やまちゅうのブログへようこそ!

オーディオ・車・音楽(特にJAZZ)・映画・大好き!

桃畑の花

2014年03月31日 | 

仕事でお客様宅に訪問した際、裏庭の桃畑の花が綺麗に咲いていたので、思わず写真を撮ってしまいました。

Img_1281
桃の花は桜に負けない綺麗さがありますね
高台から見るともっと綺麗だろう

Img_1284

チョット寄ってみました。

Img_1282
iphoneでここまで撮れれば十分ですね!
背景のボケがもう少し欲しいところですが


コメント

夕日

2014年03月29日 | ブログ

買い物の帰り橋の上で走行中に、綺麗な夕日が見ることができた。

思わずiphoneを取り出し パシャリ!!
Img_1257
橋のガードが邪魔!

チョットアップに
Img_1258
う~ん いまいち・・・ 
しかたないか

もっとアップに
Img_1259_2
おっ! ピンボケだが、幻想的に写った!

感じがいいので合格点!


橋を渡り切る前に、夕日が沈んでいってしまいました。
数分の間でした。

コメント

音響調整パネル試聴会

2014年03月23日 | オーディオ

サウンドラインモノリスで音響調整パネルの試聴会が開かれたので行ってきた。

どんな物かと言うと、オーディオで音楽を聴く場合スピーカーから出た音が壁や天井・床などの反射の影響を受け、音がブーミーになったり貧弱になったり思わぬところから音が出てきたりして、音源に入っている音が正確に再現されない事がほとんどです。
そんな時に音を吸収させたり拡散させたりし調整させるものです。


スピーカーの横や後、視聴者の横・背後、部屋の側面など、様々な所に置き音響調整をします。

スピーカーの横へ置いての試聴です。
Img_1241
内側に向けると、音の厚みが増し、壁と水平に置くと音場が広くなる、効果が良くわかる物でした。

Img_1246
W460×H800×D110 重さは20Kg

Img_1242
パネル正面側

Img_1243
パネル裏面

Img_1244
パネル裏面に貼られている特殊加工したアルミ板

Img_1247
カットモデルです
正面で受けた音が反射と吸収の両方する。

パンフレットを頂きました。
Img_1263

社長自ら、製品に自分の名前を付けるとは、よほど自信があると思われる。
効果覿面な製品であることは間違いなかった。

自分の部屋の音響をなんとかしたいと悩んでいる方、一度試してみてはいかかでしょうか?

解消するかもです。



コメント

リビングのブラインド

2014年03月22日 | ブログ

またまた増税前に、傷んでいたリビングのブラインドを交換する事にし注文していた物が届いた。

トーソー インテリアブラインドです。
Img_1212
約30年間使用してきたブラインドです。
Img_1207

上下の向きが変えれなくなり、上下にも出来なくなっていました。
Img_1210

取り外した後に新しいブラインド取付金具を同じ位置に取付け。
最新式になっており、ブラインドをワンタッチで取付け出来るようになっている。
Img_1214

取付金具にカチッと噛ませるだけで完了です。
新しい色で気分も変わります、チョッと落ち着いた感じです。
Img_1217

ブラインドの向きや上下の動作も簡単な物です。
Img_1216

光触媒で匂いや空気の浄化し、さらに熱線対策もされているブラインドです。
夏場には威力を発揮してくれるでしょう。
Img_1221

Img_1224

快適な日々が送れそうです。

コメント

LINNダイナミックパワーサプライ

2014年03月20日 | オーディオ

増税前にLINN C2200パワーアンプの電源を入替える事にした。

箱はプレミアぽい感じです、LINNの封印も格好良い。
Img_1227_2

Cimg3898

セッティングの手順書は日本語でした。 良かった!
1228

ジャジャーン・・ 格好ええ!!
CHAKRA  POWERED BY LINN DYNAMIK と 書かれています。
チャクラパワーの証です。  
Cimg3900

アンプ筺体をひっくり返してネジを外します。
Cimg3902

ネジは普通の+ではなくチョッと変わっています。
でも普通の+ドライバーで作業できました。 ふ~良かった。
Img_1191

電源部分のカバーを外します。 ネジは4本です。
このカバーはCHAKRA POWER と書かれています。
Cimg3907

電源カバーが外れました。

さて、取り換えです。
コネクターを外し、筺体に取り付けられているネジを外し、基盤を取り外すのですが、なかなか外れない。
Img1197
強固に接着しているようで、慎重にやりながらの作業でかなりの時間を費やした。

新しいダイナミックパワーサプライを装着します。
基盤の大きさは同じである。
トランスはやや大きく、コイルは横置き、コンデンサーもチョッと大き目、パワーサプライ側面にも新たな回路が設けられている。
Cimg3909

