お花大好き

京おんなのつれづれ

ヒガンバナ

2018年09月22日 | Weblog
亭主の目から逃れた幸せなヒガンバナ(笑)

球根堀男の亭主が、掘り損ねて何かの鉢から咲いた2本のヒガンバナ。
明日は秋分の日でお彼岸の中日。
カレンダー通りに咲く彼岸花。
今年はこの2本で我慢しよう。

朝から☔→☁→☀と全部のお天気が目まぐるしくやってきた。
小雨の中をレインコートを着て自転車で月に1度の助け合いの会の活動のお宅
へ行ったが、着く頃にはほとんど上がっていた。

清涼寺近くのお宅だが、今日もワンちゃんは美容室へ行って留守だった。
京都らしいお屋敷という風情があり、ばね指で掃除機が持ちにくい女性宅だが
とてもきれいにしていて、月に一度の活動が必要かな?と思ってしまう。

何か月に一度は役に立ってます?必要ですか?と聞いてしまう。
もう1軒の月に一度のお宅でも聞いている(笑)
二人とも、来てくださいと言われて続けているが、月に1度って??

帰りは太陽が照っていいお天気になった。
自転車に乗ったら、後ろのタイヤがパンクしたようで、帰り道にあったお店で
直してもらった。
自転車に乗ってパンクがわかったのは初めてだった。
空気が抜けて道路をタイヤ無しで車輪で走っている感覚がしてすぐにわかった。

空気の一杯入ったタイヤは気持ち良くスイスイ走れた。
帰宅して、シャワーをしてさっぱりしてお昼ご飯を食べた。
次は1時半から、最近に助け合いに申し込んできた80代夫婦宅へ説明の為の
初回訪問へ行った。

腰椎圧迫骨折で退院してすぐで家事を手伝って欲しいとのことだった。
こういう人こそ助け合いが必要だと思った。
会の活動の説明をして、後日の連絡を待つことで帰宅した。

お天気はいいが、なんか蒸し暑くて又汗をかいた。
夕方にお隣からお取り寄せの美味しそうな梨が届いた♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 考えさせられた | トップ | 猿翁と中車 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事