お花大好き

京おんなのつれづれ

佐野籐右衛門邸の桜

2014年03月31日 | Weblog
今日は友達と約束して、佐野邸の桜を見た。
お昼に和風フアミレスの「さと」に集合だった。
待てど暮らせど友達は来ない。
メールが来て、ひょっとして違う「さと」に居る?
その通りで私は自分の家から近い店だと思い込んでしまったのだ。

佐野邸の桜を見に行くのだから、友達の待っていたお店からすぐなので
その店を思わないといけないのに思い込みって怖いわ。
お店の人に訳を言って店を出て友達の待っている店まで自転車を飛ばした。
春休みなので子供連れで満員だった。
ランチを食べて、そこから近い広沢の池畔を歩いて西の方(嵐山)のピンク色
に染まっているのを眺め、池の向こうの桜を眺めて佐野邸に着いた。


                             

個人のお宅なのに、観光客がタクシーで乗り付けて入ってくる。
夜は篝火を焚いて人工の光でない明かりの中で見る桜は幻想的で、この夜桜は私のお気に入りだ。
               



                                

どこを見ても桜尽くしで堪能できた。
佐野邸の佇まい
 
          

いよいよ京都も桜が満開の季節になった。
どこを見てもきれいで、見に行く場所に迷ってしまうが酔っ払いや露店も派手な提灯も無い、我が家の近くの嵯峨、広沢の
桜は安心して見られるわ。
紅枝垂れ、八重、御室の桜と続くがもうしばらく桜に酔いしれていられそうだ。

夕方に硬いキャラメルを噛んでいたら、歯の詰め物が取れてしまった。
すぐに歯科医院へ電話して1時間後に行って詰め直してもらった。
歯科の開いている時間で良かったわ。
行って治療して帰って、30分で済んだ。
3月は歯石取りに行かなくて良くて喜んでいたのに、こんな末日に行くことになってがっかりした。
いつもの歯石取りをついでにしてくれるのかと思ったらしてくれなくて次は4月の予約通りにと言われた。
せっかくの桜の美しさの余韻が台無しになってしまった。
コメント

大雨のち曇り

2014年03月30日 | Weblog
朝から雨が降っていた。
どんどんひどくなり、風も強い。
今日は予定を入れなくて正解だったわ。

お昼ご飯を食べたあと、頼まれ物の帯を覚悟を決めてお太鼓になるところに
ハサミを入れた。
かがって、タックを寄せたらあっと言う間にできた!
縫い付ける紐の方がアイロンを掛けて縫ってまたアイロンを掛けてと
3倍くらい手間がかかった。

夕方に友達から電話があって、しばらくおしゃべりをして楽しい時を過ごした。
終わると、娘からメールが来て熱が出たので、ひえピタと上等のテイッシュが
切れたので届けて欲しいと言ってきた。
1週間前にも熱が出てやっと治ったと思っていたのに~~~

リクエストの物を買って届けた。
卵とかまぼことミツバ入りの熱いおうどんを作ったら、全部平らげてお薬を
飲んで、熟睡した。
しばらく居たが、風邪は眠るのが一番なので帰ってきた。
きっと薄着とうたた寝が原因だと思うわ。

雨もすっかり上がったので、ポストに行きがてら桜を見て歩いた。
満開のも3分咲きのもあってこれからが楽しみだわ。
今は木蓮やコブシが美しい。
黄色い連翹も満開で、どの花も1年待って咲いたので愛おしい。

夕方で、曇っていたのでちょっと暗いが~~
 


   花の下に小さな葉が付いているのでこれはコブシだろう!
                       
コメント

ウグイス

2014年03月29日 | Weblog
暖かい日が続く。
さすがに上に羽織るモノは要らなくなった。

朝、6時過ぎに箒を持って外に出ると「ホーホケ♪ ホケキョ♪」と遠慮がちに
ウグイスの鳴き声を聞いた。
頼りない初音は1週間くらい前に聞いていたが、本格的に鳴き声を聞いたのは
今日が初めてだ。
啼いている方を見たが、もちろん姿は見せてくれない。
刺激しないようにそっと掃いたが、それでも危険を察したのかもう聞かれなく
なってしまった。
裏の大木を半分くらい切られたので、ウグイスは来ないかもしれないと
思っていたのでとてもうれしかった、
    
