政治の季節【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的な歴史書等をいいます。
現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小沢VS特捜・特捜は廃止すべき

2010-01-07 12:10:22 | 小沢一郎
新年から特捜部が派手に動いている。
鳩山に関しては、昨年中に秘書の在宅起訴、略式起訴、本人の上申書提出で一応けりをつけた形である。
あとは小沢問題に全力を注ぐという態勢に見える。

土地購入疑惑 ゼネコン一斉聴取 大久保被告「小沢氏指示で探す」 (産経ニュース 1/6)
民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が平成16年に購入した土地をめぐる疑惑で、東京地検特捜部は5日、陸山会会計責任者だった小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規被告(48)=政治資金規正法違反罪で公判中=を任意で事情聴取した。

 また、特捜部は同日、小沢氏の地元、岩手県奥州市で建設中の胆沢ダム工事に参入している大手ゼネコンや下請け業者の関係者からも一斉に任意聴取した。

東京地検、小沢氏に近く出頭要請 「陸山会」土地購入疑惑で聴取へ (産経ニュース 1/6)
民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が平成16年に購入した土地をめぐる疑惑で、東京地検特捜部が小沢氏から任意で事情聴取する方針を固めたことが5日、関係者への取材で分かった。近く聴取に応じるよう要請する。

 小沢氏は疑惑に関する告発の対象になっていない。しかし、小沢氏が土地取引をめぐる陸山会と関連政治団体間の複雑な資金移動に関与した疑いが強いことから、疑惑の全容解明には小沢氏本人の事情聴取が不可欠と判断したもようだ。


産経のことだからどうせ検察からのリークを大げさに報じているのだろうが、それだけに検察の意図がよく分かる。
しかし、この検察の執念は誰の目にも異常なものに映るだろう。

実は、追いつめられているのは検察の方ではないのか?
昨年三月の小沢の公設第一秘書大久保隆則氏逮捕からの経緯

 3月3日  逮捕
 3月24日  起訴
 5月26日  保釈
 12月18日  初公判

保釈までの異常な長さ。
初公判までのモタモタ。
裁判はどうやら検察不利という受け止め方が多いらしい。

西松献金事件での小沢立件はあきらめたが、別な件で再び挑戦したものだろう。
もし検察がこの喧嘩に負けたら、どんな報復が待っているか。
小沢の力はどんどん強くなっている。
検察は最後の勝負に出たのかも知れない。

小沢の報復とはどんなものだろうか。
国家公安委員会委員長の中井洽は就任直後に”取り調べの可視化”を提唱している。
検察にもうれしい話ではない。
しかしそれだけで小沢が許してくれるだろうか。
もしかすると特捜部解体なんてこともあるかもしれない。

彼等にしてみれば、彼等なりの言い分はあるのだろう。
正義感とか責任感とか……。
特捜部解体などは驚天動地、絶対にあってはならないことだろう。
先輩諸氏に顔向けできない。

特捜部は東京・大阪・名古屋の三地方検察庁に置かれている。
そのうち東京地検特捜部が最大である。

総勢 検事40名・副検事2名・検察事務官90名

検察の中のエリート集団らしい。
ところでこの連中には仕事がない。
仕事は自分で探してくる。

検事の仕事は警察から送られてきた被疑者を取り調べ、起訴・不起訴等を判断し、裁判等に臨むことである。
警察の捜査の指揮・監督等も含まれる。
しかし、特捜にはそんな仕事は回ってこない。
何もしないでいるわけにもいかないので、何か事件らしきものを探してくる。
見つからなければでっち上げる?
自己の存在価値を誇示し続けることが彼等の最優先の仕事である。

ところで特捜部という組織は必要なのか。

検察には起訴独占という強権が与えられている。
特捜部は自分で事件を発掘し、逮捕し、取り調べを行い、起訴をする。
何でも出来る。
裁判で最終決着がつくまでには何年もかかる。
負けてもそのときの担当者は異動している。
だれも責任をとる必要はない。

