青川の里 ~付知川 鮎釣り日誌~
青川(付知川つけちかわ)の里、岐阜県中津川市田瀬地区から鮎釣りや川のこと、地元情報などを。オフにはワカサギ、アマゴ情報も
 




今日は夏至ということで、一年で一番昼が長い日となります。
現在の付知川は梅雨時ではありますが渇水で、川全体も真っ黒な垢腐れ状態に見受けられます。
しかし、中には明るく白っぽい所もあり、そんな場所には鮎がかたまって居たりしますので、ポイントを選ぶにはかえって分かりやすいともいえるでしょう。
田瀬地区ではこのような状態ですが、下流の下野からローマンにかけては川全体がよく磨かれているようなポイントも多く見受けられるので、そちらも狙い目かもしれません。
また、夕まずめに追いが良くなりますので、地元の方は夕方仕事が終わってから7時ころまで釣るなんて話も聞きました。
まだしばらくは日が長いので、時間の許す限り粘って釣るのも面白いかもしれませんね。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 今日の付知川...