囲いの復習

2016-10-24 21:53:25 | 45才からの手習い
きのあ将棋で空だめ子に5回に1回しか勝てない。対局中形勢判断のグラフが出るので、ものすごく優勢から頓死したり、ずっと互角で突然悪くなったり、というのがよくわかる。囲いのおさらいのため、家に残っていた将棋入門の本を出してきた。これを見ながら対局したら、カンニングか・・。今週末くらいから模試関連の仕事で忙しくなるので、将棋に時間を割けるのもあと数日。生徒たちが明日から実力テスト、土曜は模試で、月曜なのにもう1週間が終わった気分。
コメント

きのあ将棋

2016-10-18 21:05:12 | 45才からの手習い
朝なぜか早く目が覚めてしまい、5時に起床。パソコン不調のため、入れていた金沢将棋ができなくなってしまった。つまらないので、検索していたら。きのあ将棋というサイトにたどりついた。

 きのあ将棋

ここのコンピューター棋士との対局で、一番下のレベル(空だめ子)を選んでやってみたらかなりおもしろい。待ったができないので、本当の対局みたいだ。しかもオンライン(人間相手)ではないので、気楽にいつでも対局できる。毎回手を変えてくるので、どんどん違う人と対局してるみたい。これから仕事が忙しくなるので、そんなにできないけれど楽しみが増えた。
コメント

いまどきの

2012-12-22 13:31:39 | 45才からの手習い
テレビがはいってきたときに、「1億総白痴化」という論評がでた。モバイルでネットゲームにはまっている高校生を見ると、その言葉が浮かぶのは私が歳だからなんだろうか・・・。「みんなが」という言葉に違和感がある。これもきっと歳のせい。モラルの低下に愕然として、生活エネルギーが急低下したので、きょうは午前の自分の教室だけやり、午後から心を癒すため模索中。言葉をいくら発しても通じないという虚しさをなにが癒してくれるだろうか。
コメント

脱原発 守れ9条

2012-12-14 20:59:37 | 45才からの手習い
日曜は選挙だ。宮崎3区のうちの地区は2名しか立候補していないせいか、あまり選挙カーも回ってこない。市長選と同様、静かなので投票を忘れてしまいそう。きょうは杉並のあたりで立候補している脱原発の候補の応援に、沢田研二さんが駆けつけたそうだ。というわけで、その模様をネットで見ながらブログを書いている。

沢田さんの応援演説

もう何年も見てなかったので、登場のときには驚いた。でも声はそのまま、昔のジュリーだった。9条を守る歌も作って歌っているそうだ。知らなかった・・・。こんな遠くで立たれても、投票できないじゃない。悔しい。
コメント

ネットデビュー

2012-02-05 16:52:35 | 45才からの手習い
きょうは午後から小雨。TABOもEMIもいない。私のインフルエンザは完治、普通平熱に下がって2日間というが、もともと36度9分が最高熱だったため、復帰していい日がよくわからなかった。関節痛、悪寒だけが症状。それから体力低下のためか歯が浮いて、やや顔が腫れている。TABOが奨励会でがんばっている時間帯に、私も初めてのネット将棋デビューをした。24がとれなかったので、81道場に登録して初戦はニュージーランドの人だった。インフルエンザの間に1つだけTABOから戦法を仕込まれたので、それだけでがんばったのはかなり無謀。でも1日終わって2-2の成績だった。後手のときと初手で角道をあけてこられたときのやり方を聞いて練習しないといけない。
コメント (2)

ジレンマを抱えて

2009-09-24 08:59:45 | 45才からの手習い
最近書きたいことが思うように書けないので、やりにくい。言いたいけれど言う立場にない場合、黙るか、それとも突っ込むのか。今まで47年間、突っ込んで進んだこと数知れず。立ち止まるだけ大人になったのか? ずるくなったのか。前者と思いたいが、きっと後者の方。連休はほとんど将棋で過ごした。子どもたちと共に、今後について考えさせられる4日間だったように思う。楽しい充実した4日間だった。
コメント (2)

気の長い話

2009-09-04 16:17:31 | 45才からの手習い
新学期開始で自分の教室の時間が夕がたに戻り、やや時間ができた。たまには、とヤフーでネット将棋。相変わらず勝てなくて、Rは下がる一方。対局成績を見たら、最後にやったのが去年の今日。毎年考えることは同じらしい。次にやるのはまた来年か? ところでうちの築?十年の家、「床下換気扇が壊れて動かなくなっている」と定期検査の人が持ち帰ったまま、まだつかない。持ち帰ったのは7年前・・まだTABOが保育園で、検査の車が庭に止まったときにTABOの水鉄砲を踏んで壊して帰った・・。うちの床下大丈夫なんだろうか。
コメント (2)

