お花大好き

京おんなのつれづれ

天神さんまでウオーキング

2011年01月31日 | Weblog




今朝はこの冬一番の寒さだった。
目覚ましが鳴ってもすぐにお布団から抜け出すのをためらったくらいの冷え込みだった。

日差しが出てくると、日なたはまだマシだった。
家事が終わった頃、最近ウオーキングに燃えているお隣さんから「歩きに行こうよ」
とお誘いがあった。

天神さんの早咲きの梅を見に行こうと決まって出かけた。
歩き始めは風が痛く感じたが、日当たりのいい道を選んで仁和寺の辺りまで行くと
体がポカポカしてきて風の寒さは感じなくなった。

表通りは避けて細い道をくねくね通った。
何百坪?と思われる土地があちこちで更地になっていた。
どこを歩いても、大きなお屋敷跡は切り売りされる運命のようで残念だわ。

お昼に天神さんに着いた。
受験もピークは終わったのか、合格祈願の人はまばらだった。

梅も紅梅が何本か咲いていたが、白梅はまだまだでちょっと寂しかった。
帰りは途中まで歩いたが12000歩になって足も疲れてきたのでバスに乗って
帰ってきた。

バケツの写真は、朝ベランダで見つけたもの。
ツララがバケツから生えているように見える。
マイナス4度まで下がったから、水滴が一瞬で凍ったのかしらね?
コメント

友達とおしゃべり

2011年01月30日 | Weblog
昨日通った車窓からの嵐山 さすがに寒くて人もまばらのようでした

マイナス2度まで冷えた。
明日はマイナス4度まで下がるらしい。

朝、洗濯物を干しに二階のベランダへ上がった。
水道を見ると蛇口にツララが下がっていた。
朝日に輝いてきらきらときれいなので、カメラを取りに行って戻ってみたら
もう解けていた。
残念だった。

この寒さの中、宇治から友達がやってきた。
去年の6月まで月に二回、和裁を習うということでお邪魔していた。
6月からご主人の定年のため、行きにくくなり今度は彼女から訪ねてくれる
ようになった。

毎日ご主人が在宅のためいろいろなストレスがたまり、大変な様子だった。
お互いにおしゃべりをして発散させて楽しい時間を過ごした。
11時から4時まで途切れることなく、いろんな話が出てきておもしろかった。

明日は今日より寒くなるらしい。
節分の間近ってこんなに寒さがきびしいものだったかしら?
コメント

最後の生活発表会

2011年01月29日 | Weblog

頂き物のガラスのうさぎさん


今日は長男のところの女児の保育園での最後の生活発表会があった。
亀岡だし、今日は気温が下がると聞いていたので、車はやめて電車で行こうか?
と昨日から迷っていた。

電車の時間も調べて、朝起きたときは初めて電車にしようと決めていた。
でも、亭主が大丈夫車でいけると言うし、長男からの電話でも聞いたら縦貫道は
大丈夫と言うので車で出かけた。
高速は凍るどころか、お日様が燦々と照っていて名物の霧も出ていなかった。

園舎が新築中で、仮のお遊戯室で狭いので2部に別れてするので、11時半から
と聞いていた。
11時に着いたが、空き教室で1時間異常待たされて、ぎゅうぎゅう詰めの
お遊戯室へ入った。

ここでも又、中々幕が開かなかった。
いつも段取りが良くて感心していたのに、変だなと思ったら、狭い舞台上で
戻した園児がいたらしく、その後始末で時間が掛かったのだった。

6歳女児は天使の役で、しっかり踊れてせりふもちゃんと言えていてその成長に
目を見張った。
入園した頃は舞台上で固まっていて身動きひとつしなかったのに、今日は
音楽にきっちり合わせて、両横の女児をリードしてがんばっていた。

まるで夢のような姿で、これなら4月から小学校に入学しても大丈夫と安心した。
終わって、上手にできたねと頭をなでて褒めて、別れて帰ってきた。

いいお天気で帰りは暖房をつけなかったくらい暖かだった。
最後の生活発表会、上手にできて本当によかったわ。 
コメント

今日も雪がちらついた

2011年01月28日 | Weblog

暮れにお正月飾りに使った梅が咲き出して~~~

 手折らるる 
        人に薫るや
               梅の花  
                     千代女


朝から雪がちらついて、ものすごく寒かった。
新聞に京都の寒さについて書いてあり面白く読んだ。

北海道や青森、新潟出身の人たちも京都の寒さは特別だと言っていたわ。
底冷えと言われる地の底からの冷えがある。
私は地下に氷河があるみたいといつも思っている。

しんしんと冷えるので、中々芯まで温まらない。
寒いより、痛いというのがぴったりとも書いてあった。

確かに痛い寒さだわ。
夏は暑いし、住みにくいところなのに、昔の人はなぜ都をここに造ったのかしら?

