強い志をもって次も出馬を検討されている谷ゆうじ議員や新人で志のある方を積極的に支援していきたいと思っています。

私が応援する条件は一つだけです。

市民の為に本気で大津市政で戦っていける人物かどうかだけです。

そういう人物であれば、所属政党等に関係なく積極的に応援していきたいと思います。

私にいろいろと相談に乗ってほしい、支援ほしいという方がいれば、TEL、メール、SNS等でご連絡ください。
高い志のある方なら喜んで応援させていただきます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

最後となる一般質問の各項目!

私にとって最後となる一般質問の順位並びに項目が確定しました。

順位は25人中の23番目で3月1日(金)にこの日のトップバッターとして10時に登壇予定です。
質問項目は次の通りです。
質問を次に先送りできないので、項目数が多くなりました。これでもやむなく質問をあきらめた項目もあります。

1.入学説明会におけるPTAの任意加入の説明などについて
・今年度に重点的に取り組んできたPTA問題を再度取り上げます。

2.都市計画道路予定地における保育園の建設について
・瀬田地域で工事が進むつくし保育園の増改築について、その場所はなんと都市計画道路の予定地の上です。道路の事業化の目途と保育園建設計画をどうように内部で協議をされたのかを事前に調査すべく公文書情報公開するなどしましたが、内部の協議録はほとんど残ってませんでした。そこで、その経緯等を確認すべき本会議で質問することにしました。

3.改良住宅の空き家対策について
改良住宅の空き家については、補助金適化法の縛りがあって、自由に譲渡ができないので、国に規制緩和を求めていくべきではないかとの質問です。

4.残骨灰の適切な供養について
大津市では、残骨灰(遺族が残した骨)については、三井寺の霊灰塔で供養してきましたが、そこがいっぱいになってきて、今は暫定的な措置として各聖苑で保管しています。
今後も引き続き同様の方法で供養を続けるべきではないかとの質問を行います。

5.天満宮広場の諸問題について
天満宮広場については、根拠条例が無いなどの理由でナイターの利用料金が徴収できない問題や来年度からは各スポーツ施設のネット予約が始める予定にもかかわらず、そのネット予約の対象施設に入っていない問題があり、これらについて質問をします。

6.支所長の入学式等への出席の取りやめと市民センター問題に関する支所長の本音について
支所長の入学式の取りやめについては、大津市主催の事業だけに参加しないなど中途半端感があるので、あらためてその再考を求めるものです。
支所長の本音については、市民センターのあり方について、私が個人的に何人か支所長と話した際にある支所長が「自分の考えを述べるとどうなるかわからんから言えないんや」とおっしゃっており、現場を一番に知る支所長の本音が大津市に伝わっていないと考え、本音を引き出すために匿名のアンケート等を実施するなどをすべきではないかとの質問です。

7.市長の行き過ぎた管理体制による市政への影響について
越市長就任してからの7年間の越市長の市役所のマネジメントの結果として、職員のモチベーション等に大きな変化(悪い方に)が現れ、ストレスからのパワハラなど問題が発生していると私は考えており、そのことについて市長の考えを聞きます。
併せて、12月の教育厚生常任委員会では、図書館の問題について、図書館の職員が議会の説明のためにがんばって作成した資料を市長がそれは説明しなくてもいいと指示した問題がありました。
この経緯についても市長にその考えを聞きます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大津市議会の議会改革に対する違和感!

こういうのって手柄を横取りされてるみたいであまり好きじゃないんで指摘しておきます。

大津市が議選監査委員制度を廃止した話です。

記事をたまたま見かけてビックリです。

記事(https://www.dh-giin.com/article/20181126/14050/2/)より引用
法改正がなされて、議選監査委員制度の存廃を地方で決められるようになったのなら、そのときは廃止するしかないと個人的に思っていた。それで改正自治法が成立したとき、少なくとも施行日までに大津市議会として結論を出すべきだと、最大会派の幹事長に打診したら、「あなたはどう思うのか」と聞かれた。当然、制度論からいえば廃止するしかないと伝えたが、制度論の観点から議会運営委員会で議論するのは難しいといわれたこともあり、大津市議会としては制度を継続することのメリットやデメリットの観点から議論された。
引用終わり

「最大会派の幹事長に打診したら」って、あなたが最初に問題提起したんですか?

