政治の季節【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的な歴史書等をいいます。
現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

千人の小沢支援デモは無視、百人の中国デモを報じるマスコミ

2010-10-25 18:40:29 | 小沢一郎
 中国での抗日デモは余程マスコミの好みに合っているのであろう。
連日、しっかり取り上げている。
こんな片田舎の集まりまできっちり報道されている。

中国 デモの拡大・過激化防止 (NHKニュース 10月25日)
中国では、24日、内陸部の甘粛省蘭州でおよそ100人から200人の若者らが、中心部で2回にわたって日本に抗議するデモを行いました。また、同じく内陸部の陝西省宝鶏でも学生らおよそ100人がデモを行いました。


これはNHKニュースであるが、これが産経となるとこうなってしまう。

「腐敗反対」「住宅高騰抑制しろ」中国反日デモに政府批判も
中国の甘粛省蘭州市と陝西省宝鶏市で24日、それぞれ数百~1000人規模の反日デモがあり、若者らが「釣魚島(尖閣諸島)を守れ」「日本製品ボイコット」などと叫んで市内を行進した。


産経を相手にしてもしょうがないが、いい加減な連中である。
共通するのは反・中国、嫌・中国感情を煽り立てようという意図である。
その材料になるなら地球の片隅にまで探しに行こうという使命感には恐れ入る。

しかし10月24日、日本のど真ん中で1000人規模のデモがあったことを伝えるマスコミは皆無であったようだ。

「10・24検察・検審を糾弾するデモ」

ネットでの呼びかけに応じて各地から思い思いに集まった人たちがデモ行進をしたらしい。

文藝評論家・山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』 )様より引用
京橋の小さな公園からスタートし、西銀座通り、数寄屋橋交差点、新橋の直前で右折、日比谷公会堂、日比谷公園へ……。
(中略)
さて、参加者は意外に多かったのではないか。800人から1000人ぐらいはいたのかもしれない。素人の手作りデモだったらしく、参加者の中には、あまりにも静かなデモで、しかも最後は集会もなく流れ解散ということで……


かつて検察に対する猛烈な批判の声が上がったことがある。
黄色ペンキぶっかけ事件である。

(東京佐川急便から金丸信へ行われた5億円の政治献金を巡り、)東京地方検察庁特別捜査部は金丸に事情聴取のための出頭を求めたが、金丸はこの要請に応じずに政治資金規正法違反を認める上申書を提出するにとどまった。結局、東京地検は金丸に事情聴取せずに1992年9月に同法違反で略式起訴し、金丸は東京簡易裁判所から罰金20万円の略式命令を受けた。逮捕もなく事情聴取すらせず、5億円の賄賂に対する僅か罰金20万円というこの決着に、地検は国民から凄まじい批判を受け、検察庁の表札にはペンキがかけられた。(ウィキペディア 「東京佐川急便事件」)より

マスコミはこの黄色ペンキの映像を繰り返し放送し国民の怒りを煽り続けた。
この黄色いペンキは国民の怒りの象徴となってしまった。
国民の怒りと応援の声を背に受けた検察は今度は脱税で金丸を逮捕した。

今回、小沢不起訴への批判は、黄色ペンキではなく検察審査会が受け持っている。
日比谷交番焼き討ち事件以来、日本国民のメンタリティーは少しも変わっていないようだ。

しかし10月24日のデモこそ普通の市民の良識が検察批判となって現れた最初の画期的な事件である。
このデモでは、検察と一体となっているマスコミに対する批判のプラカードやシュプレヒコールもあったらしい。
他人への批判には先頭に立つが、自分への批判は完全無視するマスコミを考えれば、このデモを無視する彼らの対応は当然すぎるものであろう。

今回のデモの主催者は第2回目のデモを計画しているらしい。
こういう市民の声が大きく広がっていくことを心から願うものである。




民主主義の確立のために!
  人気ブログランキングへ
ご面倒でもクリックを↑

特捜神話の終焉
郷原 信郎
飛鳥新社

このアイテムの詳細を見る


政治関連図書へ

古書 那珂書房

特に歴史書が充実しています
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (24)   この記事についてブログを書く
« 検察の無法を助長する裁判所…... | トップ | 前原誠司は国民の敵であるこ... »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2010-10-25 19:05:58
どうせ動員された朝鮮人でしょ?報道しなくて十分、判決出るまでおとなしくしとけっつーの
Unknown様 (亭主)
2010-10-25 19:11:34
あなた達も、判決出るまでおとなしくしていられませんか?
Unknown (らむちゃのパパ)
2010-10-25 19:31:50
ここ数年、普通の判断能力を持つ人であれば、検察やマスコミの報道が明らかにおかしいと思われるある一線を大きく超えてしまっていましたから、こういう動きが草の根的に自然発生するのも当然だろうと思います。むしろ遅かったくらいです。だけど、この国は、歴史をひもとけば、太古の昔から我々庶民が思っている以上に暗黒社会で、反中害務大臣が内閣の目玉であり次期総理候補だそうですから、またいつか来た道の戦争へとあおられていくのでしょうね。
らむちやのパパ様 (亭主)
2010-10-25 19:49:01
いつも暖かいコメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

これからはもう少し頑張って更新をしていきたいと思っていますが……。

よろしくお願いいたします。
Unknown (SN)
2010-10-25 19:52:11
この市民デモの意味合いは非常に大きいと思います。
日本に巣くうの切実な問題、マスコミと検察と日々この国を蝕んでいる日本社会の内部奥底に潜む癌に目を向けている優秀な日本人が立ち上がったデモですね。
私は潜在的にデモに参加された方々と同じ意識の人々がこのデモの数百倍、数千倍はいると思います。

このような立派な方々のデモがほんの数倍集まれば偏向報道を続けるマスコミも週刊誌や日刊ゲンダイあたりから徐々に炎が上がるでしょう。

どの方々も立派だと思います。
Unknown (SN)
2010-10-25 20:08:49
次回は参加させていただきます。
SN様 (亭主)
2010-10-25 20:26:06
いつもコメントを戴きましてありがとうございます。

口舌の徒であるわたしとしては、内心忸怩たるものがありますが、ここは行動する人たちに期待し、応援するだけでご勘弁いただきたいと思います。

次回ご参加のご意向とのこと、心から頑張っていただきたいと願っております。
Unknown (M)
2010-10-26 00:31:41
杉並からの情報発信です

http://blog.goo.ne.jp/yampr7
海外メディアが動く (《正義の黒船》発進)
2010-10-26 01:47:41
フランスのメディアが《驚くべき日本の司法の実態》として小沢秘書逮捕、村木前局長逮捕、検察審査会の実態などなどの特集を組んだようです。
英国や他国でも日本の狂った司法の在り方を調べているようです。

検察だけでなく、裁判所、検察審査会、偏った逮捕に司法構造、などなどデータを元に分析検証しているようです。

もうこの動きはとまりませんよ。

そのうち海外の駐在記者に情報を拡散しながら《驚くべき日本のメディアの実態》も特集を組んでもらいましょう。
この閉塞感 (SN)
2010-10-26 14:31:11
亭主さま。

お疲れ様です。
毎回、貴重な記事をありがとうございます。

マスメディア、検察、司法、財界、腐敗した官僚、それらに癒着する政治勢力。
あらゆる情報を隠匿して主権者たる国民の意識向上と憲法に保証された権利を踏みにじる。

公正や公平とは無縁の、ここまで社会、国を破壊した諸悪の根源ですね。

最悪のこの閉塞感。

たまりませんね。



小沢一郎」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事