青川の里 ~付知川 鮎釣り日誌~
青川(付知川つけちかわ)の里、岐阜県中津川市田瀬地区から鮎釣りや川のこと、地元情報などを。オフにはワカサギ、アマゴ情報も
 



本日、付知川が解禁しました。
昨日は夕方下流域で濁りが出たようでしたが、田瀬地区ではそれほどでもありませんでした。
その影響で昨夜下流に陣取っていた人達が、ここら辺まで上がってみえたようで、新田瀬橋下流の専用区では、竿一本どころか5m間隔くらいの大混雑だったそうです。

さて、私は勝手知ったる田瀬橋付近で4時半から竿を出しました。
釣友のK君は寝過ごしてしまい一時間遅れの参戦でした。
朝一の水温は12℃とかなり冷たい感じ。
まずは緩い流れのポイントでオトリを放つとすぐに当たり。
これはさい先がいいと引き抜くと、真っ赤なウグイ。
その後もウグイの攻勢にあいながら、なんとかたまに鮎も掛かってくれて、1時間で5尾程釣れました。
6時過ぎに日が差し始めると、流れの中でもポツリポツリ掛かりだしましたが、一向にペースは上がりません。
8時過ぎた頃から空きスペースも出て来たので、少し移動しそこで入ったポイントが鮎の溜まり場で、しばらく入れ掛かりを堪能できました。
11時半まで釣って昼食休憩に上がり、ケーちゃんを焼いてついついゆっくりしてしまい、午後の竿出しは1時になってしまいました。
午後は水温も上がり、普通に泳がせればポツポツと掛かってくれました。
3時から用事があったので2時に納竿。
帰って数えると45尾で型も最大19㎝と納得の釣果でありました。
しかし、全体的にはムラがあり、鮎がかたまっているポイントを探り当てた人は良かったようでしたが、朝一に瀬でオトリを引き倒してしまった人は散々だったようです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日の午前中はビックリするくらいの、良いお天気で少し暑いくらいでした。
しかし、午後も3時を過ぎた頃からポツポツ降ってきて、一時は結構強い雨となりました。
夕方5時半現在も降ったりやんだりではっきりしない天気です。
こえからもまだまだ降りそうなので、今夜川原で寝る方は気をつけましょう。

さて、川原にはすでにたくさんテントやらシートやら棒きれなども立っております。基本的に場所取りは禁止なんでしょうが、どこまで取り締まれるかは難しいところですね。
そうそう、下野の見佐島橋(正式には志も野橋だそうですが聞いたことありません)が現在工事中で通行止めになっております。
川向こうの安保さんのオトリ屋へ行かれる方はご注意下さい。
今夜は明日に備えて早く寝たいところですが、いろいろ用事があって難しそうです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




解禁まであと3日となり橋から川を見ている人が増えてきました。
今日は福岡方面へ行ったので、帰りに岡山橋(こうざんばし)をのぞいてきました。
橋上流の瀬にはそこここに鮎が見え、特に直下の白い石には結構大きな魚影が確認できました。
全体的に川底の色も明るく、このままの状態ならまずまずの釣果が期待できそうです。
栗本街道も通ってみましたが、どこも石の色は良く、淵々の淵尻にはそこそこの群も見えました。
明日から少し天気が崩れそうなので、大雨にならないように祈るばかりです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日付知川で鮎の試し釣り(正式には生育調査と呼ぶそうです)が行われました。
場所は田瀬地内の島田橋上流で、3名の釣り人(正式には調査員ですね)により午前10時から30分間の友釣り。
調査員は漁協の役員の方、女性釣り師のKさん、そして不肖私が釣らせていただきました。
今朝の最低気温は10℃、午前10時で20℃くらいまでは上がっていましたが、水温はまだ14℃でちょっと冷たいかなといったところでした。
私の釣ったポイントは昨年と同じく橋上流の瀬。
最初ちょっとしたたるみで泳がすとすぐに16㎝が掛かりました。
すぐにまた同じポイントを泳がすと、下流から群鮎が上ってきてゴテゴテになってしまい、すぐに掛かりましたが12㎝ほどのビリ鮎でした。
生育調査なのでチビ鮎を釣っても意味がないので、その後はなるべく瀬の芯を釣り、18㎝前後の良型も掛かってきました。
しかしまだ水温が低いのかいまいち追いが悪く、頭や口掛かりばかりで、2度ほど身切れバラシもありました。
そうこうするうちに30分はあっという間に過ぎてしまい、結局7尾釣ったところでタイムアップ。
他のお二人は5尾、3尾だったそうです。
型は最大で18.3㎝、52gということでした。
今週は気温も高めで雨も降らない予報なので、解禁にはもっと条件が良くなると思われ、良い釣果が出るのではないでしょうか。
ただ土曜日に小さな傘マークが付いているのが少し心配です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日は来週の解禁に向けて、釣り人の皆さんに気持ちよく釣りをしていただくため、全支部総出で付知川の河川清掃と入川口の整備を実施しました。
朝8時半から始めましたが、先週の増水で川原にはあまりゴミはありませんでしたが、道端にはかなりあったようで、割り当ての区域を拾ってきて集合場所に戻ると、続々とゴミが集まっておりました。(写真は漁協事務局のTさん、いつもお世話になってます)
釣り人の皆さんは、川遊びなどの一般の方の手本となるように、ゴミは必ず持ち帰ってくださいね。
さらには、川から帰る際に腰のタモが空いてますので、他人の捨てたゴミも拾って帰れば、もっときれいな川になって行くと思います。
かく言う私も地元の川ではちょくちょくやりますが、よその川ではなかなかできません。
今年は一つみんなで実行しようではありませんか。

