政治の季節【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的な歴史書等をいいます。
現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

検察審査会の風景…本当の悪人はこいつだ!

2010-10-05 23:01:00 | 小沢一郎
案の定、起訴相当議決が出た。
腹が立って議決文を読む気にもなれない。

今回の議決をした11人の審査員は、前回議決時のメンバーとは全員入れ替わっている。
その入れ替わった11人が議決したのだから、やはり起訴決定は国民の意思の表れである、と理屈にもならない理屈を言ってる奴らがいる。

確かに、審査員は全員入れ替わった。
審査補助員の弁護士も入れ替わった。

しかし、ここに代わらない奴らがいる。
こいつらこそ真の悪党である。
こいつらが交代しなければ審査会の議決が変わることはない。

こいつらというのは検察審査会事務局である。

まずこれまでの経過を考えてみよう。
今年4月27日、検察審査会は小沢一郎に関して全員一致で”起訴相当”の議決を出した。

この”起訴相当”を決めた顔ぶれのうち半数がまず改選される。
今回は5月1日に6人が入れ替わったらしい。

さて、その新しい審査員が出席する第一回の会合がいつ開かれたのかは分からない。

多分そこで最初に議題になったのは、検察審査会長の選任であろう。
これは審査員の互選で選ばれることになっている。

検察審査会法 第15条

前条に規定する各群の検察審査員及び補充員のいずれかの任期が開始したときは、その都度速やかに検察審査会議を開き、検察審査会長を互選しなければならない。この場合において、検察審査会長が互選されるまでは、検察審査会事務局長が検察審査会長の職務を行う。


つまり第一回目の会議は検察審査会事務局長が議長として口火を切る。

「本日は皆様お忙しい中お集まりいただきまして誠にありがとうございます。(中略)我々にはどんな小さな悪も見逃してはならない、という使命・責任がございます。さて本日まず皆様に最初にお願いすることは、審査会長の選任であります」
ここで事務局長が一同を見回す。
「どなたか立候補なさる方はいらっしゃいますか」
一同無言。
「新たに審査員になられた方は、事情や運営等についてもよくご存じないでしょうから、ここはどうでしょう、前回から審査員を続けていらっしゃる方のうちから選んでは?」
一同無言で頷く。
「それでは前回から引き続き委員をなさっているこちらの5人の方、自薦・他薦を問わずお手を上げていただけませんでしょうか」
一同無言。
やや間があって、再び事務局長
「××さん、如何でしょうか」
××さん
「いやあ、わたしなんか」
「いえいえ、これまでのご意見・ご見識を拝見しておりまして十分すぎる力量をお持ちだとわたしどもは確信しておるところでございます」
「いやあ……、しかしまあそこまでおっしゃられるのであれば逃げるわけにもまいりませんな。他の方にご異存がなければ、お引き受けいたしましょう」
「どうでしょう皆さん。××さんがせっかくお引き受けしてもよいとおっしゃっております。××さんにお願いしてみては?」
一同頷く。
(もう少し芸の細かいところを見せるかも知れない。△△さんに××さんを推薦させるというような筋書きもあり得る)

いずれにしろこれで手際よく検察審査会長が決定する。
「小沢、断固起訴すべし」、という検察審査会長の誕生である。
もちろん話は事前にできている。

ところでここまで進行役を務めた検察審査会事務局長とは?

