山形弦楽四重奏団 ブログ

演奏会のお知らせ・日々の活動など

第68回定期演奏会終了(中島記)

2018-07-17 17:38:26 | 演奏活動
 山形Q創設から続けてきたハイドン全曲演奏のシリーズが、昨日もってついに終了しました。

 新聞記事などで「最終回」「ファイナル」などと触れ回っていたのを聞きつけてくださった方もいたようで、100名を超えるお客様に恵まれました。開演前のプレトークを担当しましたが、客席に勢揃いした常連の皆さんが笑顔で聞いてくださるのを見て、感謝で胸が熱くなる気がしました。


 今回のプログラムは、初期・中期・後期から1曲ずつですが、それぞれ「とっておきの」作品なので、飽きずに聴いてもらえたのではないかと思っています。いかがだったでしょうか。


 最後の「皇帝」を弾き終わった時には「感無量」…とまでは言いませんが、こみ上げるものはありました。お客さんにも伝わったのか、いつもより多くの「ブラヴォー」をいただきました。…いいお客さんたちなのです。むしろ、そこにジーンときますね。

 ここで解散してもいいぐらい。


 いやいや、山形Qはこれからも続きます。そして、さらに円熟してゆきたいところです。

 ということで、次回は10月7日。会場は、初めて文翔館を出て、山形テルサのアプローズ。ゲストにピアノの小林路子さんを迎えてモーツァルトの「ピアノ四重奏曲」などを聴いて頂きます。

 
 いつも応援してくださっている皆さんのおかげで、良い「区切り」を迎えることができました。本当にありがとうございました!

 次回演奏会(10/7)まで、練習日誌は倉田讓がご案内致します。
  

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 御礼 | トップ | 山形Q 練習日誌69-vol.1(倉... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ついに完走、いや、完奏 (narkejp)
2018-07-18 05:14:57
ハイドンの弦楽四重奏曲全68曲を完奏おめでとうございます。私はたぶん40曲以上を皆さんの演奏で接したことになります。メンデルスゾーン、シューマン、フォーレ、バルトークなど、様々な弦楽四重奏の世界を知ることができましたし、現代の邦人作品の魅力も教えてもらいました。これも感謝です。それにしても、お客さんが多かったですね〜! たしかに、人口20万程度の規模の地方都市にしては、聴衆の層の厚みがすごいです。
>narkejpさん (中島)
2018-07-19 17:40:02
 ご来場、ありがとうございました。本当にたくさんの方々に支えられている事を実感します。narkejpさんはじめ、いつも応援して下さっている皆さんとも、長い付き合いなのだなと感慨深いものがありました。それゆえの会場の温かさでしょうね。
 このジャンルには、まだまだ名曲がたくさんあります。引き続き、一緒に楽しんで頂ければと思います。
 次回以降もぜひ、よろしくお願いします!

コメントを投稿

演奏活動」カテゴリの最新記事