こんな仕組みはまずいのではないか。
捜査・逮捕と起訴・公判維持は別の組織が担当するべきではないか。
特捜部をチェックするところはどこにもないのである。

政治家汚職、大型脱税、経済事件を独自に捜査するのが特捜部らしい。
しかし、こんなことは本来警察がやるべきことではないか。
特捜の機能を警察に移せば済むことでである。
税務署・国税庁などとの連携を充実させることも考えられる。
彼等は、「優秀な検事集団である特捜部にしか巨悪は摘発できない」などと思っているのだろうが、それは自惚れであり勘違いである。
警察にそれなりの組織を作り、訓練をすればどうということはない。

検察は、警察が摘発した事件を起訴すればよい。
それが本来の検察の仕事である。

そもそもの特捜部の始まり
1947年(昭和22年):隠退蔵物資事件を契機に、東京地検で特捜部の前身「隠匿退蔵物資事件捜査部」、通称「隠退蔵事件捜査部」が発足

なくてはならないというものではない。
むしろ害の方が大きい。

ところで検察が小沢に出頭要請をしたら?
当然小沢は拒否すべきである。
「なんでボクだけ」と言っていた小沢である。
納得いかなければ断固拒否すべきである。

それでも、「どうしても尋ねたいことがある」と言うのなら、そちらから出向いて来なさい。
そうしたら、質問に答えてやる。
場所は民主党本部幹事長室。

”小沢の逆襲→特捜解体”ということになれば検察も少しは目が覚めるだろう。





政権交代はまだ終わってない!
    
ご面倒でもクリックを↑

古書 那珂書房

特に歴史書が充実しています

コメント (8)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前途多難な民主党・お先真っ... | トップ | 鳩に鉄砲を撃たれた菅・財務... »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Ping)
2010-01-07 16:38:11
何か「帝人事件」「昭電事件」と同じような匂いがします。双方とも検察の攻撃により逮捕者・起訴多数でありながら重要被告とされた人間は全員無罪でした。歴史に残るでっちあげとまで言われており、この事件から国策捜査という言葉が広まったくらいです。
また共通するのもこの事件で総辞職に追い込まれた内閣は両方ともリベラル派の考え方をした総理大臣だったことも共通しています。現在の鳩山もリベラル派です。
歴史が繰り返されるのか小沢が喧嘩に勝ち、この悪しきリベラル弾圧とも言える歴史を断ち切るのかは、検察の思惑とは裏腹に世論が総辞職に追い込まなければ国民側勝ちと言えると思います。
いずれにせよリベラル派のみが一方的に弾圧ともいえる仕打ちを受けるこの国ではとても健全どころか普通とも言えず、政情不安を抱える国家と同程度のレベルとしか言えないと思います。
Unknown (june)
2010-01-07 18:46:56
民主党は外国人地方参政権をわざわざマニフェストから外して
衆院選を戦い、今度はこっそり進めようとしていますね。

このことをなぜかマスコミが、特に影響力の大きいテレビが
一切伝えようとしない。どこまで腐っているんでしょうね。

それにしてもネットを通じて多くの人が(最低でも1000万人以上)
日本の主権(選挙権)をこっそり売り渡そうとしていることに激怒しているのにも
関わらず、よくも平気で売国行為が出来るものですね。感心します。

近い将来、日本国中ほとんどの日本人はこの事実を知ることになるでしょう。
売国法案をろくに国民的議論もせずに外国人のために通そうとしている国会議員
やそれを手助けするマスコミのみなさんは・・・・これから先、国民からの報復への
怖れを心配せずに生きていけるとでも思っているのでしょうか?

日本は庶民クラスの知識レベルの高さは世界でダントツでTOPですよ。
売国行為を推進すれば、日本国中にその背信行為が知れ渡るでしょう。
不思議なので、もう一度聞きますが・・・・あなたたち(売国議員とマスコミ)は
(正気で)衆人周知の中で売国行為を押し通すつもりですか?

売国行為を実行する国会議員とマスコミのみなさんへ忠告させていただきますが
現実に日本人が外国人に虐げられるような社会が到来した時
あなたたちやその家族までもが、日本中から恨みや怒りの標的となっても
全くおかしくないと予想されます。よく考えてみてください。怖くはありませんか?

売国行為を実行する国会議員とマスコミのみなさん!!是非、売国行為から
日本人の幸福を第一に考える行動へ方針転換なさるよう、お願いいたします。
特捜部と警察の役割分担をきちんとしろ (ももだぬき)
2010-01-07 20:01:04
東京地検特捜部は田中角栄もと首相、宮城・福島・茨城・徳島の知事、仙台市長と茨城県の三和町の町長が逮捕で、新潟の知事が在宅起訴で有罪判決へもっていきました。大阪地検特捜部は和歌山の知事と大阪府警の警官を逮捕・起訴で有罪判決になりました。安室奈美恵の関係者は小室哲哉が大阪地検特捜部に、当時の芸能会社の社長が東京地検特捜部に逮捕・起訴されて有罪判決になりました。特捜部は政治・行政・経済犯罪を捜査し、一般的な事件などを警察が、公安ものは警視庁が全国で捜査主導すべきです。役割分担ができていないのも問題ありです。
Unknown (1)
2010-01-07 20:12:16
今日本で起っている大変なことの意味がすべて分かります

☆朝鮮進駐軍☆について知って下さい 

http://www.youtube.com/watch?v=uyMLaVq4ez0 

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-748.html

そしてできたらどうか拡散して下さい
Unknown (らむちゃのパパ)
2010-01-08 01:20:44
地検特捜部は、衆議院選挙前から小沢氏は金脈田中氏の流れを汲み、お金にダーティーだというイメージを散々国民に植え付けました。それでも民主党が大勝したのは、国民が特捜よりも小沢氏に軍配をあげたからでしょう。国民のためには、自民党や官僚、郵政改革の不正にメスを入れてもらいたいところですが、なぜかそれを正そうとする野党側の落ち度を見つけては針小棒大にマスコミに事実にないことをリークしたりするやり方は、共感をえらない行為でした。亭主さんの言う通りですね。
生活実感 (Unknown)
2010-01-08 01:55:27
特捜部という名の集団は、徳川時代末期、明治維新前夜に跳梁跋扈した時代錯誤の新撰組のようにみえる。
武士の世が終わろうとしている時代状況の中で、百姓が剣術を習い武士になろうとしたのが新撰組のその時代における意味であると思うのだが、今までの利権政治、官僚行政を国民がその姿を認識しつつある中で、検察といういわゆる特権(刀)を振りかざすことでそれを延命しまた官僚の特権(武士)を手中にした者になろうとしているだけであろう。
時代錯誤もはなはだしいということだけは確実にいうことがいえる。国民は白々しく見ているだけで誰も拍手をしているとは思えない。(一部利害が共通している例外はいつでもいるだろうが。)その証拠にそうした報道をかまびすしくすればするほどそうした報道をする媒体(新聞各社およびTV各社)は国民から見放され、売上がジリ貧もしくは激減しているようである。報道される内容が国民の生活実感とますます乖離していく状態に国民は明確な判断を下しているのであろう。
特捜部という今の国家には不必要な存在を舞台にした演劇にしてはストーリーが貧弱すぎて、まだ三文芝居で時間を過ごした方が有意義だろうとレンタルDVDがおおはやりなのもうなずけるというものである。
本年も宜しくご厚誼の程、お願い申し上げます (「気弱な地上げ屋」)
2010-01-08 16:05:46
yamame様
明けましておめでとうございます。
先日は、早々に拙ブログへTBを頂戴し、誠にありがとうございます。
取急ぎ、コメント欄をお借りしてご挨拶申し上げます。
本年も宜しくご厚誼の程、お願い申し上げます。
大阪地検特捜部はJR西日本の山崎らを逮捕せよ (ももだぬき)
2010-01-08 20:32:39
大阪地検特捜部はJR西日本の山崎らを逮捕しなさい。賄賂を出していたなんて宝塚線事故被害者から見たらキレて当然。

小沢一郎」カテゴリの最新記事