りゅうおうのおしごと

2017-02-25 16:31:10 | 将棋の本や新聞
今期新しく入った生徒が、やたら将棋に詳しい。「自分は弱いっすよ~」と言いながら、出てくる言葉が「一手損角換わり」「角頭歩」「カニ囲い」。奨励会や研修会のことも詳しいので、「どこで仕入れた知識?」と聞いたらNHKのアニメで3月のライオン、それからラノベで「りゅうおうのおしごと」を読んでいるとのこと。「りゅうおうのおしごと」は新刊が出るとすぐ買って読んでいるそうだ。「どっちも未見」と言ったらきょう「りゅうおうのおしごと1」を持ってきてくれた。生徒に「いいっすよ~おもしろいっす~」とそこまで言われたら読まないわけにいかない。ぱらぱらと読んでいたらなかなか楽しい。受験が終わったら「リアルタイムにこんなのあるわ」と携帯中継を見せてあげよう。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 受験の思い出 | トップ | 奨励会と勉強の両立 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
りゅうおうのおしごと (にこP)
2017-02-26 14:11:20
いつもありがとうございます!
りゅうおうのおしごとって小説だったんですね。
W竜王の奥さんのなにかかななんて勝手に思ってました。

将棋関連のマンガとか増えましたね。

情報ありがとうございます!
にこPさんへ (ヤマドル)
2017-02-26 16:13:08
わたしもりゅうおうのおしごというタイトルのままの内容と思っていたんですが、全然違う小説(マンガ?)でした。なかなか将棋の内容は本格的で本物でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。