小説工房/山田企画事務所http://www.yamada-kikaku.com/

小説●ビジネスマンガ制作 山田企画事務所yamada-kikaku.com

「染み入れ、我が涙、巌にーなみだ石の伝説」第5回■最終回

2018年12月31日 | 「なみだ石を探して」

 

「染み入れ、我が涙、巌にーなみだ石の伝説」第5回■最終回

作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所

 

 

第5回ー最終回

 

私が目をあけると、ヘリはすべて夜空から消えていた。

残滓が飛び散っていた。

滝は、滝であった生物は、緑色の光を櫛びた物質に変化していた。

 

私は草原に腰をおろし、涙岩をながめていた。

手になみだ石をにぎりしめていた。

 

 リーラが私の側まで歩いてきた。

 

 しばらくだまって私をながめていた。

 

 「さっき、パスの転落の時助けてくれたのは君だね、リーラ」

 「そう私。あの滝という人に来てほしくなかったのでパスを落としたの。バスの運転手も地球防衛機構の一員だった」

 

 思わず、私たちはお互いを抱きあい、耳元で小さな声でささやいた。

 

「きようならミユー」

 そして、私は涙岩の方へかえっていくリーラに同じように小さい声でつぶやいた。

「さようなら、リーラ」

 

 さようならを言った時、リーラの目にも涙が浮んでいた。それは、私がいま手にしているなみだ石とよく似ていた。

 リーラは罪人の私に最後の別れの機会をあたえてくれたのだった。

もちろん規則違反だ。

私という罪人に、本当の記憶をとりもどすきっかけをあたえ、私達の星への帰還をみかくらせるのは。

 

 私は、彼女達の旅立ちを、最後まで見届けようと決心した。

 

 彼女達、それからこの穢れた地球から逃れる人間達は、涙岩のまわりに整列した。

涙岩がまた輝きを増し、緑の光が彼女達をとりかこむように、みえた。

 

 やがて彼女リーラ達の体は、涙岩が発する緑の光の中でだんだん小さくなっていき、しまい脚は見えなくなっていった。

 

光り輝く涙岩の表面に小さなひびがはいっていき、まもなく、ひびは、涙岩全体を覆った。

緑色の光はオレンジ色に代わり、涙岩の端から、はじかれるようにくづれていく。このかけらは緑色に戻る。細かいなみだ石の集団は、人々が圧縮され乗り込んだ宇宙船なのだが、しばらく空間にとどまっていた。

そして、突然に、夜空の中に、すいあげられるように上昇していく。

 

もう、地球防衛機構の防御手段では、手に終えない存在となった。

 

残った涙岩の部分は、崩れる速度がしだいに早くなり、最後には、爆発を起こしたように四方に飛び散り、最後には、涙石の集団の方へ、引きつかれていった。

別れの花火のようだった。

 

なみだ石の集りが、すべて、夜空に吸い込まれていくのを、私は最後までながめていた。

私の手の中には、リーラから渡された「なみだ石」が残っている。

思わず握り締める。リーラの体の温もりが思い出された。

 

この地球に、、一人、、取り残されたのだ。

 

癒される事のない寂しさ。

 

私ミユーは、なみだ石を握り締め、今までの2000年分の、、

過去の自分の歴史と、これから、長く続くであろうこの地球での、長い長い日々を思った。

 

私はかっての地球人としての生活や歴史を追っていくだろう。

時間はとりもどすことはできない。でも、たぶん場所はとりもどせる。

場所の記憶がある。

それは、地球人として私の子孫を訪れる旅になるはずだ。祖先として

子孫を、、

急に、私は、その時代、時代と愛していた女たち、子供たちを

思い起こしていた。その場所をたずねる、長い旅が、私を待っているだろう。

 

「リーラ」と、思わず叫んだ。

叫びとともに、私のほほを、生暖かいものが流れ、

それがなみだ石に染み込んでいった。

 

(完)

 
ジャンル:
小説
この記事についてブログを書く
« 「染み入れ、我が涙、巌にー... | トップ | 源義経黄金伝説■第1回2018版改稿 »
最近の画像もっと見る

「なみだ石を探して」」カテゴリの最新記事