田舎人の徒然日記

1948年式男の書きなぐり

こんな奴らが教育者なのか

2018-05-24 | 日々の暮し

見苦しいの一言(ネットニュースから借用)

 アメフトで選手が反則プレーを行った日大の昨日の記者会見。
 見苦しいの一言。
 宮川選手が指示内容を誤解した結果としつつ、それが駄目なら井上コーチの全責任にすることになっているのではないか。
 コーチのオロオロした発言がそれを物語っている。
 その後、内田前監督は心労のためとかで入院とのこと(常套手段)。

 宮川君の方が自責の念に苦しんでいるはずだ。
 それを救おうという気は一切ないように見受けられる!馬鹿者!
 自己保身第一の往生際の悪い奴等だ。

 また、今後の身の処し方について、身内で固めるであろう第三者委員会の結論に従うという。
 結果が見えている。
 大人の恥だ。
 こんな奴らが指導者だなんて馬鹿もいい加減にしろ。

 大学の一クラブなのに同校の最高責任者が何故か表に出てこない。
 卑怯者!
 こんな奴らが教育者面しているのかと思うと腹が立つのであります。


耕作放棄された田はこのようになる(画像クリックで拡大)

 それはさておき、
 当地にも耕作放棄地が増えている。
 「地方創生」などは夢のまた夢の現状である。

 安倍内閣の下、地方、庶民の疲弊はどんどん進んでいると思う。
 社会は「金」を持っている者が有利になっていく。
 日本の政治、これで本当にいいのだろうか。
 賭博場も作って・・・などとアホかいな。
 夢は一攫千金だって。
 一か八かの人生を作ってくれております。
 巻き上げられて弱者破たんの図ですな。


耕作放棄地の隅に咲くカタバミ(画像クリックで拡大)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気分、楽ちん

2018-05-23 | 日々の暮し

ムクドリが餌を探していた(画像クリックで拡大)

 気がかりだった事が一つ終わりホッとする今朝だが雨だ。
 TVを見るとワイドショー番組では昨日の日大選手の会見を図解入りで解説している。
 どこもここもで食傷気味。
 ただ、犯したことは良しとはできないが、良心に従った選手に救いがある。
 彼は、好きなアメフト一心のために監督以下に洗脳されたようなものだ。
 それに比して日大態度は煮え切らぬ。
 人を教育する組織の者たちとは思えない。

 森友問題では当時の文書記録が再び問題になっている。
 廃棄した、無いと言っていた文書が出てきた?
 一体、官庁の文書管理はどうなっているのか改めて唖然。
 加計問題では国会に提出された県職員の作成した文書と首相の答弁とが矛盾する。
 この文書、又聞きで作成されたものとの評価もあり何が真実かモヤモヤしている。

 サラリーマン経験者としては信じられないことだ。
 作成した文書は定められた期間、保存しなければ処分ものだったのに。
 高級公務員様は国民よりも権力者をかばうことをお仕事と認識されているようであります。
 国民よりも自己保身が優先事項なのでしょう。
 日大の選手を見習いなさい。


休憩用の専用切り株(画像クリックで拡大)

 小降りの時、畑の点検に行く。
 明日は何もないので気分楽ちん。

 ムクドリが餌を探していた。
 休憩用切り株に腰を下ろしす。

 俗世と離れた至福の一時であります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペタンク

2018-05-22 | 日々の暮し

皆、体力あるわ

 老人クラブの役員になってペタンクという競技を知った。
 ルールも分からぬ人間が世話役とはお笑いだが役目の一つだから仕方ない。

 試しにゲームに参加するも2試合で腰が痛くなる。
 腰痛持ちとはいえ、体力の衰えを実感。
 情けなや。
 草刈りは得意なんだが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笑われた

2018-05-21 | 日々の暮し

風流になったと思うのだが(画像クリックで拡大)

