あっという間に、こんな時間。

49歳で始めたブログから早や10年、もうじき還暦とは…。
思えば遠く来たもんだ。

歪んだ愛、ってか。

2018年06月20日 | 身辺雑記
ゆうべ夫が「これ…」と言って私に結婚指輪を渡してきました。
夫がいつも身につけている指輪を、わざわざはずして私に寄越すと言うことは…

お、お、お別れなんですね…!!
ついにこの日が来たんですね…!!

ちょっと動揺している私に向かって、夫は悲しそうな顔で
「歪んでるんだよ…」と、ひと言。
よくよく見れば確かに渡された指輪は真ん丸ではなく楕円形になってしまっています。

「最近指が痺れておかしいな~と思って、指輪を外してみたらこうなってた。ヘンに締め付けられていたらしい」とのことで、何が原因でこうなったのかは分からないそうです。

が、私には思い当ることがひとつ。
それは数日前の出来事。

風呂場のシャワーヘッドを掃除しようと分解したら元に戻らなくなって、きっちり嵌らないためヘッドの隙間から水が漏れるようになり、夫婦でかわるがわる力を込めて押したりした時に、彼の指輪に圧がかかってしまったのではないのか…。
なんせタイヤ交換でネジを折るほどの怪力の持ち主…。

シャワーヘッドのせいで、いや正確に言えば「思いつきでシャワーヘッドを分解しようとしてダメにした私のせい」で、夫の指輪を歪ませてしまったようで、申し訳なく思っています。

宝飾店に持って行けば修理してもらえるかとは思うのですが、結局壊れたシャワーヘッドの買い替えに加えて指輪の修理費用もかかるのかと思うと、ため息しか出ません。

歪んだ愛のため息か、これは(笑)
歪ませたのは私だけど

『家族』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« そして今日は寒い日 | トップ | 歯医者さんで涙の巻・今日の弁当 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうきたか (てば)
2018-06-25 18:00:53
どういうオチになるのかとドキドキしながら読ませていただきました。
ちなみにご主人は指がしびれても指輪をし続けているのでしょうか。
気になって夜も寝られません。
ひょっとしてその怪力で元に戻したとか?

我が夫は太ったときにきつくなったと外して以来、タンスの肥やしと化しております。
後日談 (ヤマブキ)
2018-06-25 18:19:43
その後、夫が宝飾店に持って行き直してもらいました。
何やら機械を使ってすぐに直してくれたそうですが、お店の人が言うには
・年月が経っている
・元々軟らかい素材
なので、真円には戻らなかったそうですが、嵌める分には差し支えないようで、また指に嵌めています。

お代は「このくらいの修理では貰えない」ということで無料だったそうです。

私は、てばさんのご主人とは逆の理由(やせてサイズが合わなくなった)で、もう何年も嵌めていません。
以前の職場で、私が指輪をしてないことから「あの人は独身なの・・・?」と言う人もいたそうです(^^;)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

身辺雑記」カテゴリの最新記事