飲食居抜きソムリエ  山田 茂  飲食を辞める始めるときのブログ                 

飲食店を希望を持って始めたり順調に多店舗化したり、内装設備に費用がかなり掛かります。その投資を回収できます。

3.飲食店を辞める時 46

2018-12-14 10:43:41 | 飲食店を辞めるとき

飲食店をやめるとき 得するには
      早めの相談が より効果的です
      

   お問合せ等は、
  メッセージメッセージを送る
  クリック            

 

            トップページへ  
            バックナンバー

   日本初の「ドルビーシネマ」new
   何が凄いのか    連載  7

   暗いものより暗く
   明るいものはより明るく

   中山: HDR(ハイダイナミック
   レンジ:High Dynamic Range)
   という技術を導入していまして、
   簡単に言えば、私たちが目にする 
   世界を再現する――。これを目指
   しているんですよね。
   先ほどドイさんは「黒い」とおっ
   しゃいましたが、暗いものはより
   暗く、明るいものはより明るく、
   表現できるようになりました。色
   の表現でも、赤色であればより濃
   淡をつけることができるんですよ
   ね。
     土肥: 明るさなどを数字で表現
   することはできるのでしょうか? 
   例えば、過去のモノと比べてこの
   くらい違うとか。
   (次回に続く)

 

   日本初の「ドルビーシネマ」
   何が凄いのか    連載  6

   映像が「黒い」

   土肥: 劇場は「暗い」「音がし
   ない」設計になっているわけです
   が、映画が始まって驚いたことは
   「黒い」こと。他の映画館で、夜
   中に何かをしているシーンを見て
   いると、「暗くてよく分からない
   なあ」と感じることがありますが
   、ドルビーシネマの場合、暗いシ
   ーンはより黒く感じるのに、なぜ
   か登場人物の行動がよく分かる。
   「黒い」ことばかり強調していま
   すが、他の色も鮮明に見える。ク
   ルマが走行しているシーンを見る
   と、ヘッドランプはかなり明るい
   し、テープランプもかなり赤い。
   クルマがどのくらい汚れているの
   か、といった細かいところまでよ
   ーく見える。なぜ、こんなに“見
   える”のでしょうか?
   (次回に続く)

 

 

   日本初の「ドルビーシネマ」
   何が凄いのか    連載  5 

   本当に映画好きが考えた設計

   土肥: 映画が始まる前に、お客
   さんに覆面マスクをかぶってもら
   うわけにはいきませんからね。そ
   れにしても昔の映画館とはかなり
   違う。シネコンが登場する前の映
   画館といえば、上映中でもどんど
   ん客が出入りしていました。しか
   も、扉を開けると外部の光が差し
   込んでくるので、人が入ってくる
   たびに「まぶしいなあ」と感じて
   いました。
   中山: 遮断しているのは光だけ
   ではありません。音も入ってこな
   いような設計になっているんです
   よね。サンフランシスコの劇場の
   下には、地下鉄が走っているので
   、振動や音があっても仕方がない
   のですが、それではいけません。
   映画館と地下鉄の間に数メートル
   のコンクリートを仕込んで、振動
   も音も感じないような設計にしま
   した。ちなみに、エアコンは座席
   の下に仕込んでいます。多くの映
   画館は天井に設置されているかと
   思いますが、その場合、観客の顔
   に風が当たって、モーターの音も
   聞こえてくる。つまり、邪魔をさ
   れるんですよね。だから、座席の
   下。どんだけ映画好きの人が考え
   ているんだよ~、といった設計で
   すよね。
   (次回に続く)

 

   日本初の「ドルビーシネマ」
   何が凄いのか    連載  4

        映画の世界に入っているかの
   ような錯覚を感じてもらいたい

         中山: 本編が上映される前は、
         さらに暗く感じたのではないで
         しょうか。他の映画の紹介が終
         わって、さあ本編が始まるぞと
         いうときに、何も映し出さない
         時間があるんですよね。暗くて
         見えない、音もしない。そうし
         た雰囲気のなかで、スクリーン
         に映像がどーんと映し出される
         。なぜこのようなことをするの
         かというと、お客さんに映画の
         世界に入っているかのような錯
         覚を感じてもらいたいから。あ
         と、映画を見ているときに、ス
         クリーンに映像以外のモノが映
         り込んでいたら嫌ですよね。と
         いうわけで、劇場は真っ暗にな
         るような素材を使っています。
         例えば、壁とシートは、光を反
         射しにくい素材を使っているん
         ですよね。
         土肥: そんなモノがあるとは
          。何という素材ですか?
          中山: 企業秘密なので、言え
          ません(笑)。ただ、どうして
          も映像を反射してしまうモノが
          あるんですよね。それは人間の
          顔。これはさすがにどうしよう
          もない。
          (次回に続く)

 

   日本初の「ドルビーシネマ」
   何が凄いのか    連載  3

   劇場の中も外も「暗い」

   土肥: 米国、欧州、中国などで
   展開しているドルビーシネマが、
   日本にも上陸しました。映画館に
   入ってみて、最初の印象は「暗い
   」。暗いといってもネガティブな
   雰囲気が漂っているわけではなく
   て、物理的に「暗い」。入口にミ
   ニシアターのような小さなスクリ
   ーンに映像が流れていて、そこか
   ら劇場に入るまで20~30メート
   ルほどの距離がありますが、もの
   すごく暗いですよね。突き当りに
   重厚な扉があって、ここはさらに
   暗い。そーっと扉を開けて、やっ
   と劇場に入れるわけですが、そこ
   も暗い。もちろん、階段の足元に
   はうっすら明かりが点灯していま
   すが、他の映画館に比べて「暗い
   なあ」という印象を受けたのです
   が、こうした演出に何らかの狙い
   があるのでしょうか?
   (次回に続く)