検察審査会法 第20条 
各検察審査会に最高裁判所が定める員数の検察審査会事務官を置く。
2 検察審査会事務官は、裁判所事務官の中から、最高裁判所が、これを命じ、検察審査会事務官の勤務する検事審査会は、最高裁判所の定めるところにより各地方裁判所がこれを定める。
3 最高裁判所は、各検察審査会の検察審査会事務官のうち1人に各検察審査会事務局長を命ずる。


検察審査会事務局長は最高裁判所が勝手に指名するのである。
裁判所事務官であるから、まあ法律の専門家である。
ただし司法試験には合格していない。

さてその4項には、

4 検察審査会事務局長及びその他の検察審査会事務官は、検察審査会長の指揮監督を受けて、検察審査会の事務を掌る。

ここで立場が逆転して、審査会長に決まった××さんが事務局長を指揮監督することになる。
検察審査会長の××さんの権限は、表向きは強大である。

第15条 2 検察審査会長は、検察審査会議の議長となり、検察審査会の事務を掌理し、検察審査会事務官を指揮監督する。

第18条 検察審査員が欠けたとき、又は職務の執行を停止されたときは、検察審査会長は、補充員の中からくじで補欠の検察審査員を選定しなければならない。
第18条の2 検察審査会長は、検察審査員又は補充員が欠けた場合において、必要と認める員数の補充員(以下この条において「追加補充員」という。)を選定することができる。


つまり、補充員は審査会長が前もって選定しておき、審査員に欠員がでたときにはその補充員の中からクジで審査員を選ぶということらしい。
つまり審査会長のお眼鏡にかなった者のうちからクジで選ぶというのである。
もちろん実際の手続き一切は事務局が行う。
だれがクジに当たろうと、事務局の思惑に沿った人物となる。

よくもまあこんな姑息な法律を作っていたものだ思わず感心してしまう。

第21条 
2 検察審査会長は、特に必要があると認めるときは、いつでも検察審査会議を招集することができる。

第33条 申立による審査の順序は、審査申立の順序による。但し、検察審査会長は、特に緊急を要するものと認めるときは、その順序を変更することができる。
2 職権による審査の順序は、検察審査会長が、これを定める。


何時、どの事件を審査するかは審査会長の恣意に任せられる。
もちろんこんなこと素人に決められるはずもない。
事務局長のアドバイスという形の指示・命令に従うことになる。

第39条の2 検察審査会は、審査を行うに当たり、法律に関する専門的な知見を補う必要があると認めるときは、弁護士の中から事件ごとに審査補助員を委嘱することができる。
2 審査補助員の数は、1人とする。
3 審査補助員は、検察審査会議において、検察審査会長の指揮監督を受けて、法律に関する学識経験に基づき、次に掲げる職務を行う。
 1.当該事件に関係する法令及びその解釈を説明すること。
 2.当該事件の事実上及び法律上の問題点を整理し、並びに当該問題点に関する証拠を整理すること。
 3.当該事件の審査に関して法的見地から必要な助言を行うこと。


形式上、××さんは検察審査会事務局長たる裁判所事務官も審査補助員たる弁護士をも指揮監督するのである。

もちろん××さんは法律のシロウトであり、審査員になってまだ3ヶ月しか経っていない。
事務局長や弁護士を指揮監督出来るはずもない。

××さんは、前回「起訴相当」の議決に賛成していた。
全員一致であるからこれは間違いない。

これからの3ヶ月間の審査は当然××さんと事務局長がリードする。
事務局長の交代はなかったものと思われるが、たとえあったとしても指名する人間(最高裁のどこかの部署の誰か)が同じであれば同じことである。

3ヶ月経つ頃にはほぼ審査会の空気は出来上がっている。
7月末、××さんはじめ5人の任期が切れ、同じことが繰り返されることになる。

そして8月初旬に最初の検察審査会の会合が開かれる。
事務局長がおもむろに口を開いて新しい審査会長の選任が始まる。
××さんの意思を引き継ぐ残留組の○○さんが新しい審査会長に決まり、事務局長を指揮監督する。
(ここまではまったくわたしの推測である。しかし当たらずといえども遠からずだとわたしは思っている)

事務局長の権限は実質的にはとてつもなく大きい。
検察審査会法では、事務局長は単なる事務手続きの責任者であるかのようにも読めるが、実際はすべてを裁量する力を持っている。