    ほがらかに

      うぐいす啼きぬ

         風の中
                  日野 草城

今日はお寺の91歳のご隠居さんのお宅へ有償ボランテイアへ行った。
10時から11時半までだ。
先週の予定がお彼岸で忙しいからと、伸びて今日になったのだ。
さすがに3週間空くといくら一人暮らしでも、床はパンくずなどで
汚れていた。
ご隠居さんとは言っても忙しそうで、掃除機を掛けている間中お寺の方へ
行ってお留守になった。
「塔婆を書いていてね、息子の手助けをしてやらんと」と言っておられた。

やさしい人柄で、昨日も入院中の奥さんの所へ行って、車椅子を押して
散歩してきたと言っていた。
90歳の奥さんを91歳のご主人がお見舞いに行って車椅子を押すなんて
超老々介護になるわ。

台所のお茶碗を洗いなおして、布巾も洗って干したらとても喜んでもらえた。
一人でよくやっていると感心して帰ってきた。
外はもう汗ばむくらいで、スーパーへ行ったら知事選の現職候補者が演説をしていた。
誰も立ち止まらず買い物に忙しそうだったが、懸命に訴えていた。

スーパーへはAТMが目当てだったが、その反対側に20人くらいの行列ができていた。
何かと思えばクリーニング屋さんで、消費税が上がる前に出してしまおうと考えた人が
並んでいたのだった。

すごいわ。
私は何も買い溜めをしていない。
お金持ちはたくさん買い込んで得をし、貧乏人は買えなくて損をするという構造に
なっているのかもしれない。

明日は傘マークが出ているので、一日ゆっくりしようと思う。
 
コメント

ぽかぽか陽気

2014年03月28日 | Weblog
日中は22度まで上がった。
桜の開花宣言も出たし、一気に春真っ只中へ突入の陽気だった。

今日は半年に一度の食事会(長男の少年野球仲間の母の会)だった。
7人居たのが4人になり、今日はその一人がインフルエンザに罹り
3人でランチを食べた。

7年前まで三井住友銀行だったホテルだが、結婚式も行われていたし
外国人の宿泊者も多くて華やいだ空気が漂っていた。

前菜


                              

どんどんご馳走が出てきた

デザートもおいしくて全部平らげた
                                             

あっという間に広いレストランは満席になり、99%が女性だった。
おいしい食事にお腹がびっくりしているだろうな。

お腹はいっぱいになったが、下の喫茶でゆっくりお話を~~と
こんな暖炉のある部屋で
                お茶とケーキを食べておしゃべりを楽しんだ
                           

今日は食べ過ぎたので、三人は夕飯は軽くお茶漬けでいいわァと言っていたが、亭主が居るのでそうもいかず
帰り道は今夜のおかずはどうする?と現実に引き戻されてしまった。
二人に分かれて一人でバスに乗ったが、満員で45分くらい立ったままで降りることになった。
春休み中で、どこへ行っても人であふれていた。

コメント

風が強い

2014年03月27日 | Weblog
買った雪柳


朝より午後の方が日差しも出て良いお天気になったが、風が強くて眼がつらかった。
こんな日はきっと夜にかゆくなって困るのだ。

春一番?かと思ったが、今年は春一番が吹かずに春がきたのだった。
立春から春分までに吹く強い風を春一番と言うそうだが、あと1週間前に
吹いていれば間違いなく春一番だったのに。

今日は、午前中は家に居て知り合いの人に頼まれていた帯を二部式の帯に
作り変えるのにやっと手を付けた。
1年以上前から預かっていたのだが、帯に挟みを入れる勇気が湧かなくて
見てみぬ振りをしてズルズル時間が経ってしまった。
催促されたわけではないが、いくらなんでもほったらかしにするのも
気が咎めるので、やっとやる気になったのだ。

いざ、帯を見てみると4本の細紐が要ることがわかり、手持ちの腰紐を
四分の一に切ってアイロンを掛けて、まち針を打ってチクチク手縫い~~~
結構手間がかかって今日は8本の紐を縫うだけで終わってしまった。
2本も帯を預かってしまっていたのだ。
無理やりお願いされたのだが、もう二度とこんな預かり物はしたくないわ。

午後から月に2回の生協のお弁当の配達の「ほぼボランテイア」へ行った。
本当は今日は行かなくて良い日だったが、今日行けない人にどうしてもと
頼まれたので~~~
あれっ、私ってどうしてもと言われた頼まれごとを何故か断れずに居るような
気がする(笑)

