広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アマドコロ/ナルコユリ

2017年06月15日 | 我が家の庭の草木花、カメラ行脚での写真
庭の花を見守っているつもりであるが、つい見落としてしまう。そして、あれ!もう咲いている・・・と発見をする。
アマドコロもその一つで、もうこんなに咲いているのである。
アマドコロ (学名:Polygonatum odoratum キジカクシ科アマドコロ属の多年草。
ナルコユリ (学名:Polygonatum falcatum  別名 ナルコラン 
別名 イスイ 草丈 30センチ~80㎝。
冬の間は地上部が枯れ、地中の根の状態で冬越しをします。
春になると茎を出して、葉の付け根から1個または2個の筒状の白い花を下向きに咲かせます。
花の先端は緑がかっています。すこし開いています。葉は笹によく似て、茎を挟んで左右互い違いに行儀よく2列に並んでついています。
しなる茎、行儀よく並ぶ葉。
アマドコロとナルコユリは姿がそっくりで、ちょっと見ても判断が付きにくいです。
アマドコロは茎にゆるい角(かど)がついているので、茎をつまんでくりくりすると指の腹に引っかかるような感触があり、茎を切ってみると断面がいびつな多角形のようになっています。
ナルコユリは茎の断面が円形で茎を触ってみると、引っ掛かりがありません。
我が家の花は茎が丸いのでナルコユリだと思います。







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« キョウカノコ | トップ | ウツギ »