法曹界、山梨県宅建協会は 法律を守るのか?

令和4年6月23日 判決文 東京高等裁判所 第14民事部

甲府地方裁判所 民事部 今澤俊樹裁判官の
理事候補の選出についての判決文は、
東京高等裁判所 第14民事部 石井浩、塚原聡、飯畑勝之裁判官らによって
全てが 取り消され、新たな理由をもって棄却となりましたが、
その判決文さえも、全てが法令違反となっています。

三地区連絡会の前泊についての判決文は、
高裁3名の裁判官が 追加しましたが、
まったくもって何一つ、裏付けとなる証拠が 一切、
出されていません。

これまでと同様に、裁判官らは 一切 法律を守る気が
ありません。

又、東京に前泊すると、岩手県盛岡市紫苑温泉には、
午前11時前には到着する事は 不可能である事の証拠も出ています。

 以下に 判決文を掲載し、新た上告状兼上告受理申立書を
提出しました。










ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「令和2年(ワ)第334号 今澤俊樹裁判官の違法判決」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2019年
2018年
2017年
2015年
人気記事