ショット

見えないものを見る 感じたことを写真と文章でつづる暮らしと自然のフォト日記

ここですか

2015-02-28 17:27:38 | 日記


たぶんそうだろうと思う農道を登って 行き止まりの場所
畑にはロープを張ってありその脇から撮った

ゼンペイサンお勧めのビューポイントはここか
ここなら山道を歩かずに夜景が撮れそう

俯瞰して持船城址の方向を見るとその裏山にも道路が見えた
ここも行って見ようと麓まで行くが 道路にロープが張ってありは入れない

「農道につき進入禁止 見つけ次第通行料を頂きます」の看板
ここは諦めた 農作業のための道路だから仕方ない

が 農道を作るには ほとんどの場合補助金が入っている
補助金はみんなの税金だ 少しぐらい通らせてもらいたい・・

と勝手なことを思ったが こちらは暇つぶしだから 大きなことは言えない
補助金と言えば県内の大きな会社がもらっていた 

のに県内の二人の大臣に献金していた 若手の議員にも 
国会議員は知らなかったと言えば罪にならなくても

会社は知らなかったはずはないから罪になるのか・・・
農道を走っては駄目だとは知らなかったといってもいいかしら

車は駄目でも歩くのはいいのかしら・・ 歩くのも駄目なら
ハイキングコースに私道はないのかしら・・

帰りは丸子をまわって つたのやでカレー
そしてゼンペイサンお勧め河津桜をみた

コメント (6)

老人力さらに増す

2015-02-27 11:38:48 | 日記


腰痛治療に近くの温泉に行こうとしたが
車の中に置きっぱなしの回数券がない 

確かまだ何枚か残っていたはず 
それにいただいた入浴券も2枚入っていた

そういえば 前日ダッシュボードの中を片付けた時に
期限切れの自動車保険証を処分した

それをゴミ袋に捨てたことを思い出した 
きっとでその時だ 封筒に入っていた回数券も一緒に捨てたのだ

ゴミは今朝が回収日 すでに回収車が運んで行った
入浴料金510円4枚以上は残っていた 無念

温泉をあきらめて低周波治療器でも腰に当ててみようとしたが
それをどこにしまったか忘れてしまった 

2011年7月にもやはり探している
その時はあきらめて新しいものを購入したとブログで調べた

しまったものを忘れるくらいの間 腰痛がなかった事は良かったのだ
そう思いながら探していると血圧計が出てきた 

血圧計が家に有ることも忘れて先日買ったばかりだった
せっかくだから両手にはめて同時に計って 同じかどうか確かめるか

もし異なった数値がでれば 自分に都合よい方を信じようか
いずれにしても物品の保管場所もブログに記入した方が良いかもしれない

コメント (6)

2月の薬膳料理

2015-02-26 14:42:11 | 日記


遅れていった教室ではすでに材料をきざんでいた
レシビをもらって ほぼ見学者の心境での参加

この日のメニュー手羽先と里芋の黒酢煮 フライパンで手羽先を焼いて
生姜 紹興酒 黒砂糖 黒酢と生姜をいれ水をひたひたになるまで増す

沸騰したらアクを除き落としぶたで25分煮る 途中汁がなくなったら水を足す
里芋を加えて10分煮て 煮汁をからませるように軽く煮詰める

韮と金糸菜のごま和え 水に20分つけた金糸菜は茎を落として半分に切る
湯をくぐらせるようにさっと茹でてざるにあげる ニラもさっとゆで3㎝に切る

黒ゴマをすって唐辛子少々を和え醤油で味を調える
はるさめとエビのスープ 春雨は水に戻し6センチに切る

はと麦20gは水1.5カップにつけておき 生姜 料理酒 みりんを加えミキサー
干しえび大さじ1を水2.5カップにつけ上と一緒に15分煮る

塩コショウで味を調え水溶き片栗粉を加え 溶き卵を回し入れる
器に入れ 刻みネギをのせる

クコと干しえびの炊き込みご飯 米2カップ干しえび20g クコの実10g
をあわせて炊く 青菜はみじん切りにしてゴマ油でいためる塩コショウで味付け

海老は補益する 青菜は血液浄化 こしょうは胃を調え内臓を温める
金糸菜は増血作用が判明され 貧血の治療に利用されるようになった

金糸菜は別名忘憂草ともいい憂鬱感があり何をしても楽しめないときや
不眠にも効く 体内の利尿校歌もあり尿道炎などにも有効

緑豆を原料とするはるさめと はと麦はむくみをとり
体内の余分な水分を排泄する

里芋は粘り成分で胃を守る 保湿効果で肌を潤す 体力をつける
など山芋と同様の効果がある ニキビは吹き出物の出やすい人におすすめ

手羽先は柔らかく 里芋は形が崩れず良い出来栄えだった
私は炊き込みご飯に添える 青菜を炒めただけだった・・けど 

コメント (4)

老人力増す

2015-02-25 00:07:56 | 日記


2月の薬膳料理の日だった すっかり忘れていた
Gゴルフもきょうはない そうだゼンペイサンに教わった場所の下見にいこう

帰りには黒潮温泉に浸かって帰る
万全な予定を立ててバイパスを焼津に向かった 

天気があまり良くない雲が多いどうしようかなど考えていると電話が鳴った
オバアの呼びだしだと出ないわけにはいかない路肩に止めて電話を見た

Mどかさんからだ「きょうは薬膳の日です」それでようやく気づいた
仕度もしてないが インターで引き返して教室に向かった

先生の説明は終わり すでに材料をきざんでいた 
途中からではイマイチ付いていけない 

邪魔にならないように少し外れて参加 
出来上がりを食べることに専念した

自分で 作らずに食べるほうが良い 
次回はそういう受講生を募集してもらいたい

教室が終わってからでは黒潮温泉に向かう気もしなくなった

コメント (6)

目には目を

2015-02-24 17:32:50 | 日記


歳の割にわきまえが足りない k藤さんとは距離を置くことにした 
しばらく連絡もしなかったが そのk藤さんから先日電話があった

私の夢を見たとのことだった その夢の中で私は
病弱でマスクをして帽子を深くかぶり隠れるように歩いていた

それなので どうかしたかと心配になったという電話だった
いたって健康で何事もない と言ったが その後から腰が痛くなった

もらってうれしい電話ならいざ知らず 夢を見たぐらいで連絡しなくても良い
大きなお世話の電話だった 大きなお世話と言えばk藤さんは

入場無料の整理券を何枚ももらってきて人に勧める
配布所ですぐになくなった 本当に欲しい人の手に渡らない 

以前久しぶりで連絡をくれた人が その後すぐに亡くなったけど大丈夫か・・

コメント (4)