お花大好き

京おんなのつれづれ

盛りだくさんな日

2011年11月30日 | Weblog

バス亭前のモミジ  待っている間にパチリ


今朝は忙しい朝になった。
まず、畑に行く前に亭主の友達の作った野菜がたくさんあり、それを二軒に配った。
そして畑へ~~~
6時過ぎだったので、まだ暗くてよく見えない。

こんなに暗い内に畑へ来る人など誰もいない。
近所の人に野菜泥棒と間違われるよと言われたことがあるが、確かに泥棒の活躍する暗さだわ。
まだ水菜は小さくて頼りない姿だった。

広沢の池の「鯉上げ」が3日から始まるので、池の水を抜きはじめているので魚を狙った鳥が
たくさんいた。
嵯峨野のモミジは見ごろなので、カメラを持って行ったのに、濃い霧が立ち込めていて映せなかった。

カメラを持ってない日は良いお天気で、持っている日は霧があって中々うまくいかないものだ。


毎年アップしているが、我が家の階段の窓から見えるモミジの紅葉だ。
南側はこの赤い色だが、同じ木の北側のお風呂場からは緑のモミジが見え、2本あるように
見えるわ。

午後から新聞で見つけて申し込んでおいた「赤毛のアンの朗読とパッチワークの鍋つかみ」というのに行ってきた。
西院から少し歩いたところのプロテスタントの教会だったが、かわいく飾ってあってきれいな
家という雰囲気だった。
宗教色もなく、初めにアンの朗読があり、いよいよパッチワークが始まった。

7人ほどのおばちゃんが集まり、ログキャビンのデザインだったが基本のデザインが懐かしく
持参の布で途中まで縫った。
1時半から3時までで汗をかきながらバスに乗って帰ってきた。

今日の暑さは20度で11月終わりにしては異常だわ。
明日からとうとう12月になる。
あっと言う間に過ぎるので、プレゼントのエプロンと鍋つかみと木目込み人形を年末になるまでに
何とか仕上げないといけない。

またまた大掃除などに割く時間はなさそうだわ。
コメント

うれしいプレゼント

2011年11月29日 | Weblog

友達が編んでくれたマフラー


昨夜は娘が私の誕生日祝いのプレゼントを持ってきてくれた。
会社帰りなので、7時40分くらいになったがいろんなモノを用意してくれていた。

私のリクエストの「しわに効く」スキンクリームとハイキングに使えるデイバッグとミニブーケ
そして大きなカットのケーキ!!


バラは小さいのに香りが強くてとてもいい花だった。
ブタしゃぶを食べながら男子バレーの中国戦を久しぶりで三人で観戦した。
勝ってよかったわ。

パソコンのわからないところを聞いて、マンションまで送って行った。
おかげで帰ってからお風呂に入ったりしていたらすっかり遅くなり、久しぶりの12時越えの
就寝になった。

今日は藤棚の落ち葉がひどいので、棒で突っついて半分くらい落とした。
毎日毎日ちょっとずつ掃くのはたまらないもの。

暖かい日で箒を使っていたら汗ばむくらいだった。
太陽は出なかったが風がなくて過ごしやすいが、洗濯物が乾かないのが玉にきずだわ。
コメント

一日曇りの日

2011年11月28日 | Weblog
実モノ、つるモノが好きで花屋さんで見つけた柊の実 最近はホーリーと英語表記に~~~


昨日、男子バレーを見ていてやっと1勝できて喜んでいた。
8時になって、大阪の選挙の投票締め切りになった途端、選挙速報の「当確」がテロップに
出ていた。
まだ1票も開けていない時間に、出口調査でもう当確が出るのだからその早さにびっくりした。
大阪はこれからどんな政策でどんな生活になるのだろう。

今日は一日中どんよりと空気の流れていないような曇った日だった。
洗濯物も乾かず、うっとうしいことだ。

午前中は自転車で銀行や買い物やお使い物にするチリメン山椒を送ったり買ってきたりと
忙しかった。
じっとりとした寒さで家の中も温まらず、寒い日だった。

午後はお隣に集まり木目込み人形のコマを作った。
打出の小槌を作り、今度はコマだ。
どれを作っても私には難しくて四苦八苦の連続だった。
まだ未完成なので、明日以降も挑戦だ。

娘の友達の結婚のお祝いのエプロンも完成してないし、知り合いの新築祝いも作る予定だし
年末に向けて肩の凝る仕事ばかりが待っている。

今夜も男子バレーの中国戦がある。
蓮夜で勝ったらうれしいけれど、果たして結果は??

コメント

岡崎の細見美術館へ

2011年11月27日 | Weblog

京都会館横の疎水の桜


今日はずい分暖かかった。
細見美術館のチケットをもらっていて、岡崎界隈は平安神宮があり観光客で混むのはわかって
いたが、友達と日程が合わず、最終日の今日に行くことになった。

平安神宮前まで行くと日曜日もあって、観光バスや駐車場待ちの車でいっぱいだった。
私はみやこメッセの地下の駐車場に入ったら待つことなく入れた。
ラッキー!!

京都会館横の細見美術館では「典雅なる御装束」と題して宮廷の儀式に用いられる装束が
展示してあった。

秩父の宮夫妻の結婚の時の十二単らしきものや有栖川宮のちの高松宮家の装束など平安時代さながら
の衣装が間近に見られた。

特に秩父宮の婚礼の装束は上着が黒であとの長着や袴など全部が赤で6月ということもあり
薄い絹の黒から中の赤が透けて見えて、男性用としては実に優雅でさすが宮中の装束だと感心した。

一緒に行った木目込み人形の師範でもある友達は細かいところまで見て参考にすると言っていた。
平安時代さながらの装束に囲まれひとときの雅な時間を過ごした。


平安騎馬隊のお馬さん達 ちょっと前には北野天満宮の信号で歩行者を誘導していたけれど~~


昨夜はフイギュアスケートの真央ちゃんの優勝が見られて安心した。
今夜はサッカーと男子バレーが同じ時間に重なるので、どちらも見たい亭主はどうするかしら??
コメント

今日は家でゆっくり

2011年11月26日 | Weblog

季節を間違えた?ホタル袋


今日は寒くて一日家で過ごした~~と思ったら、朝に畑に行ったのだった。
マスクをして冬用のコートを着て、手袋も二枚にした。
それでもバイクは寒くて25キロくらいしか出せずにトロトロ進んだ。

畑の湿った土の上に居ると長靴から深々と冷えてきた。
冬用の長靴ってあるのかしら?
おとといにもらって植えたソラマメを見に行ったのだが、友達があちこちに向いて伸びるから
早い目に支柱を立てた方がいいと教えてくれたのだがその通りで三本が好きな方に向いていた。

ジョウロに1杯だけ水やりをして帰ってきた。
広沢の池で朝日が山の際まで昇り赤く染まっていた。
池の周りに車がびっしり停まり、三脚を立てたカメラマンが池の間際までたくさん居た。
バイクを止めてその様子を見ていたら、おじさんに「初めて来たのですが、一体何事が始まる
のですか?」と聞かれた。

朝日に輝く広沢の池や鳥を写しに来ているのでは?と答えたけれど、初めて見た人には
早朝にただならぬ人数の人が池の周りに集まって何だろう?と思うのだろう。

起きてきた亭主に足も冷たくて冬の畑は寒いわと言うと「冬は畑に行かなければ」と
言われてしまった。
なんというお気楽さだろうとあきれてしまうわ。

このごろは寒い寒いの連発なので、沖縄か南の島に移住すれば?と毎日言っている。
11月末で寒がっていたら寒中はどうするのかしら。
でもゴルフや遊びに行く時は早朝からルンルンで仕度するのだから、いい加減な寒がりだわ。

昨日、天神さんで買った栴檀の実
コメント (2)

25日なので天神さんへ行った

2011年11月25日 | Weblog

天神さんんの境内のイチョウとモミジ


今日は天神さんの市の日だ。
お隣さんと連れ立って出かけた。
バスで行ったが、天神さんまで乗る人ばかりで満員になった。
それもお年寄りばかりで幼稚園バスならぬ「老人バス」みたいになってしまった。

お天気もよく歩いていると暑いくらいだったが、人出はまあまあの多さだった。
いつもより市本来の道具類や骨董類がたくさん出ていた。
ブームになった古着物や古布は減ってきて、値段も安くなっていた。

来月が終い天神(しまいてんじん)なので、来月に行こうと考えている人がいて、案外少ない
人出だったのかもしれない。



私はお目当てのタイルの袋入りが無くてがっかりした。
先月に行ったときは300円で5種類の中くらいのタイルがあったのに、今日は無くて
小さいものが一袋500円になっていた。

先月袋入りのものが一枚300円に突然値上がりしていてあまりの値上がり様に驚いた。
そのタイルはお風呂場に貼ったらきれいだったので、もう一組貼ってみようと思ったのに~~~


植木やさんのコーナー

栴檀の実の枝を買った。
青い実でかわいい。

来月には水仙の束が売られるので買うつもりだ。
もうすぐ12月になるのだわ。
コメント

干支作り

2011年11月24日 | Weblog
久しぶりに畑に行った。
今朝は6時前に着いたが、薄暗くてインゲンを抜いていたが最後の収穫も良く見えないくらい
だった。

よその畑を見たり、細い細いお月様を眺めていたらほんのりと明るくなってきてよく見え出した。
インゲンを抜いた後に、遅くなってしまったがえんどう豆を植えた。

耕したり畝を作っていると、寒さも時の経つのも忘れて夢中になっていた。
京都市の農園でない隣の土地を借りているおじいさんが初めて「おはよう」と言ってきた。
いつも朝一番を取り合っている(私が勝手に)人だが、ソラマメの苗が余っているので要らないか
と言ってくれた。

ソラマメは友達が植えていて、イイナと思っていたのですぐに「頂ます!」と言ってもらった。
キャベツもどうかと聞いてくれたが、植える場所が無いのであきらめた。

咲き残りのコスモスを切ってあとは全部抜いて、もらったソラマメ3本を植えた。
抜いた茎をゴミ捨て場に持って行ったら、ジャガイモの茎が3本出ていて、抜いてみたら
メークインが根っこに一つずつ付いてきた。
ゴミ捨て場で食べられるくらいに成長するなんて、ジャガイモって強いのだとわかった。

今日の収穫は最後の小さなインゲンと小さなジャガイモとコスモスだった。

帰って気がめげるくらいのたくさんの落ち葉を掃いたら汗が出てきた。
しばらくその熱気で暖房を付けずにいたら、寒がりの亭主が「寒い寒い」と言って起きてきた。
仕方がないのでヒーターを付けたら私には暑すぎて困ったわ。


午前中に美容院と二週間に一度のクリニックを済ませた。
美容院の都合で先にカットに行ったので、大急ぎで11時45分にクリニックへ入れた。
午前の患者は私が最後だった。

午後からはお隣で皆寄って木目込み人形を作った。
難しくて中々進まないが、えとのミニ龍はやっとできた。
小さくて邪魔にならない手のひらに乗るサイズなので友達にあげるつもりだ。

コメント (2)

雨にも降られずに七五三参り

2011年11月23日 | Weblog

着物のサイズもやや短めになったが、袖丈もうまくいった


七五三当日になった。
雨が一番心配だったが、食事中にパラパラ降っただけで無事濡れずに済んだ。

着物も女児の母親は喜んでくれたし、髪飾りも「十分派手ですよ」と言ってくれてよかった。
我が家で着せている間に長男と小5男児は京都駅にあちらの両親を迎えに行った。

着付けはじっとしているのですぐに済んだ。
神社が嵐山を通って行くので早い目に出たが正解だった。
観光客の反対に向かうのでまだ車はスイスイ進んだ。

神社に着くと七五三やお宮参りの人達でごった返していた。
控え室でしばらく待って、大勢の人と一緒に本殿へ向かった。
神社はご祈祷が外の吹きさらしの場所でどこも寒いが、今日も風が冷たくて寒かった。

終わってお土産のおもちゃやみたらし団子をいただいた。
汚さないようにエプロンまで用意されていた。
小5の兄と一緒に1本ずつ食べてようやく笑顔が出てきた。
でもまだ声は聞いていない(笑)
何を聞いてもうなづくか、首を振るだけだ。




11時過ぎだったが、神社の隣の料理屋さんへ行ったら同じお参りあとの家族で満員だった。
予約の部屋に通され子供たちは

これに茶碗蒸しとおつゆが付いたお料理


大人6人は

これに松茸の土瓶蒸しが付くお料理だった。

デザートも食べてお昼から贅沢なものをいただき、お腹がいっぱいになった。


部屋からの景色


パラ付いていた雨も上がり、お庭で写真を撮っていたらやっといつもの女児になり声が聞けた。
あちらのお母さんと「やっと声が聞けた」と笑ってしまった。
慣れるまで時間がかかり、分かれる頃にやっと調子が出てくる~~という繰り返しだ。

駐車場で皆と別れて、混んでいる嵐山方面は避けて太秦の広隆寺前を通り、映画村の前を通る
コースで帰ってきたらとてもすいていて早くに帰れた。

やっと大仕事が終わりヤレヤレだ。
着物も喜んでもらえたようだし、まずまずの手つくりの七五三だった。
コメント (2)

寒くなってきた!

2011年11月22日 | Weblog
朝のリビングの室温は10度だった。
私は落ち葉掃きをするので体が温まり、あんまり寒さは感じない。

特別というか異常な寒がりの亭主が起きてきて温度計を見て「10度や」と情けない表情と
懇願するような顔をするので、かわいそうになり今朝からガスファンヒーターを出した。
待ってましたとばかりに両手をかざしてヒーターの前に陣取っていた。

一度ヒーターやホットカーペットを出すと、寒くない日でも義務のように必ず付けるので
暑いのが苦手の私と意見が合わなくてモメルことになる。

もっと寒くなるとおこたを出して欲しいと言う。
一日でも伸ばして狭いリビングを広く使いたいと思っている。

毎晩テレビでフイギュアスケートやサッカーやバレーボールが放映されている。
亭主は国際試合なら何でも必死に見てにわかコーチや監督になったように解説し、応援し
怒っている。

下手な試合や負けた時など血圧が上がってどうかなるのじゃないかと思うくらい怒っている。
子供や孫が出ているわけでもないのに、力が入っていて可笑しいくらいだ。
今夜は勝って穏やかに見てもらいたいものだ。

明日はいよいよ七五三だ。
心尽くしの仕度だが喜んでくれたらうれしいし、何より予報に傘マークが出ていて心配だわ。
降らないことを祈りたい。
コメント

いよいよ落ち葉がどっさりと!

2011年11月21日 | Weblog
我が家のストーブ  と言っても飾り物のだるまストーブ 本物のこんなストーブがあったら!!


今朝起きて寒さに震えながら箒を持って外に出たら、「来た来た、落ち葉の季節が」。
道路一面に落ちていて、一瞬掃けるかな?と不安になったくらいたくさん落ちていた。

竹箒とシダの箒を使って30分以上かかって掃いた。
これから毎朝この作業があると思うとイヤだが、いい空気と鳥の啼き声と緑の美しさをもらう
お礼にと考えてがんばろうと思う。

掃く庭も無いのに竹箒まで用意してどっさりの落ち葉掃き、この地に引っ越した時は
思ってもみなかったことだ。


午前中に父の年金の手続きで年金事務所へ行った。
第一声が「いらっしゃいませ!!」
次に「長らくお待たせして申し訳ございません」

銀行よりていねいで、物腰が柔らかくなっていて驚いた。
フロアーマネージャーのような人まで居て、どういう用件か尋ねてくれるし、記載台で
書いている時も「どういうご用件で?」と聞いてくれるし、二人連れで一人が座って書類を
書いている横で待っているお連れに椅子まで用意してくれる親切さだった。

不明年金問題で騒がれたせいか、どこに来たのだったかしら?と一瞬疑うくらい丁寧で親切な
応対だった。
待ち時間もそこそこで、気分よく帰ってきたわ。

帰りの道は高雄にモミジを見に行く他府県ナンバーの車や、臨時の市バスが走り紅葉のシーズン
に入ったようだ。
でもウチの裏のモミジはまだ青々としているけれど~~~
コメント