寒さに負けないで!!とお隣さんと洗剤や、日用品を買いに自転車で出かけた。
雪がちらつくし、車でと思ったが最近お隣さんは健康志向で歩くことに
燃えているので自転車で行った。

チラシに載っていたお買い得の商品が一杯あった!
二人とも自転車のかごに乗り切らないくらい買って、帰りは押して帰って汗を
かいたくらいがんばった。

夕方にもまた雪が降って本当に寒かった。
午後に宇治に住んでいる友達から電話があったが、雪は年末年始の一回しか
降ってないそうだ。
京都も南の方はそんなに暖かいのだわ。
コメント

朝と夕方に雪がちらついた

2011年01月27日 | Weblog

午前中に見た八重桜の芽


今日も寒かった。
二日外出が続いたので、今日はどこへも出かけなかった。

それでも、外の空気を吸おうとポストまで行った。
八重桜のつぼみはわかるくらいに出来ていて、寒い冬をやり過ごそうという
意気込みが感じられた。

寒さに負けじと窓ガラスの結露を取るため、窓を少しずつ開け放ってがんばって
いたが、あまりの寒さに閉めてしまった。
ベランダの水は薄氷が張っていたし、水道も出なくなっていた。

雪国の屋根の雪下ろしの様子をテレビで見ると、寒さくらい我慢しなくてはと
思ってしまう。

ガスと電気のメーターの使用量を見るとため息が出てしまう。
よく家計簿診断というのが新聞に載っているが、どれも光熱費は少なくて
ウチの電気やガス代一つ分しか使っていない。

皆さん、よほど機密性の高い家に住んでいるか、節約上手なのねえ。
前年比というのを見ると、確かに娘の一人分くらいは減っているが
それでもまだまだ使い過ぎのようだ。
コメント

寒風が吹きすさぶ日

2011年01月26日 | Weblog

スクスク伸びている玉葱


今日も風の冷たい寒中の一日だった。
今日は朝から遠くの皮膚科へ行った。

ひと月ほど前に耳の前、というか目の下の方がかゆくなった。
最初は赤くなるだけだったのが、いつのまにか大きくなってかさぶたまで出来た。
かさぶたは放っておけない性分というか、かさぶたを取るのが大好きなので
気が付いたら取っていて、又赤くなってかさぶたが出来て~~を繰り返していた。

ひと月以上たった昨日、私の顔のことなど見もしない亭主も気が付くくらい赤く
大きくなっていよいよ気が付かれてしまった。
腐っているとか、カビが生えているとか散々言われてようやく皮膚科へ行くことに
した。

ドクターはあっさりと「かかなければ治ります。かいているうちにばい菌が入ったのでしょう」と言った。
軟膏をもらったが、触らなければ自然に治るんだったわ。

次は特養にいる父の顔を見に行った。
ちょうど昼食時で、食べるのを手伝うことにした。
でも、父は車椅子に座ったまま眠っていて、起こすのにたたいたりゆすったりしても
起きずに困った。
いつも目をつぶって寝ているように見えるが、ご飯です!と言えば目を開けるのが
今日は1時間かけて食べさせても半分くらい残ってしまった。
あとは職員さんに任せて帰ったが、毎食あれではお世話をしてくれる人は大変だろう。


昨日の続き~~~
帰りに亭主がカーナビを触っていて、テレビに切り替える時変なところを触ったらしく
テレビが映らなくなった。
私は運転中で一度も触っていないので、「変なボタン押したからでは?」と言ったら
機嫌が悪くなって最悪の車内の空気になった。
とにかく、テレビ大好き人間だから、考えて帰り道に通る車屋さんからリコールの
手紙が来ていたのを思い出し、それをしてもらいがてらカーナビを見てもらうことに
した。

見てもらって、しばらく走ったら又映らなくなりマタマタ機嫌がわるくなった。
仕方がなくて買ったお店ではないが、同じメーカーの車屋さんのお店に飛び込んで
厚かましいけれど見てもらった。
やはり、触らなくてもいい所を触っていたのが判明した。

直った途端に亭主の機嫌も直り「おばさんは厚かましいなぁ、よく頼むわ」だって。
ホントに手間のかかる人だわ。
コメント

忙しい一日

2011年01月25日 | Weblog

日吉の三橋
メインのステーキ
デザート

朝起きて外を見たら、真っ白だった。
滋賀の坂本まで行く予定なのに行けるか心配だったが、時間が経つにつけて
解ける雪のようで、9時半に家を出た時はほとんど解けていた。
休みの亭主と滋賀まで行くが、運転は私なので雪道はいやだもの。

まず、初天神の北野天満宮に寄って、亭主の羽織を探した。
探す時間は無かったので、お店の人に男物の羽織はありませんか?と
聞いて歩いた。
3、4軒探したが、黒の紋付と大島のものばかりで面白くない。
やっと、お召しでいいなというのが見つかったが、亭主がミドリのくすんだ色が
嫌だと言い出して、大島のありふれたものより、布地の柔らかいこれの方が
似合うと言ってそれに決めた。

次は亭主が友達に聞いてきた、日吉大社の三橋という重要文化財になっている
石橋を見に行った。
さすがに比叡山のふもとの日吉大社では雪がちらつき、寒かった。

亭主が大社の入り口で拝観料を払おうとしたが、横のほうを見るとPCで見覚えの
ある石橋が見えた。
これだ!と直感が働いて、見に行ったらやっぱりそうだった。
一目で三橋が見える近さだった。

