あっという間に、こんな時間。

49歳で始めたブログから早や10年、もうじき還暦とは…。
思えば遠く来たもんだ。

コーヒーの木 その2

2018年09月10日 | コーヒーの木
懸賞で当たって我が家に届いてから4か月。
不安定な気候を乗り越え、ここまで成長しました。

豆が成るまで、あと何年!?
その前に、まずは初めての秋田の冬をちゃんと越せるのか!?

(成長過程を「コーヒーの木」カテゴリーにまとめていく予定です。長続きしますように。)
コメント (2)

コーヒーの木

2018年05月14日 | コーヒーの木
前に書いた全労済のアンケートの当選商品(フラワーギフト)。
カタログを前にしてさんざん悩んだ末、コーヒーの木を選びました。

GWを挟んで先週ようやく届いたものが、こちらです。
高さ10センチほどのコーヒーの木が6本植えられていました。

以前に職場の同僚が100均で購入したコーヒーの木の鉢植えを見たことがあるのですが、それと比べるのもなんですが、やっぱりちゃんとした鉢植えは葉っぱもツヤツヤしているし、鉢も可愛いし、丁寧に栽培された感じがします。

コーヒーの木を選んだのにはちょっとした理由があります。
去年、探偵ナイトスクープで、自宅のコーヒーの木に花が咲いて、たった一つできた豆を焙煎してコーヒーを淹れて飲む、という話があったのです。
そのコーヒーの木は、依頼者の女性が亡き夫と一緒に育てた思い出の木で、確か14年?くらい育てた木だったそうです。
ご主人との思い出のコーヒーの木から作られた、わずかばかりのコーヒー。
「すごく美味しい」と依頼者の方は喜んでいました。

大事に育てて、私もいつかこの木から採れた豆でコーヒーを飲んでみたいものです。
北国では難しいかもしれませんが、老後の楽しみということで。
ふふふ。

コメント (2)