Time flies

写真で綴る日々の出来事

2018-01-18 17:20:10 | 書籍 雑誌
着物を纏ったリアル系の人形さんの表紙が恐ろしげな「幽」

だいぶ前に読んでとても良かった「里山奇談」繋がりの小説が「幽」に掲載されているのを知って
最新号となる28号を購入

さっそくパラパラと見た感じ面白そうだったので、バックナンバーも探してみると何冊か見つかった
せっかくなので25号と26号も購入、それがこのお人形さん表紙の25号



目次には読んだ事のある有名どころの作者が並ぶ…

去年の夏に、郷内 心瞳さんの「拝み屋郷内 花嫁の家」を読んでからホラー系に免疫がついたかも知れないw
俺としては、アニメの日本昔ばなしに出てくるような、全国各地にある民話の大人向けバージョンが好きだっんやけど
今では何でも来いになってしまったw


で、古い方から読むということでまずはこの25号から読み始める…



驚いたのは、徳島ネタが2本も載っていたこと
たまたま買った号に2本とは…これは他のも買えという事なのかw

載っていたのは
阿波木偶「三番叟まわし」の記事

だいぶ昔、徳島が藍産業で大金持ちだった頃の幕末から明治にかけて定着していた人形浄瑠璃芝居の記事が写真入りで紹介されていた
そして今では、阿波木偶箱まわし保存会の努力で、当時の芝居が復活しているというのも興味深い
機会があれば是非、拝見してみたいと思った

もうひとつは、鳴門スカイラインの山頂近くにあるホテルニュー鳴門の記事

ここは心霊スポットとして定番な場所らしい…

俺がまだ10代の頃、仲間達と県下の心霊スポットはいくつか行った憶えがあるけど、ここは知らない
まあ、40年近く前の事なので、その頃はまだ普通に営業していたんだろうと思うw

とにかく色んなジャンルの読み物が載っていて、ちょっと空いた時間にサラッと読むには最適
これ以外のバックナンバーも探してみようw
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 包丁と砥石 | トップ | No1 PV AWARDS DVD »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

書籍 雑誌」カテゴリの最新記事