亭主はせっかくだから拝観料を払って中へ入ろうと言ったが、私は次のレストランの
ことで頭が一杯で気が急くので、ダメ!早くおいしいものを食べに行こうということに
した。

これも友達の推薦のレストランで、かわいいお店でオーナーシェフがサッカーの
中田ヒデに良く似た人で楽しかった。
前菜、スープ、サラダ、メイン、デザート、コーヒーまで付いて、どれもボリューム
たっぷりでおいしかった。
1790円と聞いて二度びっくりしたくらい、目の前で手際よく料理をしてくれた。
夜もあって、夜はもっとボリュームがありますとシェフは言っていたが、もうこれ以上
ボリュームは要らないくらいですと笑って帰った。

次に、私のいとこの80才前のお見舞いに~~~
お付き合いは無くて10年くらい前に会ったきりだが、滋賀の唐崎の病院だそうで
坂本のレストランに近そうだったので思い切って行ってみた。
よく覚えていてくれて、とても喜んでもらえた。顔色もよく、そんなに悪いようには
見えなかった。

それからが、カーナビのテレビが映らなくなって、テレビ大好きの亭主の機嫌が
悪くなり最悪な雰囲気になった。
続きは明日に~~~
コメント

一度も外に出ず~~~

2011年01月24日 | Weblog
今日編んでいたレッグウオーマー

今日は一日外に出なかった。
でも、ゴミ出しとお隣へのお茶には出かけたから、外に出なかったわけでも
ないのねえ。

朝、新聞でテレビ欄を見たら、BSハイビジョンで世界遺産イタリアと書いてあった。
何年か前の再放送だが、前の時も釘付けで見たが、今日も延々2時間も
見てしまった。

映画でも見たアマルフイーからローマまで、見ごたえがあったわ。
イタリアなんて私には到底行けそうもないところだから、見落とさないように
しっかりと見た。
紀元前からの建物!ため息が出るくらい美しくて立派だった。

10時から12時まで見たことになる。
テレビを何も手仕事もせずに、じっと2時間も見たことって初めてだわ。
ドラマでも何でも、30分が限界で絶対寝てしまうもの。

生協で来た鍋焼きうどんというのを食べて、昨日から始めた編み物にかかった。
昨日は片方編んだので今日はもう片方だ。
ちょうど編めた頃、お隣からお茶のお誘いの声がかかった。

おとなりは親戚で不幸があったので、3日ぶりのお茶だった。
お仲間のお向かいさんがあさってからコスタリカの山へ登山に行くので
そのお話をいろいろ聞いた。

70過ぎているご夫妻だが、元気一杯で8日間の旅に行くそうだ。
屋久島も5日かけて巡っているし、世界中の山を登っているそうだ。
来月のおみやげ話が楽しみだわ。
コメント

まったりとした日曜日

2011年01月23日 | Weblog
もういただいた甘春堂の節分のお干菓子


思えば、娘が自立すると言って家を出てからちょうど一年経ったんだわ。
慣れというのは恐ろしいもので、もうずっと二人暮らしをしているように思われる。

あれほど早朝深夜の送り迎え、毎日のお弁当作りに急な洗濯やアイロンなどなど
手間と迷惑を掛けられた生活だったのに、今は忘れて頼りないくらい
穏やかで平和な毎日だ。

子供たちが居た頃は当たり前のこととして、いろんな用事をこなしてきたが
それも夢のことのような気がする。

今は今の生活と割り切って楽しく過ごして生きたい。

今日はいつものまったりとした日曜日、それも誰にも邪魔されず一人の静かな
日曜日だ。
私には何よりのぜいたくだ。

毎日、日中は一人の生活だけれど、日曜日はなぜか豊かに思うのはおかしいかな?

お昼ご飯を食べて、足首が寒く感じた。
去年、友達が編んで送ってくれた毛糸の靴下が暖かくて手放せない。
今日は洗ってしまい、足首の辺りが寒くって~~~

濃紺の毛糸が残っていたのを思い出し、急いでレッグウオーマーを編み出した。
二目ゴム編みで20センチの長さにした。
もう少し早くに編んでいたらよかったのにねえ。
コメント

今日も晴天だった

2011年01月22日 | Weblog
もう懐かしい思い出になった月曜日の大雪


今日も晴天だった。
太陽の当たるところは春のように暖かい。

北側の日の当たらない所にはまだ雪が薄汚れてかたまりになって残っている。
はがきを出しがてら自転車で出かけた。

マッサージも行ったが、肩こりは全然スッキリしないわ。
顔に当たる風はさすがに冷たくて、帰りのペダルをこぎながら、熱いインスタント
味噌汁を飲もう!と思ってしまった。

帰っておこたに入ってお昼ご飯を食べ、新聞を読んでいたらやっと足が暖まり
いい気持ちになった。
このまま、春になることはないだろうけれど、春を予感させる日差しだった。

桜の開花予想の1回目も出たし、春よこい!の気分だわ。

 そのにほひ
     
      桃より白し 

           水仙花     
                    芭蕉
コメント