三日坊主の徒然ぺんぺん草

気の向いた時に、後先考えず思いつくまま書き記す。

何のニュースも無いなぁ~

2013-06-20 | インポート

 Dsc00051_2 イヤイヤ、平和と言うか平穏無事と言うか身の回りに此れッ! というニュースが無くて。 書けば 愚痴、嫌味、批判、厭世・・・ こんな事ばかりでBlog更新もママならぬ状況である。 一昨日、カカ殿の眼医者通いの待ち時間の間にソキア前へ、河原には見える範囲で6人カナ? ・・・ 少ないなぁ~ ・・・ 竿を出していたので、暫く車の中から見ていたのだが、厳しい様である。 3,40分カナ? 釣れたのは2人だけ、それも小ぶり、多分育ちの悪い遡上ものであろう・・・ 双眼鏡で遠くを覗くと、抜きの途中でポトリ、ポトリと落としている光景も目に入った・・・ 追いが弱いのであろう。  ドブ釣りは好調のようであるが、これも小型のモノばかりだそうだ・・・。 遡上は我が地区まで来ているが、生育が今一つのようで、から揚げにして食べるのは小型の方が美味しいらしいが、釣趣としてはもう少しなぁ~。  今朝のTVで吉田川(郡上八幡)を映していたが、釣り人が竿間隔で並んでいた。 酒匂川では暫くこの様な光景は目にしてないなぁ~。 会社に行っていた頃、MEがアユ釣りを趣味としていた事を知っていた上司から、 今年のアユは如何?~ と良く聞かれ あまり芳しくない と答えたら 毎年同じ返答だね! とよく言われた。 だって本当にそうなんだモノ! と答えた事が有ったことを 思い出した。 あれから十数年、今に為っても返答は “本当にそうなんだモン!” 変わらないね・・・ 寂しいけれど! 高度経済成長期から未だに続く、毎年の無節操な救済事業が酒匂川をダメにしたね! また、何の問題意識をも持たない・・・もね!  


解禁後5日

2013-06-06 | インポート

 待ちに待った解禁、まだ4日しか過ぎてないが、川はガラ空き状態のようだ、釣果もナカナカ伸びないようで・・・。  放流量(湖産)が知れているようであるし、遡上物の育ちも砂利川では・・・。 ツマルトコロ 梅雨明けまで、今ヒト月我慢かな? しかし、わが地区の上流部には人っ子一人も居らんぜ! 4,5年前までは幾ら釣れなくてもコンな事は無かったのだがなぁ~ アユ釣り人口の急減が目に見えて判る様で・・・ 我も止めたし、近くのご仁も・・・ 漁期延長も一向に捗らぬ様で・・・何を、何が、何処に問題あるのか、許認可権限者に質問状を投げかけたのが良いのではないか? 先日も新聞報道であるが 道路でのスピード取締に付いて当局者の最高幹部から取締りの為の取り締まりになって事故防止、危険防止の役に立たぬ取締りで有ると苦言を呈したら、早速改善されるようであるが・・・ ホント 馬鹿な取り締まり、規制、認可が横行している・・・ 話は変わるが MEも先日交通量の少ない、道幅20メートルの道路で18キロオーバーで捕まってしまって12000円取られてしまった。 いきなり警官が道を塞ぐので、何か悪い事でもしたのか?事件でも起きたのかジェンジェン判らなく、待避所に入れられて、スピードオーバーである と告げられて判った次第。 あんな交通量の少ない20メートル幅道路で制限スピード40キロだと! ホント クソッタレだよ! アベ政権になってドンドン規制緩和に踏み切るというので変わるかもしれんでよ 禁漁時期が・・・ その前に、子供達のトンボ釣り、蝉取りを見かけ無く為った様に、アユ釣りがなるかもよ・・・。 釣り人も、リタイヤーお年寄りばかりで、若年層は見掛けないモンネ! 見通しは・・・。