山田歯科エクセレンスクリニック:山田忠生の歯医者人生&文化活動人生

■ホームページ検索 ⇒ 山田歯科エクセレンスクリニック
■宝塚アートサポート・会長 ■ゆめ機構・代表 

パンキー歯科診業哲理:165

2017-07-11 | パンキーフィロソフィ:日本語版山田忠生新
宝塚仁川/山田歯科エクセレンスクリニック 歯科医師・山田忠生


食習慣

・今日は、朝食に何をとられましたか。
・昼食はどうですか。
・1日に何本、清涼飲料水を飲まれますか。
・決まって甘いものをとられますか。
・1日にどれ程、コーヒーや紅茶を飲まれますか。
・どのような栄養補助剤を飲んでいますか。  なし/総合剤/B複合材

このような質問をすることで、患者の佐藤の摂取にかぎらず、食習慣についての洞察を深めることができる。「朝食を通常はとっていない患者に対しては、来院前には朝食をとるように指導するべきである。低血糖で悩んでいる患者や、来院することに神経質になっている患者は、しばしば局所麻酔をすると気を失うことがある。局所麻酔をするときには朝食をとるか、たとえジュースでも飲んでおくことによって、気を失うことは少なくなるのである。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バークリー予防歯科の概要:... | トップ | 議場の開かれた活用を考える... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

パンキーフィロソフィ:日本語版山田忠生新」カテゴリの最新記事