FX(外国為替証拠金取引)についての随想です。なお、コメント欄は承認制になっています。表に出てくるまでお待ちください。
やまはFX



この株価の上昇はいつまでかという問題がある。私はこれは最後の上げであるという立場なので、おそらく、7月の利下げが実際に行われるまでが限界であるという説に賛成だ。だとすると、それまでは為替もややゆるやかでじわじわとしたドル安・円高が続くのかもしれない。
 
ただ、ゴールドやビットコインの急上昇を見ていると、すでに投資資金の逃避は明らかに始まっている。円買いはまだ本格的にはなっていないが、市場の狭い、ゴールドやビットコインは上昇を開始しており、これらがいわば炭鉱のカナリアとして働いているものと推測できる。もちろん、すでに起こっている米国債の上昇(利回り低下)も、逃避の一部である。

株価は、日米とも大人の事情があって、下げにくい状態が続いているが、それは気にせず、為替の動きに集中するのがよいと考える。この円高の中で、すでに、ゴールドはグラム5000円を超えて、ビットコインFXでは110万円を超えるところも出てきている。いよいよ、為替・株も含む、令和の大相場の幕が切って落とされたと見ていいのではないか?





コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




6月FOMCを受けて米国10年債利回りは急降下。ドル売りで、ドル円も下げ。ゴールド、ビットコインは上昇。ここまでは問題なく整合している。問題は、株価。S&P500は市場オープン時に最高値を更新した。ダウもNasdaqも勢いは強い。FRBや世界各国の中央銀行の緩和姿勢を歓迎したものだ。このあきらかにおかしな相場がどちらに動くか。非常に難しい。ただ、ドル売りの強さは、今後一年間にわたる利下げを予測してのことであるので、変わらないだろう。ここは株価の強さはひとまず無視してトレードしていくのがいいのではないか。リスクオン・オフのスキームに惑わされず、それぞれの動きを見ていきたい。

ということで、株価の下落がでてくれば、またドル高もあるだろうが、ドル安を中心に考えると、ドル円の売りが効率的だ。ユーロドルの買いは、株価の崩落が起きた時に危険である。ユーロ円、豪ドル円の売りでドル高時のヘッジをしておくのがいい。

それにしても見たことのない相場で戸惑うことも多いが、為替本体の動きはようやくまともになってきてトレードはしやすい。このところ、連戦連勝でまったく損切りはしていないが、何とか年前半分を早めに取り返して、次に繋げていきたい。


コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




夕方まで凪ぎの相場だったが、ドラギの演説で追加緩和に言及したことで、ユーロ売り発生。あっという間に1.12をまた割り込むこととなった。ドルの利下げといいつつ、相変わらずのドル高傾向には驚くばかりだが、これも広義のリスクオフだと考えられる。

いろいろとおかしなところが出ている世界情勢だが、中東で、日本の積み荷を載せた船が攻撃された件は非常におかしなことになっている。アメリカがイランの攻撃と言っているのに対し、欧州はもとより、日本の外務省筋でも、それに疑問があるという声が出ているようだ。この件、いつもながらの米国とイスラエルの共謀の偽旗false flag作戦なのだが、民間の陰謀論的な話でなく、きちんとした外交のやりとりでそういう話になっているのは驚くべきことだ。さすがのトランプ派の日本の政権も、外務省の正当な指摘を抑えることはできなかったと思われる。

6月のFOMCでは特に何もなく、7月に利下げが既定路線のようであるが、いよいよ、様々なほころびが出てきたのではないか。

今日は他にはFBの仮想通貨のリブラの発表があった。現時点では、さほどのものとも思われないが、ブロックチェーン式の仮想通貨への信頼感醸成という意味では、ビットコインにはよい話だと思われる。リスクオフにつれて、ゴールドとビットコインへの逃避はさらに出てくるはずだ。ゴールドシルバーレシオも90を越えようとしており、ここ数年の最高値への挑戦が見られそうだ。

自分のトレードはさらに円買い継続。今日はユーロ円で益が出たたが、このまま進めていきたい。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




米国の7月利下げが待ったなしの状況になってきたが、ドル安から一転してのドル高。これは前に書いたように予想の範囲だ。本格的に具合が悪くなってくると、ドル高、そして円高が出てくる。まだ円高はクロス円のみだが、そのうちにドル円にも波及してくると考えている。

コメントでもいただいたように、現在の相場、利下げ催促相場となっているが、利下げの後、最後の上昇(株価等)に入るという説と、すでに限界という説が並立している。なかなか難しいが、自分の信じる方向を第1のシナリオとして日々トレードしていく他はないだろう。

自分のトレードは、ユーロ円・豪ドル円の継続的売りと、ドル円の短期売りである。このところこの組み合わせで問題なくトレードできているので、それを続けたい。ようやく、利益らしい利益が出てきてありがたい。さらにドカンと円高が来て欲しいところである。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




あちこちブログを見ているが、米国利下げの気配で相場が回復しそうであることに対して、昨日の記事で、古くからの相場師たちから疑問の声が出ている。AIAの堀内氏は「為替試験がわからないので、手も足も出ないって事で、達磨の絵を描きたいって気分ってことだ。」と書き、若林氏は「パウウェルが利下げの方向を示唆したということで米国株が大幅に上昇するという馬鹿げたことが起こっている。」と書いている。たしかに、旧来の相場観からすると、この利下げ気配での株価大幅上昇はおかしい。
 
原因は二つあると思う。ひとつは相場にたいする中央銀行の関与がどの国でも強くなっていることがあげられる。人為的な操縦相場になっている。もうひとつは疑いだが、AIが関係しているのではないか。囲碁や将棋でわかるようにAIの指す手は、人間とはやや違う思考から指してくる場合がある。今の相場の短期動向のかなりの部分がAIによる判断になっているため、過去の経験を持つ相場師たちからすると判断しにくい動きになっているという可能性である。私も、どうも最近、相場の短期の動きが読みにくいと感じている。
 
ただ、上記いずれの要因も中長期には崩れる可能性がある。やはり相場を動かす基本原理というものはあり、それが最後は相場を制するという考えである。今後の相場の動きが、上か下かでそれはわかるだろう。自分の判断はもちろん「下」である。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




利下げの声が聞こえだして米国株価は急回復した。その勢いはすごい。ただ、その他、ほとんどのチャートはそうではない。10年債の急低下は言うまでもない。また、ゴールドシルバーレシオ、ゴールドプラチナレシオ、ゴールドCRBレシオなどのゴールド系のチャートは相変わらず景気の悪化を示している。ビットコインドルも底堅い。

ダウの戻りを材料に、各国中央銀行の政策で今後も好景気が続くという見方もないではないが、各チャートを見るかぎり、その確率は低いと言わざるを得ない。米国がもう一度QEに入っていって、ダウがさらに伸びるというのは夢物語に思える。

トレードは円買いに限ると思う。当面ドル安が強いので、ドル円の戻り売りを中心に、しかし、本格的に株価が崩れればドル買いも起きるので、クロス円の売りも保持しておきたい。ようやく数年ぶりにまともな為替相場になってきたので、取り組みを本格的にしていきたいと思う。


コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




ADPに続き、雇用統計も悪い数字が出て、一時的にドル安になっている。これは、リスクオフというより、利下げを期待した数字であることは間違いないので、株価は連動しない。今夜のダウもそこそこ上昇となって、ドル円も108.20くらいまでは戻すのではないか。ただ、昼間の108.6を越えることは難しい。

ただ、昨年と違って、雇用統計の数字でドル円が大きく動くようになったことは注目すべきだろう。これは景気の下降時期に見られる現象である。着実に相場の地合が変化していることを意味している。ドル安を意識したトレードでいけるだろう。

トレードはユーロ円、豪ドル円の長期売りを残しつつ、ドル円ショートを中心に戻り売りでやっている。今日の雇用統計はおいしくいただけたが、今後もこういう形をつかんでいきたい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




パウエル演説で利下げへの期待が出て、株は上昇、ただし、ドル安。リスクオンでドル円も上昇したが、ADPの下げを材料に一時的に下降、今はまた108円台に戻っているが、ドル円はジェットコースター的動きになっている。昨年の動かざること山のごとしの相場から一転した。

今後もドル高(リスクオフ)とドル安(利下げ期待)に挟まれて、ドル円も翻弄されると思われるが、流れは下だ。ここからはユーロ円よりもドル円にやや重きをおいてショートのトレードをしていきたい。ただ、相変わらずマイナススワップが大きいので、あまり長く置くことは得策ではない。日足のレンジをはかりながら、うまく短期トレードしていきたい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回の米中対立は根深いことは明らかで、貿易問題に留まる話ではない。さっそく、中国から牽制が入った。この問題で中国を追い詰めるとどうなるかという牽制であることは明らかだ。直ちに問題になることはないが、中国の姿勢は明らかだ。注意すべきニュースである。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ダウ、ドル円とも長い足で三尊を現じており、いよいよ下げの気配が濃くなってきた。ネットでもドル円100円予想も聞かれる。前回のダウの下げよりも下に行かなくては実際はわからないが、チャートの形としては100円より下も十分に考えられる。下げ相場が好きな自分としては、そちらに重点をかけていきたいが、今回のレンジ相場には何度も痛い目にあっているので、そこそこ、利食いはしていきたい。

来週もチャート的には、ドル円、クロス円の戻り売りで問題ないと思われる。リスクオフのドル買いと、米国の金利下げを見通すドル売りが交叉しつつ、円買いが進むというパターンだと思う。

こういう相場で注意すべきは、サプライズの景気にプラスになるニュースだ。(例えば、米中が通商交渉妥結とか、北朝鮮が軟化とか)。一時的な戻りが大きくなるので、そこで無駄な損切りをしなくていいよう、調整しつつのポジ取りが要求される。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