違うでしょ。

この問題は、私が企画書を作成して、当時の同じ会派の幹事長である藤井議員を通じて議会運営委員会で問題提起したのがスタートです。(すべて平成29年6月26日開催の議会運営委員会の資料に残ってます。)
大津市議会において監査制度のあり方や監査基準に関することを一般質問し、監査委員の選出に関する議案に対する質疑を一番多くしてきた議員は私です。
制度が大きく変わる可能性を第31次の地方制度調査会の答申から強く認識し、改正自治法が国会で成立したのをまって問題提起を行いました。

この問題は、大津市議会議員みんなで丁寧に話し合ってその方向性を決めたもので、誰の手柄でもないと思っていますが、事実でないことを外で吹聴されていることが無性に腹がたったものです。

また、加えてもう一点申し上げますと、この記事のように大津市議会の議会改革のことが各種のメディアで取り上げられることが多いのですが、こういった記事を見るたびに大きな違和感を感じます。
各メディアで持ち上げられるような本当に良い議会で、二元代表制がしっかりと機能しているのなら、私が「不出馬」という選択をしなかった可能性は大いにあります。
ICTや政策検討会議、議会BCPなどの取り組みが他の議会と比較して進んでいる側面があることは事実であり、これらは議員並びに議会局の職員の努力の賜物だと思います。しかしながら、それらはあくまで制度・仕組みの話であり、本当の意味での議会改革とは、二元代表制がどれだけ機能しているかに尽きるのではないでしょうか。
そういう意味においては、私は大津市議会が他から大きく持ち上げられるような存在ではないと思っており、大きな違和感を感じています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

不出馬!

今日は4月に行われる大津市議会議員選挙の立候補説明会がありますが、私は出席しません。
かといって、誰かが代理出席するわけではなく、出馬そのものを考えていないという事です。

それに至る理由を話し出すと長くなりますが、簡単に言えば、自分の人生の次の4年間(2019年5月~2023年4月)の時間の使い方として、何が有意義かを自問自答を繰り返した結果です。

既にこのことは人づてに伝わり始めており、その決断を知った方からは「もったいない」「残念や」「あんたがいなくなったら大津市はどうなるんや」など、期待する声をたくさんいただきました。
そういった皆さんの声も踏まえて、さらに自問自答した結果、やはり出馬しないことを選択しました。

3期12年の間、多く方にご支援いただいてきたことに対してあらためて感謝し、目の前にある最後の通常会議を今まで通りに精一杯がんばりたいと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

市民センター改革の疑問点!

今日から今任期最後の通常会議が始まります。

最後も市民の負託に応えられるように精一杯がんばっていきたいと思います。

さて、昨日は公共施設対策特別委員会が開催されて市民センターの今後の方向性が話し合われました。

多くの議員から実施案に対する疑問点等について質問・意見が出され、私からは主に下記の点を質問・意見しました。


・6億5千万円のコストの削減の根拠
その中身は、市民センターの人員削減によるものでありますが、昨日の私の質問や他の議員の質問で感じたのは、これだけ人員を削減して、市民センターが運営できるかという事と市民センターで担っていた業務を本庁で行えば本庁の人員を大きく増やす必要が出てくるがそのあたりが十分に精査されていないのではないかということです。
執行部もこの数字はさらに精査していくと公言していますので、おそらくは6億5千万円もコスト削減にはならないでしょう。

・無理のある人員の配置計画
上記のコストでも少しふれましたが、人員の配置計画がかなり無理があるというか、ギリギリまで減らして、この人数でなんとかまわせるように業務しろといったものになっています。
例えば、今後は基幹支所とその他の支所にわけられ、その他の支所では対応可能な行政サービスが大幅に見直されます。普通に考えれば、その他の支所ではできない業務が多いので最初から基幹支所を選択する市民はかなり増えると思います。それなのに基幹支所ものきなみ人員減です。十分な想定ができていないと感じました。

・意味のわからない入学式等への不参加
支所業務の見直しの一環で、来年度(今年の4月)から支所長は大津市主催の各種行事には参加しないとのことです。
4月には、大津市立の各学校園の入園・入学式が行われますが、これらには参加しないようです。来賓が一人減るぐらいで式への影響はないですが、影響があるのはそれ以外の部分です。来賓で入学式に出席されたことのある方ならわかりますが、式が始まる前(あるいは終わってから)の控室では来賓(支所長、議員、自治連合会長、その他地域の各種団体の方々など)が談笑をしており、その場で「この4月から○○市民センターに赴任してきた△△です。」と挨拶をかわしたりするなど、支所長と地域の方々との交流の場になっており、こういったことを通じて支所長(大津市)と地域との関係が構築されていきます。
どうしても支所の窓口業務に集中させる必要があるのなら、仕方ありませんので支所の窓口業務に専念していただいたらいいと思いますが、「大津市主催の行事だけ参加しない」という方針がすごく中途半端です。
例えば、4月のはじめには、保育園の入園式がありますが、大津市立の保育園の入園式には参加しないが、私立の保育園の入園式には参加するようです。
どこが主催であっても、支所長が支所にいなくなることは同じです。
支所の窓口業務等に専念させることが理由であるのであれば、どこが主催かに関係なく、すべての行事への参加をやめるべきです。

この問題は、本会議の一般質問でもあらためて取り上げていこうかと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ほぼ子どもの行事の3連休!

