やまちゅうのブログへようこそ!

オーディオ・車・音楽(特にJAZZ)・映画・大好き!

ゴルフRに試乗してきた

2014年11月15日 | 

以前から試乗してみたかった「ゴルフR」、フォルクスワーゲン和歌山のご厚意により試乗することができた。

試乗させていただいたのはオリックスホワイトのボディ色であった。

ゴルフのスポーツモデルで代表的な車と言えば「GTI」だが忘れてならないのが「R」である。
GTIは赤をふんだんに使い走りをイメージさせるが、「R」はシルバーを基調としているため、一見普通のゴルフに見える。

私、個人の意見としては、もっと派手に仕上げても良かったのではないかと思っている次第である。


 
一見普通のゴルフだが、ゴルフRはゴルフの中でも最上級のゴルフである。


グリルにはRのエンブレムが装着されている。 Rの証である


フロントマスクは、やや迫力を増している感じだ






フロントエアダム内にはオイルクーラー?が見える。
デザインでエアダムを付けているだけではない、さすがRだ!




ホイールは18インチを標準装備、ブレーキキャリパーは、GTIは赤だがRは黒色に塗られている。
また、Rの証として R の文字が付けられている。
ブレーキローターは前後ベンチレーテッドディスクを採用している。



リアウイングはサイドまで回り込んだ形状をしており、空気抵抗を軽減


左右2本づつ計4本のマフラーが迫力を出し、走る印象を醸し出している。
排気音も乾いた低い音色で迫力満点。


ユーティリティルームも十分な広さ、スペアータイヤも装備されていた。


インパネ周りのデザインはごく一般的である。
本皮巻きのハンドルにはシルバーでステッチされスポークにはRのロゴ入り。




各メーター類の針は青色で普通のゴルフと区別されている。
スピードメーターは320kmまで刻まれている。




シートは本皮仕様でヒーターは標準装備
ここにも R のロゴが刺繍されている



リアシートは十分な広さである。 4:6の分割シート


ドライブモードは、コンフォート・ノーマル・レース・エコ・自分の好みにセッティングできるカスタムモードから選択できる。
レースモードではエンジン回転が上がり排気音も大きくなり、サスペンションが硬くなり、スポーツ走行が可能となり、そのままレース場に持ち込んで行っても十分に満足な走りが期待できそうである。


さて、いよいよ乗込んで試乗である。

いつものように家内はリアシートを陣取りスタッフの方は助手席に着座。
スタートボタンを押してエンジンON、パーキングレバーはそのままで何度かアクセルをふかしてみる。
低い乾いた音が響き渡る、いかにも速く走らせてくれと言わんばかりの音が心を掻き立てる。

電動シートを前後高さ角度ランバーサポートを調整、やはり電動は使いやすい。


さあ出発だ!

まずはノーマルモードでアクセルON、エキゾーストノートと共に軽やかに加速していく。
信号待ちから一気に加速してみる。

お~速い!!

ググーと背中がシートに押し付けられ、あっとゆう間に法定速度まで達してしまった。
大人3人乗っても必要十分な走りである。
乗り心地も悪くない。 
静かな中に心地よいエキゾースト音が聞こえてくる。
これはバルクヘッド内に仕込まれた音の演出もあるからかもしれない。

フルタイム4輪駆動(4motion)であるからか安定性もずば抜けている感じだ!
コーナーにそのまま突っ込んでいってもアンダーステアを出すことなく不安無く曲がってくれる。




ドライブモードをレースモードに切り替えてみると、豹変! 
エキゾースト音が大きくなりサスペンションも硬く引き締まった!

タコメーターを見ると2000rpm以上を保ったままでの走行となった。
アクセルのレスポンも良くさらに速い!

羊の皮を被った狼とはこのことか、いや、これはレーシングカーだ!

0-100km加速、4.9秒は嘘ではないと感じる。

そのまま和歌浦のワインディングロードへ、
上り坂も楽々、コーナーリングはロールもなく安定して不安は一切なく思ったラインを進んでくれる。
ブレーキも良く効き安心できる。
これはこれは参りました

欲しい! 

いままで色々な車を試乗した中で私の中では1番であった。


エンジンはアウディS3と同じ、直4・DOHC 2リッターで280PSを発生


ゴルフR は、普通のゴルフの安全装備(プリクラッシュブレーキ・レーンキープアシスト・マルチコリジョンブレーキ・ESP・アダプティブクルーズコントロール等々)を全て標準装備し、Volkswagen R GmbH がスペシャルモデルの開発担当を行ったモデルである。

まさに真のスポーツカーだった!

ポルシェが開発に貢献したとも噂されているが本当かもしれないと感じた。


今、私の頭の中では時期日本国内でも発売されるゴルフGTEを待つべきか、それとも待たずに買ってしまおうかと格闘している次第である。




スペック
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4275×1800×1465mm
ホイールベース:2635mm
車重:1500kg
駆動方式:フルタイム4WD(ハルディックスカップリング)
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6速 DSG
最高出力:280ps(206kW)/5100-6500rpm(本国仕様は300PS)
最大トルク:38.7kgm(380Nm)/1800-5100rpm
タイヤ:前後 225/40R18 
燃費:14.4km/リッター(JC08モード)
価格:529.8万円

 

コメント