さて、家に帰ってからは遅れていた解禁前の準備に精を出しました。
仕掛け作りとハリ巻、そしてドライタイツの水漏れ修理等々、途中来客があったりしてなかなか思うようには進みません。
下の写真はこの間張り替えたタモ網です。
今年新発売のシミズのテクノメッシュを古いタモに張り替えてみました。
機械編みなので値段が安く、結びコブもないので表面がツルツル。
早く川で使ってみたい一品です。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今朝の最低気温は9℃、日中の最高気温は31℃まで上がり、その差22℃。
ちょっと体調もおかしくなりそうなほどの天候です。

日曜日の増水で放流したばかりの稚鮎がどうなったか心配でしたので、今日島田橋で少し川を観察してみました。
すると大石の裏や、石垢の残っているポイントで盛んに垢をはんでいる稚鮎の群を、すぐに見つけることが出来ました。
10センチそこそこの稚鮎達ですが、増水にも負けず元気に泳いでおり、自然のたくましさを実感しました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は昨日と打って変わって良いお天気となり、川の水も大分引いてきました。

昨日ご一緒するはずだったKKコンビのお二人は、ユトリロでH名人や多治見のK君らと解禁前のアユ談義に花を咲かせた模様です。
私も誘われましたが家族サービスに徹して点数を稼いでおりましたので、残念ながら行くことが出来ませんでした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は釣友の恵那のK君、KさんのKKコンビと矢作川へ出掛けようと計画しておりましたが、朝からの雨でおじゃんとなってしまいました。

それにしてもよく降りまして、夕方5時の時点で120㎜の雨量となっています。
ちょっと水も出すぎですねえ。
今週放流した稚鮎が心配です。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は漁協の稚鮎放流のお手伝いに行ってきました。
2台のトラックで付知、福岡地内に分かれて放流です。
我々は9時に下野・見佐島の橋から始め、島田橋上流まで6ヶ所放流して終わったのが11頃でした。
島田橋付近には数日前に放流した稚鮎が少し群れて泳いでおりました。
一度水が出ると散らばってくれるでしょう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日はよく晴れて最高気温も28℃といっぺんに暑い日となりました。
近くの田んぼではこのところ天気が悪くて田植えができなかった人達が、一斉に田んぼに出ておりました。

島田橋でいつもの写真を撮っていると、たまたま釣友のY君が来たので二人でしばらく水中のアユの様子を観察しました。
石色は全体にまだ曇った様子ですがところどころ明るいところがあり、そういったところには必ずアユが着いています。
まだ流れの強い所よりも少し弱い所にたくさんいるようでした。

さて週明けの11日にはいよいよ長良の下流や根尾の一部、それに今年は矢作川も解禁を迎えます。
長良川、矢作川共に今年も遡上は順調のようで期待の持てるところですが、天然物はまだちょっと早いかも知れませんね。
でも付知川解禁の前に一度はどこかへ出撃したいところです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




最近よく”2009年鮎釣り解禁情報”と検索してみえる方が多いので、岐阜県内の解禁日がわかるホームページを紹介しておきます。

岐阜県 平成21年度アユ友釣り解禁情報

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大型連休も終わり久しぶりに仕事をするかと思った矢先、出鼻をくじかれるような雨でした。
午前中は雨間もあったのですが、午後からは段々ひどくなってきて川も少し濁りが出て来たようです。
来週からはまた稚鮎の放流が始まります。
今度は湖産系だそうです。
追いの良さはやはり湖産系が一番と言われておりますが、それをデータで示した研究を今年2月に行われた岐阜県河川環境研究所の研究成果発表会で見せていただきました。
それは資源増殖部の桑田知宣専門研究員が発表された「新規アユ系統の耐病性と釣獲特性について」の中で示された放流割合と採補割合の円グラフです(下の写真)。
この研究は海産系の冷水病に強いという特性と、湖産系の追いが良いという特性を持った新しいアユを作ることを目的としたものでした。
当初海産系50%、湖産系25%、新規系25%の割合で恵那漁協管内のある小河川にマーキングをして放流(左の円グラフ)。
解禁前に電気ショッカーで採補して生存割合を計測(真ん中の円グラフ)。
解禁日に実釣にて採補して計測(右の円グラフ)。
解禁前には全体の10%程にまで減ってしまった湖産系が、解禁日に掛かった鮎の5割以上を占めています。
いかに湖産系が掛かりが良いかということですね。
このグラフには自分もちょっとビックリでした。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




もうまもなく鮎釣りシーズン突入というのに、我が家の冷凍庫にはまだ40尾ほどの鮎が残っておりました。
このところ毎日良いお天気で乾燥注意報も出ているほどなので、ここは一つ一夜干しにして消費してしまおうということなりました。
冷凍が完全に溶けきらないうちに背開き、最初は慣れなくてうまくいきませんでしたが、そのうちなんとか格好がついてきました。
はらわたと黒い薄皮をきれいにとって適当な塩水に漬けること30分。
おばあちゃんの干し芋用のカゴに入れ干すこと数時間。
臭いにつられて大きなハエがブンブンとたかっていましたが、干し芋カゴはしっかりガードしてくれておりました。
できあがりもまずまずで今夜の酒の肴はこれでバッチリ!
お酒は地元恵那醸造の鯨波純米吟醸 無濾過生で決まり。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )