山越木工房Blog

木楽(気楽)な日記

靴ベラの製作 

2022-04-16 18:20:36 | 木工房

みなさんこんにちは。 今回は少し趣が変わった作業。

靴ベラを作ってみました。

※同じ材でも色味や表情が変わってきますね

お客様から自宅に有った先代から受け継いだ代々の杉の木を伐採したので、その材を使って作って欲しいとの依頼。

依頼主のお家の節目の記念品にしたいとも。

これは頑張らねば。

※↑木地の仕上げが済んだところ。

※塗装が完了し並べてみるとカラフル、材の顔の表情が色々と有りますね。

材を板取し~マシニングで削り出し~ハンドツールで形状を整え~磨き上げての木地作り。

塗装は素材の自然な雰囲気が出るように艶消しにて仕上げました。

各工程が進むにつれ無垢材の表情が変わっていき、作業しながらウットリしてしまいました。奇跡の杢も出てきたりして、無垢材の加工は気を使うけど楽しいです。

記念品として沢山の方々に使ってもらえてご先祖も喜んで頂けるかと。

※レーザー加工で刻印

※最後はパッケージングまで行って納品。

木材は長い年月を経って材になりますが、また苗木を植えれば後の時代に材を循環しながら残せる素材です。

今回は有難うございました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

桜開花前線 2022

2022-04-12 17:36:50 | 日記・エッセイ・コラム

みなさんこんにちは。

今年も見事に桜の花が開花いたしました。

何度見ても何度見ても 寒い寒い冬が過ぎ去り、暖かくなった時に咲く花は綺麗なものです。

今年は強風や雨などが無いので、更に綺麗に見えます。

ジッとこちらを向いて話しかけてくるような感じに見えます。

山々に目を向けると木々も新芽を出し始めて、大自然のスイッチが入った感じがします。

うむ 元気貰えた頑張っていきましょう。

 

山越木工房

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春めく 2022

2022-04-07 18:17:40 | 日記・エッセイ・コラム

皆さんこんにちは。 やっと寒い寒い冬から春めいた感じになってきている鬼怒川温泉地方です。

今年は数年ぶりの雪や寒波で、何をするのも暖を取ることから始める感じでしたが、

4月にになってから、だいぶ春らしくなってきました。

各地で「桜開花」のニュースが報じられていますが、当地ではまだ蕾のままです。

それより早く咲き始める草花は、勢いが良い感じで目を楽しませてもらえます。

・レンギョウが満開 ミツバチも飛んでる。

近々に当地も桜が咲き始め、山々の木々が芽吹きダイナミックに変化する様を見ることが出来ますね。

後日、桜の写真はアップしたいと思います。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バックロードホーンの製作 2021 3月編

2022-03-24 18:02:48 | オーディオ

みなさんこんにちは。

やっと春めいてきました。

今月の上旬に納めさせて頂いた「20㎝バックロードホーン」が無事到着したのでご紹介。

http://yamakoshimokkoubou.com/?p=1842

今回はオプションのサランネット仕様になります。

お客様は愛知県安城市/A様 新しいオーディオルームを作られ それに伴い弊社にご注文いただきました。

全くもって羨ましい新環境でのオーディオライフを楽しめるのですね。

今回は、スピーカーユニット「FE208NS」もお買い求めいただきました。

こちらのユニットもマッチングが良いので弊社ショッピングサイトにも改めて周波数特性などを掲載いたします。

A様今回は有難うございました。

 

山越木工房

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

試聴ソフトのご紹介 2022 ①編

2022-03-11 19:14:36 | オーディオソフト

今宵はこちら。

simple is best/手嶌 葵

数々の名劇中歌・主題歌などなどの手嶌葵初のオールタイムベストアルバム。

ささやくような柔らかい歌声の中から力一杯唄い切る透明な歌声は聴きごたえあり。

全15曲 72分58秒があっという間に過ぎてしまう感じです。

かすれた声の中からウットリとした甘い声が聞こえ 録音もとても良いです。

オーディオ的には、ボーカルがびったり ど真ん中に定位し唇が見えるかのように表現出来たらマル。

さらに背景のような広大な音場表現が出来れば二重丸です。

タイトに鳴らすのも良し、少し引きずるようにアコースティックに鳴らすのも良し。

オーディオシステムのそれぞれのキャラクターに合わせた鳴らし方が出来るかと思います。

ただ本気で再生しようとすると難易度が高いです。

私的には優秀録音だと思います。

この人は本当に唄が上手い。

ご参考ください。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする