法曹界、山梨県宅建協会に正義は あるのか?

郷土開発 代表者 山縣 誠(やまがたまこと)
山梨県甲斐市篠原780-7
不動産業 創業昭和48年! 

判決 令和3年12月23日13時10分 原告 第4準備書面

2021-12-03 11:42:17 | 令和2年(ワ)第334号 今澤俊樹裁判官の違法判決
令和2年(ワ)第334号 損害賠償請求(役員等の責任追及の訴え)事件

 令和3年10月28日 口頭弁論が開かれました。

 当日は、被告弁護士 齋藤祐次郎による 証拠申出書による、

 被告の証人尋問が行われました。

 これにより、証拠調べは終了し、結審しました。

 判決は、令和3年12月23日13時10分に 言い渡しとなります。

  ところが、後に被告側の当事者尋問は、「偽証」

 目的とする証人尋問であった事が、発覚致しました。

 よって、原告はそのことを第4準備書面にて提出をしました。 詳細は以下の通りです。
 
 
 2011年平成23年3月11日 世界中から注目・心配され、

 歴史に残る日本の大きな悲劇である東日本大震災を、自身の犯罪の隠れ蓑に利用するとは、

 証人(被告)は公益法人の理事であるという以前に、日本人としての品格を疑わざるを得ない。



















この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 被告陳述書に反証 原告より... | トップ | 令和2年(ワ)334号 今澤俊樹... »
最新の画像もっと見る