そしてこの事務局長の選任は、まったく最高裁判所の恣意に委ねられている。
最高裁判所が官僚の天下り指定席であり、法務省・検察と同じ穴のムジナであることは少しずつ知られてきている。

本当に悪い奴は、ドシロート集団を正義という名前で騙し小沢を追いつめる最高裁判所であり、その手先の事務官であり、ぐるになっている弁護士であり検察である。

そして検察審査会事務局と事務局長こそ、審査会を好きなように振り回している最前線部隊なのである。
(もういい加減に法曹一元という腐りきったシステムを見直すべきであろう)

それにしても、どこが頭でどこが尻尾だか分からないようなこんな法律を作っておいた連中にはほとほと感心する。




民主主義の確立のために!
  人気ブログランキングへ
ご面倒でもクリックを↑

司法官僚―裁判所の権力者たち (岩波新書)
新藤 宗幸
岩波書店

このアイテムの詳細を見る

政治関連図書へ

古書 那珂書房

特に歴史書が充実しています

コメント (34)   この記事についてブログを書く
« 枝野幸男の幼児性…深刻な民主... | トップ | 小沢一郎「これは権力闘争だ... »
最近の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本政治は本当に改革できるのか (cm)
2010-10-06 01:55:30
強制起訴のニュースを聞いたときは本当に驚いた。補助弁護士が決まったのが
9月になってからであり、議決まで2ヵ月程度かかるといわれていたからだ。

さらに驚いたのが、補助弁護士が決まったのが9/7だという。そして議決が
9/14。一週間に一度程度というから2回で終了したということになる。
今回の審査員は一回目の残留がいないため、ほとんど資料を読まずに議決
したと判断して間違いないだろう。これでは審査会での情報から議決した
というよりマスコミからの予備知識で議決したといわざるえない。

今回の審査員の入れ替えは10月末だというから、それほど急ぐ必要はない。
にもかかわらずなぜこれほど急ぐのか。「9月上旬に東京地検特捜部副部長
から説明を受け」とあるから、一回目の審査で議決以外を行ったということ
だろうか。また、「『起訴すべきだ』という方針は、割と早い段階で決まった」
ともある。膨大な資料は関係なく、一回目の審査で起訴相当の流れができて
いたようだ。

小沢氏法廷へ:政界と検察に激震/「真実はどこに」(その1) 
議決は代表選当日 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101005ddm041010010000c.html

ここまで急いだ理由は小沢が総理になった場合、鳩山と同じく検察審査会が
起訴に躊躇するだろうという判断だと思うが、朝日新聞が前田事件の公表を
遅らせていたという話もあるし、他の政治的判断が関係した可能性もある。
いずれにせよろくに審査もせず、政治的な理由で議決が操作されたことは
間違いないだろう。

検察審査会の審査員にも疑問がある。平均年齢が若く、一名だが女性が多い。
世論調査で男女では女性の方が小沢や政治とカネに厳しいし、洗脳しやすい。
わずか一人の差だが、11人の中の影響は小さくない。

審査員が若い方が起訴しやすいのか断定はできないが、政治家を起訴する
重みは社会経験が多い方が躊躇するだろう。年配の方が小沢への反感は強い
かもしれないが、政治家としての小沢の実力も知っている可能性が高く、
起訴には躊躇するのではないか。また、平均31歳が自分よりかなり年長の
専門家である補助弁護士の主張に異を唱えるのはなかなか難しいと思う。

抽選の段階で陪審員と同じく、おそらく先入観の調査のような感じで政治
への関心を聞いているだろう。そこから関心の高いのを除けば、小沢を起訴
しようがしまいがその影響に関心のない連中が抽出できる。それならば補助
弁護士が容易に誘導できるし、わからないのは裁判所に任せるという誘導で
起訴になったのではないか。

