ヤマヒデの沖縄便りⅣ 歩き続けて 歩き続ける 再び

「基地の島」沖縄を歩き続け33年、気ままに綴ります。自然観察大好き。琉球諸島を戦場に据える「島嶼防衛」は愚の骨頂。
 

今年初めてお散歩行きました(20230112)

2023年01月12日 | 辺野古・大浦湾

2023年1月12日(木)晴れ 豊原の海岸。

私はまだ本調子でない。でも歩くのは問題ない。

浜テントには寄らず、豊原の海岸へ。

①途中で。道の両側にイネ科だろうがやたらと背が高い。高さ3mをくだらない。9:06

②漁具が波に洗われていました。9:11

③K-3護岸あたり。ダンプが埋め立て土砂を落として戻るようです。9:13

④本日の満潮は7時頃。風が強かったけれど私は、岩の上から撮りました。9:17

⑤岩から降りて足下を見ると、発泡スチロールの上に貝類がくっついている。ぷょこっと動いた。吸着盤をぴょっと外して飛び跳ねる感じ。左の小粒なのは5ミリほど。右の大きいので1cmほどの大きさだ。9:19

⑥クロサギ(白色系)が岩の内側を向いて、波を避けている。9:21

⑦丘の上。どうも土砂残土捨て場ができている。要チェックだな。9:24

⑧崖の上。ホソバワダン(黄色の花)とコウライシバ 9:28

10時の休憩

おにぎりおいしかったです。帰宅後に食べたおもちも。ありがとう。

⑨Cは暖かい光の中でのんびりムード。9:34

⑩9:34

⑪9:34

⑫9:34 可愛いね。

⑬丘側。斜面の上はスナヅル? 寄生植物です。9:46

⑭草の中で遊ぶM。9:46

⑮だらっとC。9:48

このだらっとがいいのです。

⑯椰子の実の仲間。これは四角ぽかった(7,8cm)。球じゃない。砕いたらこう。9:49

どこから流れついたのか。

⑰岩にへばりつく植物。しっかりとついている。9:54

⑱岩にへばりつくコウライシバ。9:55

岩の形を変えていくのだろう。不思議と言えば不思議。自然の力による変化。

⑲海を視れば。10:02 

⑳東を視る。右から平島、長島、安部崎(大浦湾対岸)、埋め立て地。10:45

㉑K-3護岸の内側を走るトラック。今日も埋め立て作業中らしい。10:46

㉒Mが岩の上にたっている。10:48

㉓Rが駆け上がり、Mに突進。かわしたM。10:49

危ないぞ! 落ちたら大けがだ。高さ3mはあるのだ。

㉔尻尾が二つ。10:49

落ちなかった。撮りながらはらはらするぜ。

㉕さて戻ろう。10:53

美ら海をぶっ壊して、沖縄を戦場にしていくこの国はアホだ。愚劣だ。無責任。何が「敵基地攻撃能力」なのだ!

私たちが賢明でなければなりません。

 



最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。