社長の日記

岐阜市で家づくりをしている、株式会社ヤマカ木材社長の日常やメッセージをお届けします。

次のステージへ

2020-11-27 11:27:44 | 会社
今年も残り1か月程になりました。

11月にしては気候も暖かく、過ごし易いので助かっているのですが、それにしても
ここにきてコロナウィルスの第3波が来て、様々な制限も出てきます。

結局コロナに翻弄された1年になりましたが、とは言え来年も立ち止まる訳には
いけません。

そんな中で先日、幹部が集まり来期に向けての計画作成の合宿を岐阜市内のホテルで
行いました。



今回はマネージャーだけではなく、次のマネージャーや幹部候補の方にも参加をしてもらい
それぞれのチームや部署のプレゼンをしてもらいました。

冒頭に述べたコロナの影響もあり、予定していた決起集会の懇親会や宿泊は中止になりましたが、
外部からも船井総研の宮花氏にもアドバイザーとして参加をしてもらい、各部署の計画目標の
大枠が出来ました。

もちろん私や宮花氏や参加者から様々な意見やアドバイスもあり、修正をして来年1月
21日の経営計画発表会で各自発表をしてもらいます。

残念ながらその経営計画発表会もコロナの影響を考慮してスタッフのみでの開催になりますが
私自身も各リーダーのプレゼンを楽しみですね。

今回の幹部合宿で感じた事がいくつかあるのですが、一番感じたのは次のステージへ行く為の
意識をもっと強く持たなければいけないという事です。

住宅会社の売上規模で言うと

ステージ1  3億円
ステージ2 10億円
ステージ3 30億円
ステージ4 50億円

ヤマカで言うと今期ステージ3をクリアして来期はステージ4にいく為の計画で
あります。

その為にはトップの私はもちろん、各幹部の仕事も当然に変わらなければいけませんよね。

その辺りの意識が私を含めてまだまだ低いと感じました。

最後の総括で幹部に伝えたのが

①今までの経験や傾向からだけではなく、今後起こり得る問題や課題を仮説を立てて対策を
打って欲しい。

②次のステージを意識した計画、目標を作って欲しい。

③計画や目標を実行しようとすればする程、人の問題に向き合わなければいけない事を
覚悟して欲しい。

④計画、目標に対して本気になって欲しい。

ですが、私自身にも言い聞かせた事でもあります。

もちろんまだ今期が残っていますので、最後まで全力を尽くして、良い結果を残して
来期に臨んでいきたいと思います。
この記事についてブログを書く
« 残り2か月! | トップ | 今年を振り返って »
最新の画像もっと見る

会社」カテゴリの最新記事