しかも、ちょっと遠い下鴨の生協まで行ったのだから、本当に頼まれ弱いのだ。
でも、お弁当の数が少なくて遠い所へ行っているにも拘わらずいつもより
早く帰れてよかったわ。

夕方、ピアノの練習をした。
「ちいさい秋みつけた」左手が付いていかないし、季節はずれなので気分が乗らない。
気分転換に前に習った季節に合う「さくらさくら」や「思い出のアルバム」を弾いて
遊んだ。


         
コメント

どんどん春がやって来る

2014年03月26日 | Weblog
朝から雨。
春雨だ。
暖かくて、それだけで幸せな気持ちになれるわ。

今日は午前と午後の外出に迷うことなくバスにした。
9時半にバス停に行ったら、待っている人が1台前のバスが来なかったと嘆いていた。
私も前に1台飛ばされたことがあったので、気持ちはよくわかるわ。
車庫から5分しかかからないバス停なのに飛ばされるなんて意味がわからない。

10時から1時間の有償ボランテイアの92歳女性は元気だった。
椅子に座って待っていてくれるのが元気な証拠だ。
この状態が続けばいいなと思いながら、又バスで帰宅した。

お昼ご飯を食べて、今度は12時半のバスに乗った。
このバスも遅れ気味だったがたった4つ目の停留所で遅れるのが不思議だ。
80歳代の女性は相変わらず元気で何よりだった。
今日は雨が降っているので、外回りの掃き掃除や草抜きはやめて1時間で帰宅した。

金閣寺、竜安寺を通ってくるバスなので外国人観光客が大勢居た。
昨日はこの路線はバスも車もびっしりで、動けないくらいで買い物に出ようとした人も
あきらめて帰ったと聞いた。
これから桜のシーズンは地元の者は外出を控えたり、観光客の居ない早朝か夕方にしないと
いけなくなる。

相国寺のお坊さんからもらった「花柚」ハナユ
香りがいい。

                  
コメント

25日は天神さんへ

2014年03月25日 | Weblog
先月に続いて、亭主の休みと天神さんの日が重なった。
亭主はすっかり行く気で9時半には用意をして待っていた。
自転車で行くのが便利だが、先月で懲りたのか今日はバイクで行くと言い出した。
「根性無し!」と言っても笑っていたが、私は電動自転車だし確かにしんどいわと
思い直した。

天神さんで落ち合って、花屋さんからゆっくり見たがお店も人も少なくて拍子抜けだった。
前は両側にびっしりお店が出ていたのが、空いた場所が目立った。
出している物もこれは!と言うモノが無いし、買っている人は観光客や外国人が多かった。

これで、2月から3回目の天神さん行きだがそろそろ梅の見ごろは終わったようだ。
紅梅が何本か身頃になっていたが、白梅は終わっていた。
裏から見た有料の梅園



仏壇にあった仏さんまで売っていた
                      


花ぐもりの空で、予定では御所の梅と桃を見に行くつもりだったが、雨に降られても困るので家へ帰った。
昼食を食べて畑へ行った。
ブロッコリーに花が咲きかけていたので、根っこから抜いてわき目を集めて収穫した。
にんにくはホトケノザにまみれて小さくなっていたし、水菜とほうれん草は消えていた。
唯一、スナップエンドウのつるがちょっとだけ伸びていた。
夏野菜を植える気力が無くなるくらい、草が元気に育っていた。

心配した雨も降らずに済みそうだが、明日の雨を予感するような暖かさで気持ち悪いくらいだ。
明日は午前と午後に出かける日なのに傘のマークが付いていてがっかりだわ。
コメント

私のゴミが~~~

2014年03月24日 | Weblog
朝から暖かだった。
ゴミの日なので出しに出たら1番だった。
ネットの真ん中に置いて、ネットのおもりをきちんとして家に入った。

生協の配達を受けて外を見たらゴミの収集が終わったようでネットも片つけられていた。
あれ!!一つゴミ袋が置き去りになっている。
誰か遅くに出したのかな?と確かめに行ったら、私の出したゴミ袋だった。

なんで??
ちゃんとネットの真ん中に置いたし、いの一番に出したのだし、合点が行かないが
仕方なく持ち帰った。
いろいろ考えた。
誰かのいたずら? これは考えられないと×
ネットに隠れてわからなかったのか、収集の係りの人のうっかりミス?