久し振りに

2008-09-05 16:39:09 | 45才からの手習い
TABOたちの大会がほぼ終了。新学期が始まったが9月10月は体育大会と文化祭で、中学生の生徒も「ゆっくリズム」。土曜日に定期的に将棋をする生徒のために、久々また将棋に戻った。せっかく習った引き角戦法、すっかと忘れている。ネットでする将棋は、居飛車。相手が角上がって、「どうするの?」とEMIに聞いたら「角を歩でついて」というのでついたら飛車回られてその歩取られて、を繰り返している。さっき「相居飛車の定跡」を読んだらしてはいけないことを序盤でオンパレードしていた。上達するのか? 3手詰1日40~50を日課にした。3手詰2はトイレに置いて、入るごとに4問義務化。TABOには金2枚は勝てたが、1枚銀が増えてからまだ勝てない。
コメント

月曜日

2007-06-12 09:13:04 | 45才からの手習い
きのう3時過ぎに、まだ自分の教室までに時間があると思い、金沢将棋でレベル30に4枚落ちをしていたら、突然玄関のチャイムが鳴って生徒さんたちがどやどやと入ってきた。なんでこんなに早いの~と聞いたら「なぜかきょうは5時限でした」と。頭の中はすっかり将棋モードの上にきょうから中体連が終わって入る新入生が2人いて、あせりまくった。あとを夫に指し継いでもらおうと思ったら、TABOからも帰宅連絡の電話が入り、眼鏡市場で鼻あての調整をしてもらわなければならなかったので、パソコンオフとなった。あとは寄せるだけだったんだけどなあ。道場が休みだったので、TABOは畑の草取りを手伝い、EMIはスプラウトの種をセットしていた。梅雨なのに雨がちっとも降らない。このまま明けたら大変だ。
コメント

6枚落ち

2007-06-08 07:57:58 | 45才からの手習い
先日6枚落ちで入玉されたので、ここ数日金沢将棋で6枚落ち設定で指している。最初簡単に勝ったので、なんだ楽勝じゃん、と思ってよく見たらコンピューターがレベル2だった。しかしレベル61にするとコンピューターが指すのが遅くて、待っている時間がないので40くらいでしたら序盤はいいのだが、寄せるのに時間がかかった。やっぱり詰みが全然見えない。3手5手までもっていければ詰むかどうかわかると思うのだが、そこまでもっていくのにもっと長い詰め将棋が解けなくちゃいけない。今は偶然とカンに頼って3手詰くらいにもっていくしかない、とほほほ。将棋世界の次号予告を見たら、超初心者のコーナーが始まるようだ。それから近代将棋も大人の初心者のための序盤フロチャートが載っていた。なかなかおもしろかった。
コメント

勉強怠らず

2007-03-01 10:27:48 | 45才からの手習い
毎日私ももちろん精進を重ねている…特にEMIが全国大会に向けてかなり勉強量をあげているので、負けてはいられない…。ドリルはあと少しで全問クリア。金沢将棋はきのうやっとレベル22後手に一発で勝ち、レベル22の先手でも勝った。ただ、相手が飛車先をついてきた(居飛車)だったから勝てたような気もする。最初に角道をあけられるとなぜか私はまちがいなく負けている。それからラクラク次の一手の本は自分に買った。このままだと読むのが遅くて、いつ道場にお返しできるか見込みがたたないと思ったからだ。ついでに田中書店で隣にあったラクラク次の一手2を買ったが、こちらはいつになったら読み始められるのか。でもEMIたちが「これっておもしろいね」と言っていた。うちは青色申告なので、今月15日までに税務書類も提出しなくてはならない。うちは教室が同一敷地なので、水道代も光熱費も自家用と一括で引かれている。こういう場合は、教室で使う敷地面積の割合で、光熱費を計算して経費に計上することができる。はあ、書類作成を早く済ませないと。
コメント