カバーを取付け、交換完了です。
Img1204

元に位置にセッティング、ケーブル類を接続し電源ON。
しばらくそのままにし、
コーヒータイム。
Cimg3913

さて、いよいよ試聴です。

ん・・・ ザラついてる・・  おやっ・・ 一瞬おかしかったが

おぉ~ 静かだ・・・
しかも、一音一音がはっきりとしている。 もたつきがない。
低音は重たく歯切れ良くなった。

これがダイナミックパワーサプライの威力なのか、音楽を生き生きと感じる。
なるほど・・なるほど。
スピーカーも喜んでいるようだ。
入れ替えて良かった。

Img1234

これからも良い音で音楽を楽しんでいこう!!



コメント

レイバン偏光サングラス

2014年03月18日 | ブログ

増税前にと、ちょこっと立ち寄って衝動買いしてしまった。

サングラスが大好きで12本持っているのですが、色の薄い偏光サングラスを探していたのでメガネ店へ立ち寄ってみました。

当初、TALEXの偏光レンズで作ってもらおうかと思案していたのだが、フレーム+レンズで購入した場合かなり高くついてしまうとの事で、既成の偏光サングラスを探すことにした次第で。

やっと見つけた。


色も薄く可視光線透過率は35%あるのですが、偏光のキレも良く使いやすそうです。

レイバン偏光サングラスRB3025です。

Cimg3877

有名メガネ店で購入したので、まず偽物ではないはずだが一応チェック。
購入前にも保証書は付いているかと確認をしておいた。

付属品は保証書、メガネケース、クロス、パンフ(日本語で無いので読めません)

Cimg3883

保証書です。
現在、イタリアのルクソティカ社がRay-Ban(レイバン)のブランドを購入してからは、日本でのRay-Ban(レイバン)の正式代理店、ミラリジャパン株式会社販売のライセンスを所持しているのでミラリジャパンの保証書であれば間違いない。


Cimg3885

右側レンズにRay-Banのロゴ P は偏光レンズを意味します。

Cimg3878

左側レンズにはRBが明記されている。
以前はボシュロム社のBLが明記されていました。
これで本物で間違いない。

Cimg3881

フレームにも刻印

Cimg3892

スペシャルシリーズである証し

Cimg3888


偏光レンズは色が薄くなる(可視光線透過率が良くなる)程作るのが難しくなるので、ほとんどの偏光サングラスの可視光線透過率は10~20%の物となる。
特に釣り用の水面ギラギラ反射をカットする偏光度98%以上ある物になると濃い色になってしまう。
レンズの色が濃くなると目の瞳孔が開くため紫外線がメガネの横から入ってきた場合、目に影響するため、なるべく薄い色のサングラスの方が目に良いこととなる。

可視光線透過率が高くて反射を防止すれば目に一番良いこととなる為、色が薄くて偏光度の高いレンズのサングラスを探していたのです。


レイバン、理想のサングラス作ってくれました。
光の反射をカットしクリアに見えて、しかも眩しくないサングラスです。

大満足です。



コメント

N-ワゴンのローダウン

2014年03月16日 | 

増税前までに間に合うか心配していましたが、入荷が間に合ってくれました。

N-ワゴン カスタムのローダウンスプリングです。

各メーカーがローダウンスプリング開発中の中いち早く販売したのが「エスペリア」です。
テインやRSRの発売を待っていたのですが、増税前までには間に合わないだろうと注文を入れていたのが入荷し、さっそく入れ替えて頂きました。

入れ替えはディーラーの推薦する店舗でしてもらった。

Img_1168
ホイールとフェンダーのクリアランスが短くなり格好良くなりました。

フロントのビフォー&アフターです
Img_1059
Img_1172

リアのビフォー&アフターです
Img_1063
Img_1173
前後共、約45mm
のダウンです

交換後のフロントスプリング
Img_1164
リアスプリング
Img_1165
綺麗なブルーです。

Img_1186
交換後取り外した純正スプリング


Img_1170
フロントスカート下と路面のクリアランスは10センチ程です。
これ以上下がるとNG

乗り心地がどうなるのか心配していましたが、純正とほとんど変わらないくらいの固さで快適なドライブが楽しめます。
以前の「ザッツ」はRSRのスプリングで軽トラよりも乗り心地が悪く走り辛かったのですが、これはもう少し固くても良いかなと思うくらいです。
因みにバネレートはフロント3.0kg/mmリア2.8kg/mmです。