多分、収集忘れだろうと自分なりに結論を出した。
以前にゴミ当番の時に、やはり一つ収集忘れがあったのを覚えている。
5ℓの一番小さなゴミ袋に入っていたので、見落としたのだろう。
出した人はわかったが、その家まで持って行くのが面倒で次のゴミの日まで
預かったことがある。

自分なりに結論を出してすっきりしたので、内科のクリニックへ行った。
上着が要らないくらい暖かかった。
でも、待合室は風邪引きさんで満員だった。
花粉症の薬をもらい、血圧も薬無しで正常でまずまずだった。

昨日、通った近くの桜と菜の花。
何年か前までお花摘みの農園っだったが今はやめている畑に菜の花が満開だった。
どこよりも早く咲く桜はもう満開だった。


コメント

よく晴れて~~~

2014年03月23日 | Weblog
やっと春らしくなったが、我が家の朝、晩はまだストーブが必要だ。
今日は娘と娘の友達の母娘がやるという、ワークショップらしきものに
行く予定だった。
昨夜から娘が腹痛を伴う風邪で、今日は行けなくなってしまった。

会場が、昨年の秋にハマナカがオープンしたアンテナショップと聞いて
行きたいと思っていた店なので一人で行くことにした。
途中にある娘の所に寄って様子を見てきた。
お腹が痛いと言ってベッドに寝ていた。
何も食べたくないと言うので、りんごを擦って少し食べさせ以前にもらった
という風邪薬を飲ませた。
整腸剤も入っているので多分効くだろう。

そこから自転車ですぐのお店は「イトコバコ」
京町屋をステキに改装してあった。


奥の庭も残してあった
                        

ハマナカの糸がぎっしり
            


目指す母娘のショップは2階にあった


                              

麻やコットンで主に子供用の服のオーダーを受ける店だった。
大人用のシンプルなワンピースがあったが、私のサイズはお呼びでなかったわ。
娘さんの友達が子供連れで来て、かわいいワンピースをオーダーしていた。
17年ぶりくらいに会う母娘なので、お茶を飲みながらしばらくおしゃべりしたが
ワークショップでもなんでもなかったので、一組のお客さんが来たのを潮に帰ってきた。

1階のお店では、買った糸で作品を習えるらしく、子供連れや女性が毛糸を巻いたり
フエルトを叩いたりして楽しんでいた。
帰りに生協に寄って、苺を買って娘の様子を見に行った。
相変わらずだったのでアイスノンを換えて、ゆっくり眠るしかないから帰ってきた。

帰りは明るい日差しと春風で、すっかり春に変わったように感じた。
トレーナーだけの人やまだダウンを着込んでいる人が居て、様々な格好を見るのも
おもしろかった。
コメント

晴れた

2014年03月22日 | Weblog
今日は朝からいいお天気だった。
風は真冬並みに冷たいけれど、太陽が照っているのはありがたいわ。

昨日の洗濯物と今日のとで物干し場は一杯になった。
すこしずつ寄せてなんとか干し終わったが、冬物は嵩張るので困る。

お昼に会食の為に嵐山に行った。
まだ桜も咲いていないのに、歩道は人で埋まり、車道も車で埋まっていて驚いた。
もう、嵐山では春の観光シーズンは始まっていたのだ。
人混みを掻き分けて目的のお店に着いたが、もうこれで嵐山には行きたくないと
思うくらいの人、ひと、ヒトだった。
去年の9月に床下まで川の水があふれた被害があった場所とは思えないくらい
以前のままの賑やかな様子だった。

おいしい懐石料理を食べながら、窓から保津川下りの練習の船を漕ぐのを見ていた。
川の水がキラキラ光って、「水ぬるむ」と言うのはこんな情景を指すのかと思った。
嵐山は桜のつぼみが山全体を霞のように薄っすらとピンク色に染めて、咲いたときの
様子が目に見えるようにきれいだった。
桜が開花すると、人混みで歩けなくなるから地元の者は遠慮しておこう。

3時過ぎに帰宅してお茶とお菓子でひと息入れた。
ごちそうもいいが、何といっても家で飲むお茶のおいしいこと!
帰った途端に辛抱してくれていたくしゃみと鼻が出てきた。

明日からは春も本番らしいから、植木を覆っているビニールを外し
外にも出したいわ。
我が家の梅は満開を過ぎたし次は椿が楽しみだ。
花木の鉢モノが冬でも外に置いたままでいいから楽そうだし、徐々に替えていくつもりだ。
コメント