山本ひろふみの一歩、一歩。

京都市会議員山本ひろふみ(伏見区選出・民進党・41歳)の日々の雑感、活動の報告等を綴ったブログです。

市長に望むこと。

2008-01-25 16:44:16 | Weblog
今日は少し、漠然とした話をさせていただきます。

市長とはどうあるべきか?
特に、この時代における市長とはどうあるべきか?

まず、この時代とは?
①地方分権の時代
②地方自治体財政難な時代
③脱温暖化社会
④少子高齢化社会
⑤格差社会

大きくはそんなところでしょうか?

①、②はもちろんですが、③~⑤の項目についても、地方自治体における責任は今後ますます大きくなると予想されます。

私達「民主・都みらい京都市会議員団」は昨年の現職桝本市長の不出馬宣言を受けて、推薦すべき候補者の擁立に奔走してきたわけです。

とはいっても闇雲に走っていては埒があきません。
テーマを持ってその主意に合致する人物を探してきたわけであります。
私達が取りまとめた新市長に求めるものは以下の通りです。(項目のみ)
①COP3開催の地として、公約の10%削減ができるまちにする取組
②自主自立の市民を生み出す、教育や自治制度を確立できる取組
③自然災害に強く、犯罪も少ない、安心安全を実感できるまちにする取組
④所得格差の拡大にも対応すべく、誰もが生活しやすいまちにする取組
⑤高速道路・地下鉄などの巨大投資を一時凍結するなど、選択と集中が一層進み、産業支援が進む取組
⑥職員不祥事が発生しない信頼ある京都市づくりへの取組

新聞やマスコミ各紙が討論会、対談を立て続けに企画する昨今、その焦点は「職員の不祥事」問題に集中しています。
もちろん「職員の不祥事」根絶は今回の市長選挙での大きなテーマの一つです。
しかし、そればかりに気をとられてほかの事がおろそかになること大変危険です。

この時代において、市長たるもの、大きな視野に立って、明確なビジョンを持って個々の政策実現に向けて取り組みを進めていただかなくてはなりません。

2005年9月、時の自民党総裁小泉純一郎が率いる自民党は郵政民営化こそが改革の本丸であると訴え、多くの支持を得、衆議院で圧倒的な力を持つに至りました。
昨年10月、公約通り、郵政三事業は民営化をされました。
しかし、私達の生活はどうでしょうか?
生活はよくなるところか、むしろ逆ではなかったでしょうか?
景気はよくなったと言われどその実感は全くありません。
企業はその利益の多くを従業員に還元することはせず、一部の役員と株主に配当することを強いられたのです。
結果、格差は拡がり続け、現在に至ります。

選挙に争点は付き物です。
しかし、その争点にばかり気を取られてしまっていては、本質を見失う危険があります。
そんな事も十分に踏まえた上で、有権者の皆様には良識ある判断をしていただきたいと切に願っております。

時に人は過去を悔い、未来に絶望を抱くときがあります。
新しい市長には過去を糧に、未来に大きな希望をもてる社会を創る責任があります。
もちろん、私も含めた全ての議員にも同様の責務があります。

その責任は非常に重大です。

それではまた。


☆☆☆☆ イベントのご案内(その①) ☆☆☆☆

泉ケンタと過ごす新春の集い」
○日時:2008年2月1日(金) 18:30~
○場所:リーガロイヤルホテル京都2階「春秋の間」
○会費:7000円
○お申込み・お問合わせはお気軽に山本事務所まで!

☆☆☆☆ イベントのご案内(その②) ☆☆☆☆

かどかわ大作さんを励ます未来の京都をつくる会 総決起大会」
○日時:2008年1月26日(土) 14:00~
○場所:京都会館第一ホール
○会費:無料
○お申込み・お問合わせはお気軽に山本事務所まで!


☆☆☆☆ 動画で観る「山本ひろふみ」 ☆☆☆☆

2007年11月21日:代表質問
3月1日インタビュー「立候補への道のり編」
3月1日インタビュー「政策への提言編」
3月3日オープニングビデオ
2月21日朝の演説(向島駅)
2月16日朝の演説(竹田駅)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

京都市会議員
山本ひろふみ事務所
〒612-0087
京都市伏見区深草紺屋町4-6 エトワール伏見1F (MAP
電話 (075)646-3966
FAX (075)643-6618
メール office@yamamoto-h.net
ウェブサイト http://www.yamamoto-h.net

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつの間にやら・・・ | トップ | 京都会館。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事