Time flies

写真で綴る日々の出来事

SHAPTON

2017-12-07 16:16:03 | 日記
今まで長い間、仕事で使う安物の包丁を自己流で研いできた

昔ながらのレンガ色の重たい砥石で研げば、すぐに切れ味が戻り、パンや野菜が切りやすくなる
ただし、その効果は長くは続かない、まあそんなものだろうと思っていた…

で、最近何本かナイフを購入したので、刃物を研ぐことにも興味が出てきた
さっそく参考になりそうな書籍や、YouTubeでアウトドアナイフの研ぎ方を見ていると衝撃の事実を知る

刃物をちゃんと研ぐには砥石が複数必要だった!

荒砥から始まり中砥、そして仕上げ砥石の3点は最低限必要ならしい
なるほどそうだったのかw

色々と検討してみた結果、飛びぬけて評価の良い「シャプトン 刃の黒幕シリーズ」を購入してみることに

その中でも、特にお薦めになっている1000番から5000番までの3点を選んだ
ただ… 複数揃えるとなると、それなりの金額になってくるのは仕方ない…

シャプトン 刃の黒幕 オレンジ 中砥 #1000 定価4876円が42%offで2827円
          グリーン 中砥 #2000 定価5670円が35%offで3685円
          エンジ 仕上砥 #5000 定価7502円が44%offで4231円



それぞれのケースの色に着色されたセラミック製の砥石で、薄くてもずっしりと重い
おお!何か研げそうな存在感があるなあー

そして、1000番から始めて順番に研いでゆく…
研ぎ汁が黒くてさらっとしているのも初めての経験だった、レンガ色のはもっと泥っぽかったからなあ

次は2000番、最後に5000番で仕上げた後、水洗い、そして刃先を見て感動した!
今までと輝きが全然違う…

こんなに違うのかと驚きつつ、試しに食パンを切ってみると…

刃先が抵抗なくスッと入り、軽い力で切ることができる
さらに驚いたのは、その断面のキメの細かさ!
今までと全然違う滑らかさ!トーストすると焼き色までが美しい…

凄いぞ!砥石!
これはもう少し深く知りたくなってきた…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 椰子 | トップ | ブレードランナーの未来世紀 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事