青川の里 ~付知川 鮎釣り日誌~
青川(付知川つけちかわ)の里、岐阜県中津川市田瀬地区から鮎釣りや川のこと、地元情報などを。オフにはワカサギ、アマゴ情報も
 



本日は小雨模様の肌寒い一日でありましたが、恵那漁協の総代会が福岡ふれあい文化センターにて開催され、今年の付知川鮎釣り解禁日は5月20日(土)と決定いたしました。
付知川以外のその他河川は阿木川湖天然遡上鮎の状況を見ながら後日決定となります。
付知川への稚鮎放流は4月11日から19日までに4800キロ、解禁後に2200の合計7000キロが予定されております。
稚鮎はすべて岐阜県の魚苗センター産で海産系F1が5800キロ、湖産系1200キロの予定です。
魚苗センターの湖産系は何年か前に阿木川湖で採補した琵琶湖産系の鮎を累代で飼育していたため、昨年新たに阿木川で採補したオス鮎の精子を受精させて少し先祖帰りをさせたということを聞きましたので期待したいと思います。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




年度末ということで何かとあわただしく、しばらくぶりの更新となってしまい申し訳ありません。
お彼岸も過ぎ季節は着実に春らしくなってきておりますが、朝はまだまだ冷え込みが厳しい日が続いております。
今週の火曜日は少し雨が降りましたが、まとまった雨とはならなくて付知川はあいかわらずの渇水状態です。
明後日の日曜日には恵那漁協の総代会が開催されますので、今年の鮎釣り解禁日も決定されると予定です。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日、田瀬区民会館周辺の付知川において第18回ふくおかアマゴ釣り大会が開催されました。
天候に恵まれポカポカ陽気の中開催できましたが、いまいち魚の食いが渋くて皆さん苦戦されていたようです。
そんな中、最長の35.0センチを釣られた方が優勝されました。
最後に今回参加していただきました釣り人の皆様、そして協賛・後援をしていただきました皆様にはこの場を借りて心より御礼申し上げます。
なんとか来年も開催したいと思っておりますのでまたよろしくお願い致します。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




いよいよ明日は第18回ふくおかアマゴ釣り大会ということで、本日昼から準備を行ってきました。
恒例のシシ汁も今年は6キロもの肉をご提供いただき煮込んでまいりました。




川の水位はご覧のように例年より少し低めです。


明日は早朝の冷え込みも-3度くらいで日中はポカポカ陽気の予報となっておりますので、たくさんの皆様のお越しをお待ちしております。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今朝はまたうっすらと雪が積もっておりましたが、昼にはすっかり溶けてしまいました。
2月頃と違い今は地温も上がってきているので溶けるのも早いみたいです。
日曜日はアマゴ釣り大会ですが天気はまずまず良さそうです。
でも朝方は例年通り少し冷え込む予報ですので、出場予定の皆様は暖かくしてお出掛け下さい。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日から3月ということで付知川も渓流の解禁でありますが、恵那漁協では本年度から解禁前の成魚放流は行わないとのことで、付知川は静かな解禁日を迎えております。
しかし、アマゴ釣り大会は今年も行われますので楽しみにお待ち下さい。
本日中日新聞社様からトロフィーと賞状も届きましたので入賞目指して頑張っていただきたいと思います。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )