ぼくの行方は不明になりそう

世界の行方とぼくの行方

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初詣と日本の神々

2016-12-20 | Weblog
正月には、日本人ならばなんの信心もない人でも初詣に出かける。普段は決して足を踏み入れない神社や仏閣を訪ねてはお参りをする。

お参りの中身と言えば、家内安全などはいい方で、金持ちになりたいとかいい人が見つかりますように(要するに玉の輿に乗れますようにと言うこと)だとか、商売繁盛で儲かりますようにとか、そんな現世利益的なお願いばかりをするようだ。

しかしながら、日本の神々というのは本来、人のためには何もしてくれない神様だ。もっと言えば、雷を落としたり、噴火を起こしたり、地震を起こしたり、洪水を起こしたり、地滑りを起こしたりする、それこそ恐ろしい神様ばかりだ。いわゆる荒御霊というもので、人に恩恵を施すよりも害をもたらす方がずっと多い。

商売繁盛で有名な神田明神の主神は平将門でとてつもない祟り神だったので手厚く祀っているのだし、太宰府天満宮の菅原道真もとんでもない祟り神だったからこそ大切に祀られている。

そんな神々に対して、個人が金持ちにしてくれとか幸せにしてくれとか願ったとして、聞く耳を持っていると思いますか?

彼らはそんなにヒマじゃないし、個人のことなんぞ何も気にしてはいないだろう。

本当にこれらの神様にお願いすることはただ一つだけで「人間の力ではどうにもならないような災害だけは起こさないでください」という内容だけだろう。

結局、他力本願はやめて、自分の生活は自分で何とかするしかないと、ぼくは思うな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神社と麻 | トップ | 大統領とシークレットサービス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。