あっという間に、こんな時間。

49歳で始めたブログから早や11年、今年で還暦とは…。
思えば遠く来たもんだ。

今年の渋皮煮

2018年10月11日 | 身辺雑記
今年も我が家の栗で作ってみました。

札幌の姉にも届けたかったので、今月の初めに二日がかりで作り、私と一緒に飛行機に乗って旅をさせた渋皮煮です(笑)

姉からは、いまだ感想らしきものがありません。
なぜだ?





大粒のものは結構割れてしまいました。
来年は粒を分けて慎重に作ってみよう。
『スイーツ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 朝の発見  弁当4日分 | トップ | 滑らないのが第一条件  今... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あやうく (てば)
2018-10-12 14:36:42
下二つを見逃すところでした。

渋皮煮も割れないように煮るのが難しいんですね。春に青梅の蜜煮を作りましたが、こちらも皮が破れないように煮るのが難しかったっす。(雑なもんでね。)

それにしても、洗濯物、丸一日干すのを忘れているとは、やりますね。
まだ、「ン歳」なのに。( ̄∇ ̄)

「質量不変の法則」・・・しみじみしました。
てばさんへ (ヤマブキ)
2018-10-12 16:25:05
>下二つを見逃すところでした。

お恥ずかしい話はわざと下に置くんです。
照れ屋な私の「技」でした。へへ。

以前、「あん」という映画で樹木希林が小豆を煮るときのコツを主人公に伝授する場面があったのですが、渋皮煮を作るようになって初めて、あのときの「コツ」の意味が分かりました。
丁寧に扱う、って大事なことなんだな~とつくづく感じ入ったのですが、3回も茹でこぼしてるとやっぱり最後は(もういいや~)的になってしまって栗も割れると言う・・・。

来年こそは…!
お互いに頑張りませう!(^^)!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

身辺雑記」カテゴリの最新記事