議会前・確定申告前の3連休。
少しでも質問原稿に手を付けて、少しでも確定申告の仕事に手を付けてと市議会議員・税理士として思っていましたが、なかなか難しかったです。

この三日間は毎日、子どもというか長男の行事があってみんなでそれらに参加しました。

初日は幼稚園最後の発表会。
来月で卒園だと思うと、ウルっと来ました。
入園前は喘息等で入退院を3回も繰り返していたにも関わらず、入園後はほとんど病気をしない強い子になりました。

2・3日目は連続してサッカー。
2日目は小学校低学年との試合。
スイッチが入ると年上のお兄ちゃんらとも少しは戦えたりしますが、遠慮(敵にも・味方にも)することが多く、もっとガンガン行ったらいいのにと思いました。
コーチの一声でスイッチが入ることが多く、コーチングの重要性をすごく感じました。
3日目は園児との試合。
ミドルレンジからシュートを狙うことが多かったです。
普段の練習でもそういう傾向が多く見られるので、どのあたりでシュートしたらいいのかがわかってないんでしょうね。
といろいろと課題もありますが、親としては息子の試合を見てるだけで楽しいですし、点を取った時の本人の嬉しそうな顔が好きです。

ということで、子ども中心の3連休で確定申告の仕事は一つも出来なかったのですが、議会の方は、合間合間に資料を読みこなしたり、また、質問の構成を考えたりはできました。
今日からは毎日議会です。
火・水は予算委員会で当初予算案の説明(質疑なしで説明を聞くだけ。)、木は公共施設対策特別委員会で市民センターの今後の方針について議論、そして金からは2月通常会議が始まります。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

久しぶりの残骨灰!

来週の金曜日から今任期最後となる通常会議が始まりますが、昨日はそれに向けた議会運営委員会並びに各種議案の説明が行われました。

詳細に確認できていないものも多々ありますが、ざっと提出予定の議案(予算や条例改正等)に目を通したところ、これは絶対にアカンやろといったものはなかったです。

私が今年度に一般質問で提案した乳幼児健診の待ち時間対策やここ近年増えているアレルギーを持つ者にも対応した備蓄食糧に関する経費が計上されたことは評価したいと思います。
あと、個人的にとても気になったのが残骨灰に関連した予算。
これは私がまだ1期目だった平成21年の12月に質問した問題で、火葬後に遺族が収骨した残骨灰が志賀聖苑の倉庫に長年放置されていた問題です。
私の質問を受けて、その後は三井寺にある霊灰塔で供養されることになったのですが、そこもいっぱいになってきたようです。
今回の予算で計上された経費は残骨灰を少なくする(圧縮する?)といったことに使うもので、一時しのぎ的なものです。
あらためて、今後のさらなる対応を促していきたいと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

乳幼児健診の予約システムの導入!

昨年4月に次男の乳幼児健診に行ってみて、いろいろと大変だったので、その経験を踏まえて6月に待ち時間対策等を提案したところ、前向きな答弁が返ってきました。

そして早速、その結果が出てきました。
平成31年度予算案に関する資料が先ほど配布されたのですが、乳幼児健診の予約システムの導入に関する経費が計上されていました。
中身の詳細はわかりませんが、今よりも待ち時間が減ることは間違いないかなと思います。

乳幼児検診に行った時の記事
https://blog.goo.ne.jp/yaman11/e/eecaa331f241ffdc12cded60cf4aa3a8
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ちまたで話題?の最新のチラシ!

私がここ2,3週間ほど、駅立ちやポスティングで配っているチラシがちまたで話題になっているようです。

SNSで発信してきた内容(越市政批判など)が中心で目新しいものはないのですが、見てみたいという要望がありましたので、ネットでも見れるようにしました。

よかったら下記リンクからご覧ください。

https://drive.google.com/file/d/1lw6Fn9snriKUp40cewmEL68MJEQmjP2y/view?usp=sharing
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