青川の里 ~付知川 鮎釣り日誌~
青川(付知川つけちかわ)の里、岐阜県中津川市田瀬地区から鮎釣りや川のこと、地元情報などを。オフにはワカサギ、アマゴ情報も
 



この週末は真夏が戻ってきたような猛暑でありました。
ずいぶん長いこと釣りに行けてなかったので、土曜日は久々の郡上長良川へ(コロナ対策に気をつけながら)遠征してきました。
しかし、皆さんも同じ状況でしたので、長良川は解禁かというくらいの人出でどこも満員御礼でした。
水も少し高かったので上流の白鳥方面へ向かい、なんとか空いている場所を見つけ9時過ぎの入川となりました。
空いていたのは荒瀬でしたがポツポツ釣れて昼までに14尾、午後はあちこち動いて4時までに11尾の釣果でした。
型は13~21㎝と少し小ぶりでしたが天然遡上らしい強い引きで楽しい釣りが出来ました。
ヘチを歩くと小さな鮎が沢山いて遡上の多さが伺い知れました。

さて、日曜は午前中家の用事を済ませて、午後から出水後の付知川を確認しがてら竿を出してきました。
横川出会いから旧田瀬橋まで竿を出しながら釣り下りましたが、石がけっこう動いていてほとんど垢は残っておらず厳しいコンディションでありました。
水もまだまだ太かったので荒瀬は激流となり釣れるポイントは限られていましたが、残り垢の鉄板ポイントでは25㎝ほどの良型も掛かり、しっかり鮎は残っていることが確認できました。
釣果は1時から4時半までで5尾でしたがバラしも数尾ありましたので、この状況ではよく掛かったほうだと思います。
9月2日には網漁の解禁となりますがまだまだ水位は高そうなので、網の入るポイントは限られると思われます。
専用区も沢山ありますのでメガ鮎に挑戦してみてはいかがでしょうか。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 今日の付知川... 今日の付知川... »