あっという間に、こんな時間。

49歳で始めたブログから早や10年、もうじき還暦とは…。
思えば遠く来たもんだ。

家計簿を買いました

2018年10月16日 | 高橋の家計簿 №28
毎度おなじみの季節ネタ。
「高橋の家計簿No.28 一ヶ月の収支がひと目でわかる」を今年も買いました。
右が今年の、左が来年のものです。


帯が、リニューアルされました。
「ひと月をひと目で」という特徴が分かりやすくなったような。

バラは赤みが増しましたが、葉っぱの量が若干少なくなった感じもします。
もう絶対にコーヒーカップは置かないのかなぁ…。
来年は消費税も10%になり、我が家の家計も「赤みを増し」そうですよ、ええ。

毎年変わらずにこの家計簿を出してくれる高橋書店さん、ありがとう
コメント

家計簿を買いました。

2017年10月20日 | 高橋の家計簿 №28
今年もまた早々に買ってしまいました。
恒例の「高橋の家計簿№28 一ヶ月の収支がひと目でわかる」です。

毎年この表紙の写真をチェックしているのですが、来年の表紙(画像の右)は今年(画像左)に比べてバラの花も少なくて花びらの色も淡い(ってか、薄い)という、何だか寂しい感じになっています。
安倍っちが言ってるほど景気は良くないと見た

ということで、家計簿愛が溢れるあまり新しくカテゴリー「高橋の家計簿№28」を作ってみたので、興味のある方は私のこれまでの家計簿愛を確認してみて下さい。
コメント

家計簿を買いました。

2016年10月17日 | 高橋の家計簿 №28
今年もこの季節がやってきました。

本日イオンの本屋で家計簿購入。

たくさん並ぶ中から、迷うことなくスッと手に取るのは、2001年から使い始めているこの「一カ月の収支がひと目でわかる家計簿」(高橋書店)です。

が、今年も相変わらず表紙はバラの花。
去年のよりは、添え物的な緑もちょっと多いかな。
でも地味。

バラだけでもいいから、もう少しゴージャスな品種とか、瑞々しい花びらの感じとかの写真にできないのかなあ。
…なんてことを、去年もアンケート葉書に書いてみたんですが、スルーされました(笑)
表紙デザインについてのポリシーが知りたい、ヘビーユーザーの私。


去年の記事はこちら

今年は去年より1カ月も前に買ったみたいで、我ながらビックリ。

イオンに行くとハロウィンは当たり前、クリスマスケーキどころか、おせち料理の予約まで並行して宣伝されてるので、妙に焦って買ってしまったんですかね(笑)

でも、この家計簿はどこでも売ってるわけじゃないので、見つけたら即買いしておくのが安心だから、これで良し。

コメント

家計簿を買いました

2015年11月15日 | 高橋の家計簿 №28
この時期にこれを買わないと気持ちがソワソワして落ち着かないので、今日の午前中に本屋へ行って購入してきました。
毎年恒例、高橋書店の『一カ月の収支がひと目でわかる家計簿』です。

例年この表紙写真をネタにしていますが、コーヒーカップが消えバラの花だけになった2015年版とほぼ同じ表紙。


(左が2016年版 右が今年のもの)

なんというか、遊び心も面白味も無い、つまらない表紙になってしまいました。
書店で買う際に他の家計簿と間違えないように、なのかな?


家計簿の表紙の裏ページ(白紙部分)に毎年あった主な出来事をメモしているのですが、今年はあまり良くない思い出ばかりでした。
来年は良いことがたくさんありますように。
…と、「高橋の家計簿 №28」に祈る私(笑)
コメント

家計簿を買いました。

2014年11月19日 | 高橋の家計簿 №28
来年の家計簿を買いました。
今回もまた、高橋書店の「一ヶ月の収支がひと目でわかる家計簿」です。

毎年これの表紙を注目しているのですが、今年はついにコーヒーカップが消え、バラの拡大写真のみ。
これってもしかして、これまでの表紙写真の部分拡大?
使い回し?
世知辛い世の中になったと言うこと??
(考え過ぎ

ということで、これまでの家計簿を並べてみました。



最初にこの家計簿を買ったのが2001年。
その後ほかの家計簿を使ってみたりもしたのですが、2004年からはずっとこのシリーズを使い続けています。

右下の数冊は、1990年代に使っていた別の種類の家計簿です。


ただつけっ放しなだけで、恥ずかしながらしっかりした予算生活もできてないのですが、長く記入し続けていると、これはこれで我が家の歴史かな、と。

来年もこの家計簿と共に生きるわたくし
コメント

家計簿を買いました

2013年11月03日 | 高橋の家計簿 №28
今年もまた高橋書店の「一ヵ月の収支がひと目でわかる家計簿」(2014年版)を買いました。

昨年、今年とほとんど同じデザインで、三年連続「花とカップ1個」という組み合わせ。

右が来年ので、左が今使用している2013年版。


花の種類が増え、彩りも良くゴージャスな感じになったような。
景気もやや上向き、って事っすかね。

2020年になったら、オリンピックバージョンとかなったりして。
でもその頃まで家計簿をつける余力が自分にあるかどうか。
とりあえず、再来年の分はもうちょっと変化が欲しいところです