これらのことはあくまで推測の域をでない。世論調査を信じれば7、8割程度
が小沢に批判的なので、報道の情報のみで判断すれば、平均的な審査員で
8人が起訴相当と判断した可能性もなくはない。今から思えば、第1検察審査会
が2回とも7人だった可能性も否定できないし、起訴されないというのは、
楽観的だったのかもしれない。

以前、ここで書いたが、小沢が政倫審に出席しなかったことには憾みがある。
国会で説明していないと批判されれば、反論できないし、今回の起訴も小沢が
説明なしで逃げようとしているという流れに対して十分に対応していなかったと
言わざる得ない。できることをすべてやったとはいえないところが残念なので
ある。

かといって、政倫審に出席していれば問題なかったというとそうともいえない。
小沢や民主党への攻撃は政権交代前の強制捜査から一貫して続いているからで
ある。

事件の開始がいきなり強制捜査で、西松事件が不発なら、過去の不動産取得を
持ち出して無理矢理、事件をつくる。この構図はムネオハウスなど20件以上の
疑惑といわれながら、事件化できなかったため、釧路地検で不起訴になった
事件を持ち出して無理矢理、事件化した鈴木宗男事件と構図と同じである。

小沢の場合、不動産取引も立件できなかったので、検察審査会を持ち出して
結果は無罪でも構わないので、起訴、容疑者、被告という悪のイメージに結び
つけることに注力した。不動産取引は2007年に国会で取り上げられているので
どこまで麻生政権と検察が2009年に考えていたのかわからないが、検察審査会
の「強化」というのは恐ろしく狡知に長けた暴力装置の作成である。やはり50
年以上も政権にいたのはこういう悪知恵があったからだろう。

実際、旧体制のもくろみは成功した。これで小沢は少なくとも1、2年は裁判に
拘束され、代表選に出馬はできないだろう。1、2年は順調な話で、実際の立件
の難しさから起訴、公判開始に時間がかかることが考えられるし、ペンディング
の可能性、控訴、上告の可能性まで考えると、いつ終了するのかわからない。
おそらく、先に元秘書の裁判が進むため、この事件の異常さは徐々に明らかに
なるだろうが、それでは遅いのである。特捜部の事件は被告の死亡でうやむや
になることが多いが、長期化すればその可能性さえある。

このままいけば、民主党政権は自民党政権と変わらなくなり、政権交代の意味は
なくなるだろう。あと3年間のうちになんとかしなくてはならなかったが、
小沢総理の可能性はほとんどなくなってしまった。そうすると、菅の後は前原
や岡田あたりが自民党政権を継続した政治を行い、総選挙で議席を減らしていく
だろう。民主党の分裂もあるかもしれないが、不安定な政権運営で改革は望め
ないし、改革を志向するかも疑わしい。1、2年後に小沢が復権しても改革の
成功は難しいだろう。民自連立という最悪のシナリオも考えられる。

前述の小沢の失敗があるものの、ここまでの政権交代を阻止、骨抜きの動きを
みていると、政治弾圧といわざるえない。これでは誰が改革しようとしても、
潰されるのではないか。小沢の強制起訴とアウン・サン・スーチーの軟禁と
どれだけ違いがあるのだろう。どちらも無罪なのに、立件され、政治活動に
著しく制限を受けて表舞台にたてない。これでは北朝鮮やミャンマーと同じでは
ないか。

よく戦国時代はもっと激しかったとか、殺されないだけましみたいな話がある。
確かにそうだろう。しかし、それは独裁者が覇を競っていた時代の話である。
独裁者がその命をかけて権力を争っていたときに何でもありだろう。

しかし、現在は主権は国民にあり、国民の選択によって政権が運営される時代
である。個々の議員は何万以上の有権者の信託を受けているのであり、独裁者の
ように抹殺されるべき存在ではない。

にもかかわらず、政権交代から1年もたたないのに、マスコミと検察の非道に
よって政権交代時の政治家は次々と追放され、自民党化した政権になり、国民の
選択とはかけ離れてしまった。これは間接民主主義のレベルの問題ではない。
国民に主権がなく、イランの宗教評議会のように検察、マスコミなどの旧体制に
最終決定権があるのである。