優勢だったのに

2007-02-21 08:19:26 | 45才からの手習い
きのうは金沢将棋レベル21の後手。相居飛車でまず相手が飛車先をつき、そしてこちらが突いてから角交換しにいったら、なぜか成った角を銀で取らずに銀が逃げた。それで大優勢になって、次々と駒得。ああ、それなのに、どの大駒をきっていいかわからずに、寄せられなくなり、150手を越えたので疲れて最後は夫に替わって寄せてもらった。あの序盤優勢で勝てなかったらどう勝てるのか、全く…。それでTABOに今朝「私はどうしたらいいの?」聞いたら「送りの手筋を覚えることだね」と言うので、先生からお借りしている「次の一手」の終盤の方を先に読むことにした。毎日森先生の詰め将棋ドリルをして、今307問。これを一回最後までしたら、また最初から今度は早く読む練習をしよう。このドリルのいいところは、1手3手5手また1手3手5手というならびになっているところで、5手でつまってもまた次が一手だと思うと続けようという気持ちになる。それに、解けたときの感触が「気持ちいい」詰め将棋なのである。なるほどなあ、こんな動きと連携で、と感心したり、え?ここに動かすとこんなことに??と驚いたり、寝る前のひとときなどに楽しんで解いている。TABOには「あなたの将棋が大人の将棋になるのには時間がかかるから、その間を補うのは誰にも勝る勉強量だよ」と言ったことがある。それを私に置き換えるなら「固くなった大人の頭で強くなるにはやっぱり誰にも勝る勉強量と方法」か。
コメント (1)

升田式

2007-02-15 07:57:04 | 45才からの手習い
レベル21の先手までいったのだが、そこから何度やっても勝てない。ちょうどYOUが学校から帰ってきたので、「やってみて~」と席を交替して私は仕事に行った。ちょっと途中で様子を見にきたら「勝ったよ」というので、あとで棋譜再現してみたら升田式でなんとたった41手で完勝していた。…あれだけ勉強しているのに全然勉強していない風に見える人に負ける悔しさってこんな感じか…。しかしきっとTABOがYOUに升田式を教えたに違いない。そう考えてTABOに聞いたら「ああ、この間ちょっとだけ」とやはり言うではないか。YOUは角交換した後で角打たれたけどちゃんとした場所に角で受けてたもの。相手が振り飛車じゃないのに角引き戦法している私はいつまでもレベル21から抜けられそうにない。
コメント

寄せられない

2007-02-09 09:17:57 | 45才からの手習い
大会からまだ一週間経っていない。だけどなんだかすごく遠い昔のような気がするのは、たぶんあれから新しい日々が始まっているからなんだろう。手習いの方は、きのういくつか上がっていってレベル18の先手に勝ち、それから後手に終始優勢だったのだが最後に寄せられなくて投了。寄せられなくなったところまで戻してYOUに替わってもらったら、見事に大駒をきってきってあざやかに詰ませていた。なぜ大会に出ないのか…。寄せを勉強するために、EMIから本を借りて初心者向けのところから読む。きょうは中学背説明会なので午後から一気に忙しくなる。今のうちに一局して、それから仕事。
コメント (2)

時間を作る

2007-02-08 09:29:16 | 45才からの手習い
きのうやっとレベル16の後手に勝てた。序盤でやってはいけないことをかなりやっているらしい私。その上せっかく優勢にもってきても、寄せがへたなのでパズルみたいに入り組んだ上に、一手詰でトン死。負けたときは優勢のところまで戻して、勝つまで何回も指してみるのだが、本当に大変だ。道場から帰るEMIを待ち構えていて、いろいろ質問。そのたびにていねいに答えてくれるのだが、EMIはこの1年8ヶ月の間にこれを全部学んだんだよね…なんてすごい量なんだろう。しかも学校に行きながら…と感心する。将棋世界の認定問題は正解はがきがきて、あと二問で2段に昇段できるそうだ。私は学校に行かない分、EMIより時間がありそうだが、EMIのようにすきま時間をうまく使えていない。ちょっとの間に詰め将棋、ちょっとの間に観戦記録と棋譜つけ、といった芸当がなかなかできない。あれは去年の県女流名人挑決戦のあとのことだったから、たぶん昨年4月の末のことだ。「私は弱いよ、弱いんだよ」と泣きながら眠ったあの晩から、どれだけEMIが時間を作って勉強してきたか。EMIのノートの束を見たら私の方が涙が出そうだ。一緒にアマ女流大会に出るのが夢なんだけど、(たぶんクラスは違うだろうけど)早くしないと一緒に出られないよ…。私も後を追って勉強しなくちゃ。
コメント (2)