新しい家計簿、長男がくれた図書カードで購入しました。
仕事絡みで貰った図書カードだそうです。
沢木耕太郎が若い頃に藤圭子と対談した『流星ひとつ』という本も購入させていただきました。
ありがたや、ありがたや。
コメント (2)

家計簿を買いました

2012年11月24日 | 高橋の家計簿 №28
来年の家計簿を買いました。

例によって高橋書店の「一ヵ月の収支がひと目でわかる家計簿」です。

毎年の表紙の変遷をネタにしてきましたが、来年(画像右)のは、今年(画像左)とほとんど変化のない表紙になっていました。
ちょっと表紙拍子抜け。

今年は義父の病気やら二男の進学やら長男の車接触事故やら色々あったので、来年は平穏な年であって欲しいもの。

あ、そういえば長男、その接触事故の相手女性(20代後半・独身)からデートのお誘いを受けたそうです。
「忙しいから」(←と言っても、ゲームやらフィギュア組み立てやらで忙しいだけ)とお断りしたそうですが、事故当日に相手の携帯にそんなメールを寄越す女性ってのも、なんだか「はしたない」ですよね。

って、もしかして、そんな恥ずかしさも吹っ飛ぶほど、ウチの長男が魅力的だったってことかっ!?(親バカww)

話が家計簿からそれまくりなので、この辺で終わります。
すみませんでした
コメント

一人でお茶を・・・?

2011年10月24日 | 高橋の家計簿 №28
偶然にも去年の今日、これに関する記事をアップしていました。

今年も買ったこれ。
「高橋の家計簿 №28」
2012年版です。

去年も「ティーカップの変遷の歴史」について書いたのですが
今年は何と、とうとう、ついに、カップが1個だけになってしまいました。
しかも、遠くに置かれてぼやけて良く見えないと言う…

何かあったのでしょうか。
同居人と別離でもしたのでしょうか。
ぼやけたカップが何だか悲しく見えてしょうがありません。
とりあえず、今年はカップにお茶が入ってるようだけど。


この家計簿の企画担当者、絶対に意図的に「遊んで」るような気がするなあ。
早くも再来年の家計簿が楽しみになってきました(笑)


コメント

お茶復活はあるのか?

2010年10月24日 | 高橋の家計簿 №28
気が早いような気もしますが、見かけた時に買わないとダメなので、まだ10月ではありますが来年の家計簿を買ってしまいました。

高橋書店の「一カ月の収支がひと目でわかる家計簿」です。
結婚してからあれこれ色んな家計簿を使ってみたのですが、2001年からはずっとこの家計簿一筋です。

この家計簿、表紙のデザインは毎年同じパターンで、「花とティーカップ2客」。
でもちょっと気になって2001年版を出してみたところ、なんとその当時はカップにお茶が入っていたのです!
(↓左側が2001年版)



お茶が消えてカップを二つ重ねた写真になったのが、写真の右側の2008年版からでした。

2007年の夏(多分)、高橋書店の次年度家計簿編集会議(そんなのあるのか?・笑)で一体何があったのでしょう。
表紙撮影にあたって、カップにお茶を入れる予算が無くなったのでしょうか。

いつか景気が良くなって、またこのカップにお茶がなみなみと注がれる日まで「高橋の家計簿№28」を使い続けたいものだと思います。

とりあえず、来年こそ貯金ができますように…
っつか、借金が減りますように…(泣)
コメント

新年に向けて・その1

2008年12月23日 | 高橋の家計簿 №28
今年もまた家計簿を買いました。

結婚以来、さまざまな家計簿を試した末に、ここ数年はずっとこのシリーズを使い続けています。
高橋書店の「一ヶ月の収支がひと目でわかる家計簿」です。
費目別に一覧で把握できるタイプなので毎月の集計が楽だし、後で(あれはいつ買ったっけ?)と探したりするときに便利です。

私は、表紙の次にある白紙のページに、その年の主な出来事や大きな買い物、家財の修理などを覚書として記入しています。
今はパソコンと言う便利な物もあるけれど、やっぱり紙媒体の方がパッと開けて楽チンだし、長く安全に保存できるように思います。

一緒に置いてある電卓は、20年くらい前に当時勤めていた職場で偶然手に入った物です。
中古品ですが、これが実に具合がいい!
シンプルで機能的で、私の手の大きさにも丁度いいし、何より今まで一度も故障が無い!
神様の贈り物のような、最高の電卓です。
ありがとう、カシオの「NS-3」。

実は、給料日の関係で、もうすでに新しい家計簿を使用しています。
厳しい家計はまだまだ続くけど、来年もチマチマ家計簿つけて頑張るぞ~!
コメント