この状況を変えるには検察、マスコミに騙されない国民をつくるように教育の
刷新くらいしか思いつかないが、それには最低数十年かかる。新聞、テレビの
緩やかな衰退、検察組織の疲労が始まっているので、それによって変わってくる
かもしれないが、なかなか国民の変化はおきないだろう。国民が政治に真剣に
なるにはもっと日本が衰退する必要があるのだろうか。

小泉政権のとき、どうして墓堀人に国民が熱狂するのかわからなかった。政治
の選択の失敗は後にならないと国民全体に理解されない。小沢を強制起訴に
持ち込んだことの影響を理解する国民は現在はやはり少数なのだろう。残念で
ある。この政治弾圧構造を乗り越えて改革できる政治家は存在するのだろうか
と考えざる得ない。
Unknown (らむちゃのパパ)
2010-10-06 07:02:50
小沢氏が不起訴になったのは、政治資金報告書に土地取引に関わる資金移動を事実通り書かなかった事件であった筈ですが、検察審議会が起訴を決めた理由が、土地取引の資金の出所が疑惑があるといっているようで、検察が莫大な捜査費用をかけて小沢氏に献金した人、かかわった企業全てを当たって調査して何もでなかったことを新たな証拠もなしに強制起訴とは、起訴するのはいいがどうやって公判を維持するつもりかと首をかしげます。
証拠もないのに人に疑いをかけて、議員辞職しろとか、小沢氏は有権者13万人もの有権者が支持して代議員になったものをどこまで物事を理解しているかわからないたった11人がもった漠然とした疑念で辞職や離党においこんでいいもんでしょうか。
Unknown (メディアの罠。)
2010-10-06 09:24:33
TV、新聞メディアの罠にいいように嵌められた揚げ句、今度は小沢氏に離党勧告をやたらとと押し攻まるTV朝日ですが、これも作戦の一つみたいですね。

小沢氏の起訴議決に至るまでには、検察、朝日、飯島の運びがあった。

そして離党勧告しなければ、野党が菅に辞任を迫るぞ。という脅しを見せ付け、自分達の好き勝手に運んでいます。

その狙いは何処にあるのか?

それは、最初から飯島とつるんでいる朝日が自民党の返り咲きの作戦を企んでいるからです。

内閣府であの甘い汁を吸った自民党です。もう居ても立ってもおれないようです。

メディアは次に菅潰しに入る構えでしょう。

民主党は小沢氏がこうた罠に嵌められたからには、小沢支持と一団結して強くなって、この作戦にのせられないようにしなければ自民党に乗っ取られてしまう可能性が高い。

メディアの罠にまんまと嵌らないことだです。

小沢氏が裁判で無罪を勝ち取るのは見えています。

その時にどう責任を取るのか?


Unknown (不正)
2010-10-06 09:39:01
人選の選出は起訴が出るように、あらかじめ早くから決められていたのは間違いないです。

すべてメディアの狙い通りに事は運んでいた。

民主党代表選はとりあえず、小沢を勝たせたらいけないから不正選挙で嘘の支持率で運び。

一応は菅に居座らせておいて、次の狙いは菅潰しに入る構えか。

選挙はメディア特有の不正という手をお持ちです。
Unknown (bella donna)
2010-10-06 10:16:14
>11人がもった漠然とした疑念で辞職や離党においこんでいいもんでしょうか。

 民主党国会議員の半数を小沢氏に握られてる現状では、この程度で辞職や単身離党に追い込むことは無理ですよ。小沢氏が我々の想像を超えてナイーブな性格なら話は別ですが^^)。
Unknown (,,)
2010-10-06 10:44:17
ニュースの匠:「市民の力」は正しいか=鳥越俊太郎

