小説工房/山田企画事務所http://www.yamada-kikaku.com/

小説●ビジネスマンガ制作 山田企画事務所yamada-kikaku.com

源義経黄金伝説■第6回

2019年01月06日 | 源義経黄金伝説

源義経黄金伝説■第6回

作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所

 

 小説のURL : https://ncode.syosetu.com/n1703dc/

 京都・鞍馬堂宇で鬼一法眼が、西行を待っていた。

「おお、ここだ、西行殿」

 

「おお鬼一法眼殿、息災であられるか」

 

「西行殿も、歌名ますます上がられる。うれしい限りだ。それにあの遮那

王、教えがいがある。よい弟子を送り込んでくれたものだ」

「牛若、いや遮那王はそれほどまでに」

 

「そうじゃ、仏法など、とんと興味がないわ。俺が教える武法のみ。さすがは

源氏の頭領、源義朝殿が和子だな」

「いや、やはり清盛殿の願いどおりにはならぬか」

 

「それでは、やはり奥州、藤原秀衡殿の手にお渡しするか」

「そうじゃのう。がその前に、武術の腕どれくらいのできあがりかを確かめて

みるかな」

 

「よい考えだ。さすがは武名高い北面の武士であられた西行殿。して、相手は」

 

「近ごろ京で評判の、あの法師はどうだ」

西行は手を打って、

「弁慶か、よかろう」

 

五条を中心とした平清盛、六波羅ろくはら政権は、170屋の大きな屋策をほこり、5200余の家々をしたがえている。

六条河原と京の葬送地、鳥辺野とりべのの間を埋め尽くしている。

 

この北域には、山門武装の資源つまり弓矢を生産する弓矢町を抱合している。

 

弓矢町はつまり武器工廠である。また、300名からなる「赤かむろ」なる幼年探索第養育所も含んでいる。幼き密偵の養成所である。

 

この年、「太郎焼亡たろうしょうぼう」と呼ばれる大火事がおこっていて、西の京はまだ焼け跡が

広がっている。京の人間は乱世の始まりを感じ始めていた。

 

その京都・五条にある松原橋たもとに のっそりと、その大男の悪僧は立ち

塞がっている。

大男にして、筋肉質で敏捷な動きをしている。

 

「お主が牛若殿か」

 月の光が鴨川の川面に映えている。

 

牛若が押し入ろうとしていた平家の公達の家屋敷あたりからは、光とさざめきが漏れている。

 

庶民が住んでいる辺りはもうすでに闇の中に沈んでいる。

 

東山の辺りも、夜空に飲み込まれていて、遠く比叡の山からのわずかな光が、星のひとつのように霞んでいた。

 

「私が牛若とすれば、どうするつもりかな」

 ゆっくりと、牛若は答える。

 

「そうなればー」

 急に大きな弁慶が、牛若の顔を隠していた布を捲る。

 

「ふふっ、なかなかよい顔をしている。我が稚児にするにちょうどよい…のう」

 

 少しばかり、沈黙が二人の間に流れ、視線が素早く交わった。

 

「しかしな、やはり、命をもらわねばならぬな」

 

続く2016年改稿

作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所

 
ジャンル:
小説
この記事についてブログを書く
« 源義経黄金伝説■第5回★ | トップ | 源義経黄金伝説■第7回★ »
最近の画像もっと見る

源義経黄金伝説」カテゴリの最新記事