先生の読み

2007-09-26 09:10:57 | 日常
先日自分の教室で非常に反省したことがあった。高学年の教室生の親が突然みえて、学校でした全国統一テストの結果を見せてくれた。なんと国語も算数も40点程度。いつもよく理解できているし、普段のまとめテストなどは100点に近い。もう少しうちの教室の日を増やせませんか?ということだったので、あと2日増やすことにした。帰られてから、しばらく考えた。なにがいけなかったのだろう。その原因は私にあったのだ。その子は国語が苦手で、文章問題や説明文は3行で「長文」。だからせっかくわかるのに「何が書いてあるのかわからない、面倒」と解答するのを放置してしまう。うちに来た頃はまさにちんぷんかんぷん状態。だから、私が文章の長いのは音読して解説して、算数をやらせていた。考え方はこれで身についた。算数も好きになった。しかし手とり足とりしていたために、一人では問題が読めなくなっていたのである。この子には「ついて理解させる」のではなく「自力で読み取る」ことが必要になっていたのだ。道場での子どもたち、特に有段者。以前は教室ではないときも先生が「詰将棋をしなさい」「棋譜を並べなさい」と正しいところに連れていってくれていた。しかしこれでは一人ではなにもできなくなってしまうではないか。自分の意思で道場に通ってきて、「なにすればいいですか」では誰のための将棋か。いつまでも先生の指示を待つようではいけない(学校教育の弊害で子どもたちはいつも指示待ちになっているのかもしれないが)。きょうはこれをしよう、ここを解決して帰ろう、と目的意識を持って通ってほしい。たぶんこれが先生の読み!のはず。
コメント (4)

勉強の秋

2007-09-26 08:48:50 | 日常
きのうは夫の作品を見たいという方たちが午後いらして、おかげで掃除に励みやや家がきれいになった。久し振りに人形たちも明るいところに出られてうれしかっただろう。以前は月に1回公開日があったのだけれど、いつの間にか予告をしなくなっていた。そちらのHPも増えた作品や売れた作品など更新しなければならないのだが。TABOはきのう道場から帰って目を赤くしていたので、何かあったのかEMIに聞いたら、将棋の内容について反省していたのだそうだ。遅くまで棋譜並べをしていた。EMIは寝しなに「3局今から暗誦するから聞いててね」というので聞いていたら、どちらが先かわからないが寝てしまった。近代将棋を1級で登録したのだが、きのう?つきではあるが初段になり、すごく喜んでいた。「10点ですぐ1級に下がるじゃん」と言ったら「まったくもう~~おかあさんは」と笑って怒っていた。中秋の名月はとうとう見えなかった。何度もTABOが観察にいっていたが残念。
コメント