大阪地検特捜部をめぐる証拠改ざん事件の報道は、朝日新聞の鮮やかなスクープでした。
今回の事件は単に過去の事実が明るみに出たということにとどまらず、今後の検察の捜査や
メディアの報道のあり方に影響を与える、それほど強烈なものでした。

 その朝日新聞の9月19日付朝刊の社説で私が実名入りで批判の俎上(そじょう)にのせられているのもちょっとした驚きでした。政治家や団体の責任者など公的立場の人間ではなく、メディア関係者とはいえ一民間人の私の名前を取り上げるのは社説の中では異例です。まあ察するに、私が当コラムで取り上げた朝日新聞の社説「あいた口がふさがらない」についてのカラシがちょっと効きすぎたのか、社説子にはお気に召さなかったんでしょうね。

 
 私は市民の力を信じてはいない。
 市民、世論、民衆、大衆--こうした存在こそ、実は一番恐ろしいと思っています。日本という国は “世論”という名の下に、一方向にぶれやすい“文化”を抱え込んでいます。その最たるものが、「一億総火の玉」で突き進んだ日中戦争から太平洋戦争に至るプロセスです。

 検察審査会といえども「市民の力」という言葉だけで信じるわけにはいかないのです。正しい市民も いれば、間違いを犯す市民もいる。それをチェックするのが私たちメディアの仕事なのですから。
Unknown (、、)
2010-10-06 11:03:27
今年の2月4日東京地検特捜部は「陸山会土地購入」に関して「政治資金報告書 虚偽記載」容疑で捜査していた小沢一郎幹事長を「不起訴」処分にしましたが、この決定を不服として「ある市民団体」が「東京検察審査気会」に「審査申し込み」をしたと報道されました。

「ある市民団体」とは一体誰なのか、「検察審査会」事務局は匿名にして公表せず大手マスコミも正体を知っているにもかかわらず今でも報道していません。

ネット上では「真実を求める会」や「在特会」代表桜井誠氏や「博士の独り言」島津義広氏が「不服申立て」に加わったのではないかと言われていましたが確証はありませんでした。

しかしここにきて、「 在 特 会 」代表の 桜 井 誠 氏 が「自分が申し立てをした」と自分のブログで公表していたことが判明
したのです。

しかも自分には 
「 審 査 申 し 込 み 」 の 資 格 が な か っ た が「 検 察 審 査 会 」 事 務 局 が 拡 大 解 釈 し てく れ た た め に 即 刻 受 理 さ れ た とも言っています。
120%同意します。 (SN)
2010-10-06 11:35:00
120%同意します。

まさに官憲が「11人+」を毎度お馴染みの後だしジャンケンしながら「準備周到に予め決められた結果」に責任を転嫁しながら誘導。

「民主主義を偽装」した「民主主義」の抹殺です。
Unknown (さらば良し。)
2010-10-06 11:39:39
違法議決による強制起訴は無効。


http://d.hatena.ne.jp/pinsuke/20101005/1286251070
政治の原則 (SN)
2010-10-06 15:49:03
簡単に公約を掲げた政治家を抹殺して公約を亡きものにしてしまう勢力は何がしたいのでしょうか。

間違いなく「不透明な増税」でしょう。

財政が持たないから増税。自分勝手に不透明な数字を並べて「ですから」というヤシです。

増税議論の前に国の会計審査官の天下りと霞ヶ関癒着を全廃させ、当然な完全独立をさせましょう。

国の会計も複式簿記を導入させ、より透明度を向上させましょう。

せめて北欧並に透明にしましょう。

議論以前の問題です。

透明な構造なき癒着塗れの現状で増税議論は国民に対する背信行為です。

彼等の議論のすり替えに気をつけて、ポイントをここに絞りましょう。

《天下りと癒着に塗れ、不透明な現状の会計システムを放置して増税議論は有り得ない》。

小沢一郎」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事