いわき市のおやじ日記

K流釣り、K馬、そして麺食いおやじのブログ。
山登り、読書、映画、陶芸、書道など、好きなことはいろいろです。

007とスターウォーズ

2015年12月30日 | 映画

「007スペクター」と「スターウォーズ/フォースの覚醒」を観た。

007とスターウォーズはどちらも大好きで、これまでのシリーズ全部DVD、Blu-Rayで持っている。

前日にインターネットで席の予約を取り、家族で水戸内原のTOHOシネマズに行った。

007は14:25開始、スターウォーズは15:15開始を予約したのだった。

チケットを発券し、のんびりと昼食を食べ、まず007を観た。

 

そして007が終わる頃にはとっくにスターウォーズが始まっていた。

スターウォーズの予約、午後5時と15時を間違えるというしくじり。

TOHOシネマズの職員に話したら、「今回は特例です」と言って払い戻してくれた。

そして、別の時間帯で見ることができた。

職員の方、ありがとうございました。

 

ダニエル・クレイグになって多少人間らしくなった007であるが、「007スペクター」ではようやく人生の伴侶を得たし、ラスボスも倒したし、めでたしめでたしといったところ。アクション、スリルはこれまで通り、満足満足の内容であった。

 

傑作か駄作か、評価が真っ二つのスターウォーズは、齢を重ねたスカイウォーカー、ハンソロ、レイア姫が懐かしい。年とってないのはチューバッカだけか。

これまでのスターウォーズに敬意を表し、かつ今後の展開が楽しみな内容。

デイジー・リドリーというヒロイン、剣の使い方はいまいちだったが、なかなかのはまり役だと思う。

BB-8というドロイド(ロボット)も小さくて動きがかわいい。

これも大満足であった。

 

ところで、スターウォーズにダニエル・クレイグが出ていたらしい。

隣で撮影していたので、出てみよう、ってことになったらしい。

私は気がつかなかったが、気づく人はいないと思う。

これから観る人は頑張って見つけてください。

コメント (5)

2016年を最高の笑顔で迎えようじゃないか。

2015年12月27日 | 競馬

石井苗子さん、勝手に写真を使わせていただきます)

そういうわけで有馬記念である。

私の本命はゴールドアクター。

見事1着になったので、2016年は笑顔で迎えられそうだ。

 

紫舟(ししゅう)さんが書いたポスターの題字は、飛び跳ねているようで力強い。

2016年はこんな洒落た字を書いてみたいと思う。

コメント

「東京物語」

2015年12月25日 | 映画

DVDで「東京物語」を観た。

先日亡くなった原節子さんを観るのも、小津安二郎監督作を観るのも初めてである。

老夫婦が子供たちを頼って尾道から東京に旅行に行く話で、なんでもない日常が描かれており、特に盛り上がるところもない。

しかしなんだろう、後半は涙が止まらん。年取ると涙もろくていけねぇ。

平凡な話を淡々と進め、人の心を動かす映画。

足りない所も出すぎた所も無い洗練された映画。

ちょっとした会話も役者の正面から撮る丁寧な映画。

どのカットも構図が素晴らしい芸術的な映画。

見るたびに新たな発見があるだろう。

見てよかった。さすが日本を代表する映画監督である。日本が世界に誇る名作だと思う。

コメント

涙のジャーニー

2015年12月21日 | エッセイ

小学2年の時、学校帰りの雪道を歩いていたら、守(まもる)が後ろから雪玉をぶつけてきた。

守はいけ好かないやつで、たびたび喧嘩を売ってきた。

頭にきて取っ組み合いの喧嘩をやったが負けた。

 

何がきっかけかは覚えていないが、その後、守とはすっかり仲良くなった。

子供の喧嘩なんてそんなもんだ。

だからむやみに止めない方がいい。

 

小学5年の時に、「仲間同士で班を作りなさい」と先生に言われた時、守は一番先に俺の所に寄ってきた。

中学生の時、ふらふらしていた俺に守は「一緒にテニス部に入ろう」と誘ってくれた。

高専に入学し、猪苗代から遠く離れていわきに行って、小中学校時代の友人とは疎遠になった。

地元に帰ると遊びに誘ってくれたのは守だった。

 

守は福島県庁に就職し、バイクで通勤していたが事故で死んだ。

もう30年ぐらい前の話だ。

 

小学6年の時、学校帰りに歩道橋の上で一緒に肩を組んで歌ったのが、仲雅美の「涙のジャーニー」。

おおっとCDが出ているではないか

迷わず買った。

[Vol.1]仲雅美デラックス (MEG-CD)
仲雅美
株式会社ミュージックグリッド

「昔 遊んだ れんげの野原

帰りたい 帰りたい

おさない あの日へ」 という歌詞が目に染みる。

 

コメント

書をやってみた

2015年12月20日 | エッセイ

「「今年の漢字」で書道リレーを楽しもう」というイベントに参加した。

亡き母の趣味が書道で、それを見ていていずれはやってみたいと思っていた。

先生が大きな文字を書く。かっこいい。

 

そして私が来年にむけての目標、好きな文字を大きなボード(90cm×90cm)に書く。

書いたのはこれ。

来年は世の為、人の為になることをしよう。

きっとそれが自分の為になると思う。

大きな紙に太い筆で、「おりゃー」と勢いよく書くのは楽しいな。

これを書くために準備していたのだ。

来年の書き初めには何を書こうか。

コメント