アライメントは後日500Km程走行後に調整です。

N-ワゴンのローダウンを考えている方お勧めですよ。





コメント

アウディA1のエアーフィルター交換

2014年03月09日 | 

消費税増税前にと、今度は愛車アウディA1のエアークリーナーエレメントを交換することにした。

車のパワーアップで1番手っ取り早いのがエアークリーナーエレメントを吸気効率の良い物に交換することである。

キノコタイプなど様々な物があるが、今までの経験上で純正タイプのエアーエレメントに交換することにした。

エアークリーナーエレメントはエンジン内部の高温から遮熱するためにケースの中に納められている。
国産車はワンタッチで蓋を開けられメンテナンスがし易くなっているが、これはネジで止められている。

Cimg3845

ネジは普通の+ネジではなく、特殊なネジで止められている。
Cimg3848

用意しておいたドライバーでカバーのネジを弛める。
Cimg3867

おや? カバー上側にエレメントが付いている。


Cimg3850

慎重に左に回しながら取り外すと
紙製フィルターの上にフアフワした綿の様な物が巻かれていた。
集塵効果は良いかもしれないが、見た目だけでも吸気効率が悪そうである。
Cimg3852

購入したK&Nのエアクリーナーエレメント
湿式で集塵効果も良く、メンテナンスすることで長期にわたり使える。
交換することもなさそうだ。
Cimg3854

純正とK&Nを比べると、K&Nの方がやや小さい

いかにも吸入効率が良さそうな感じである。
Cimg3855

さっそく、取付
Cimg3859

カバーを元に戻し、ネジを締め完成です。
カバー上部に、K&Nのシールを張りディーラー点検時に検査しなくても良い事が判るようにしておいた。
Cimg3861

Cimg3863

装着後自宅周辺をチョコットドライブ、吸気音はあまり変わらないが、排気音は乾いた低い音から軽快な音に変化、加速フィーリングも若干だが良くなったようだ。

燃費の方はこれから見ていくようにしよう。





コメント

ウォシュレットの取付け

2014年03月05日 | ブログ

消費税増税前にと、今度はTOTOウォシュレットをネットで購入取付ける事にした。

我が家のトイレは建築時からそのままで29年になる、簡易水洗汲み取り式である。
浄化槽式に変更したいが自治会の了解が必要なので遠慮している次第。


1099
まずはコンセントの工事からである。
となりのランドリー室のコンセントの裏側から穴をあけ配線し取付け完了。
なかなか上手くできた。
1100

次に分岐配管の取付けである。
現状はタンクに配管があるだけなので、ウォシュレット用に設けるひつようがある。
1103

同封されていた分岐配管を取付ける。
これで接続の準備完了である。
1106

次に既存の便座を取り外す。
1104

ウォシュレットを取付けるためのベースプレートを取付けます。
ネジを締めるだけで固定される
1109
いとも簡単に取付け完了
1111

便座を手前から奥側にスライドさせ取付け完了
1112

便座の取付完了できたので、ウォシュレットとタンクへの給水ホースの取り付けを行う。
取付レンチも付いている。

止水栓のバルブを開けて水漏れが無いか確認。
1129

1119

水漏れも無いようで、完成です。


1118


おっと! リモコンがまだです。


タイル目地に合わせてドリルで穴開け作業。
リモコンの取付ベースを設置
1128

リモコンに電池を入れてベースに取付。
ペーパーフォルダーとのマッチングがいまいちです。
ペーパーフォルダーを取り換えたくなってきます。

1122

約1時間ほどで、完成です。
1132 

購入したウォシュレットはTOTO KMシリーズの安価モデルTCF702です。
取付簡単で誰でも交換できると思いますよ。


これで、いつでも綺麗なおしりでいられます(笑)








コメント

バリスタが来た~

2014年03月02日 | ブログ

増税前に欲しい物をと、ネッスルのサイトで注文したのが届いた。


Img_1005
ネスカフェ バリスタです。
木目調でネッスルのサイトでしか入手できないものです。
通常の物より少し高価ですが、テーブルにマッチするので購入した。
Img_1004

Img_1006
コーヒーの種類は、エスプレッソ・ブラック・ブラックマグカップ・カプチーノ・カフェオレ、の5種類。
ネスカフェゴールドブレンドと水をセットしておけば好みのボタンを押すだけで出来る。

さっそくカプチーノを作ってみることにした。
Img_1007
カップに牛乳を少し入れてスイッチを押すだけ

シャシャシャシャと熱湯が噴射し牛乳を泡立たせ、その後コーヒーが注入されて完成!!

ん~・・、美味しい!!

お湯を沸かす必要もなく、時間のない時などにも便利です。
インスタントだが美味しいコーヒーがいつでも簡単に飲めるようになりました。


コメント