 

 

   日本初の「ドルビーシネマ」
   何が凄いのか    連載  2

   3年で390スクリーン以上構える

   このように書くと、「音を徹底的
   に研究した会社なんだね」と思わ
   れたかもしれないが、3 年前から
   新事業を展開していて、あれよあ
   れよという間に広がっているのだ
   。「 映画館 」である。2015 年、
   オランダで「ドルビーシネマ」が
   誕生して、その後は、米国、英国
   、中国などで増え続け、現在は 3
   90スクリーン以上を構えることに。
     この数字について、同社は「 予想
   以上のスピードで増え続けている」
   と受け止めていて、業界関係者も
   「たった3年でこの規模になるのは
   スゴい 」と語っていた。海外の人
   が注目する映画館は、 どのような
   技術が導入されているのか。 福岡
   市の T・ ジョイ博多に上陸したの
   で、現地に足を運び、 ドルビージ
   ャパン の中山郁夫さんに話を聞い
   た。
   (次回に続く)

 

   日本初の「ドルビーシネマ」 
   何が凄いのか   新連載   1

         「Dolby( ドルビー )」と聞いて
         、  どんなことを想像するだろうか
         。「  映画を見ていると、エンドロ
         ールでよく見るなあ。  でも、どん
         な会社なのか、  よく分からない 」
         といった人も多いのでは。
         ドルビーラボラトリーズ社は   196
         5 年、英国のロンドンで産声をあげ
         る(  現在の本社は米国のサンフラ
         ンシスコ)。カセットテープを聞い
         ていると、「サーッ」というノイズ
         を耳にすることがあるが、同社はそ
         の音を抑制する技術を開発する。こ
         の技術をオーディオメーカーなどに
         売り込んだところ、ウチもウチもと
         いう事態に。いまもその技術は脈々
         と受け継がれていて、DVD  プレー
         ヤー、テレビ、スマホなど、私たち
         が普段使っているモノに「ドルビー
         」が採用されているのだ。
                             土肥義則 ITmedia
         (今回新連載です)

 

 
    レモンサワーが     new
   若者に人気の3つの理由
            最終回  9

   定番ドリンクに

   レモンサワーは今後、一過性のブ
   ームで終わらず、どこでも飲むこ
   とができる定番ドリンクとして定
   着していくだろう。さらにその先
   は、レモンだけではなくさまざま
   なかんきつ系を中心としたフルー
   ツのサワー、またはお茶で割った
   茶割など、おなじみの味で低糖質
   かつ飲みやすいアルコール飲料に
   注目が集まるのではないかと予測
   する。外食業界の発展を目的に活
   動を続ける筆者としては、レモン
   サワーがブームになるだけなく、
   レモンサワーブームをきっかけに
   若者の愛飲者が増え、若者のお酒
   離れに歯止めをかける結果になる
   ことを願っている。
   (今回最終回有り難うございます)

 

 

         レモンサワーが     
   若者に人気の3つの理由
             連載  8

       レモンサワーは
   定着フェーズへ

      今後もレモンサワーの需要は伸び
        、ブームは続いていくと予想され
        る。このレモンサワーブームは、
        ハイボールがブームとなって料飲
        シーンに定着したことで、ウイス
        キー消費のV字回復をけん引した
        際の状況に非常に似ている。ハイ
        ボールは“おやじくさい”という印
        象を、誰もが憧れる女優を起用す
        ることで払拭し、若者の間でブー
        ムとなった。その後、ハイボール
        は老若男女問わず愛飲されている
        定番ドリンクになっている。また
        、サントリー酒類が09年にハイ
        ボールで「外食アワード」(外食
        産業記者会主催)を獲得している
        が、レモンサワー関連商品を続々
        と発売してブームの立役者となっ
        た宝酒造も17年に「レモンサワ
        ー」で同賞を獲得している。
        (次回最終回お楽しみに)

 

 

         レモンサワーが     
   若者に人気の3つの理由
             連載  7

       (3): 飲食店で積極的に
       扱いたくなる理由がある

       前述した通り、レモンサワーとい
         えば“昭和系居酒屋”で愛飲されて
         いたものであるが、現在は、和食
         店やイタリアン、ホテルのバーで
         も提供されている。オリジナルの
         レモンサワーを提供することで他
         店と差別化できる可能性がある上
         に、作る際のオペレーションや原
         価調整が簡易であることも、飲食
         店が商品開発を積極的に行う要因
         だと考える。実際、飲食店でもレ
         モンサワーの売り上げは伸びてい
         るようだ。サントリーホールディ
         ングスによると、業務用レモンサ
         ワー市場は伸長を続けており、「
         スーパーチューハイ樽」の出荷数
         量は2014年から17年にかけて26
         %増加している。 また、宝酒造の
         広報担当者は 「 飲食店さまから、
         レモンサワーの注文数( 杯数)が
         増えているという声を 多数いただ
         いています 」と語る。余談である
         が、先日、30代女性向け雑誌を読
         んでいたら、“会社帰りにカウンタ
         ーで一杯飲みながら彼を待つシー
         ン”で美しいモデルが手にしている
        ドリンクがレモンサワーであること
        に驚いた。一昔前はシャンパングラ
        スだったはずなのに……。レモンサ
        ワーブームもここまで来たかと、思
        わず自身のSNSに投稿したものだ。
        (次回に続く)

 

             トップページへ  
            バックナンバー

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 秋葉原・電気街メイド系居抜... | トップ | 4.売上UP作業計画 36 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

飲食店を辞めるとき」カテゴリの最新記事