 庭に置いてある石臼利用物体を風流にした、、、つもり。
 成果を見たカミサンがアハハ~と笑った。

 近所の人が竹藪を整理した時にできた竹をもらい、
 長さが中央から端に向かって短くなるように切断。
 インパクトドライバーで竹筒に穴をあけ黒い針金を通して固定。

 どうだ、風流ではないか。
 柄杓を作って上に置けば完璧だ。

 が、一笑されてジ・エンド。
 男の風流が女に分かるかい。
 思いつき作品ですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

総会準備の最終チェック

2018-05-20 | 日々の暮し

ヘビ苺と呼んでいる。食えるの?(画像クリックで拡大)

 老人クラブ連合会の総会も数日後となった。
 明日の役員会で最終チェックが行われる。
 総会担当を仰せつかっているので資料や会場配席、準備道具、搬入手配、役割分担などの最終チェックで半日が終わった。
 何でもかんでもPCで作成するのでファイルが増えていて混乱する。
 頭を冷やしに畑へ。


野の花(画像クリックで拡大)

 ニワセキショウなどの小さな花が咲いている。
 ほっとする。

 枇杷に青い実がついている。
 殆ど食べないのにごくろうさん。


誰も食べぬ枇杷の実(画像クリックで拡大)

 ここしばらく芸能界の訃報が続く。
 思えば皆それなりの歳になっているのだから不思議はない。
 だが、昭和の人が亡くなるのは少々淋しいものだ。
 いずれ誰もがこの世とオサラバするのだから残る人生、心配事があっても顔だけは穏やかな笑顔で過ごしたい。
 笑顔の人には福来たるだ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

蘇るザクロの木

2018-05-19 | 日々の暮し

蘇るザクロの木(手前)

 畑にザクロの木があったがサラリーマンだった親父が手入れをしなかったので無茶苦茶な状態になっていた。
 祖父の代からあった記憶がある。
 親父が亡くなった後、そのグチャグチャになっている木をに根元から切った。
 10年ほど前のことだ。


ザクロの花

 現在、切った木の根元から出た若芽が成長し背丈を超えている。
 毎年、実をつける。
 今年も花が咲き始めた。
 木の生命は人間をはるかに超えていることを改めて知る。

 彼らの時間は長い。
 セコセコ生きる我が身が情けない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

末は画伯?

2018-05-18 | 日々の暮し

考えようによっては趣のある線?

 孫娘の写真が送られてきた。
 タイル張りの床にお絵かきの図。
 1歳3か月の初作品だ。
 味方によっては無欲の趣ある線?
 偉大な画家に・・・。
 なるはずないよな。
 でも、先は誰にも分からない。
 可愛いものです。

 (タイルの上なので消せるとのこと)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カラスはカ~と鳴くもの

2018-05-17 | 日々の暮し

カラスはカーと鳴くもの

 アメフトで日大チームの反則プレーが問題になっている。
 スポーツ界でも何が起こるか分からぬ社会。

 田植に向かって準備の進む近辺を散策。
 田んぼにいるカラスは無言だが、どこかでカ~と鳴くはず。
 いつもと変わらぬ情景に安堵感。
 今年も変わらぬ風景にも安堵。


この農道は未だ健在(画像クリックで拡大)


田植の準備が進む(画像クリックで拡大)


今年は水豊富なスタンバイ中の溜池(画像クリックで拡大)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人の心はどうなったのか

2018-05-16 | 日々の暮し

切り株に腰をおろして考えた

 家族や幼児、子どもを殺傷する事件が頻発している。
 加害者には自分の行為が家族、親戚などに及ぼす迷惑を考えられないのだろうか。
 腹立ちは誰にでもある。
 それが行動に移るのを自制する心が失われたのだろうか。
 
 戦後、それまでの日本の道徳が封建的と否定される時代が続いた。
 「民主的」という言葉の下に旧来の倫理観が否定されることが多かった。

 長い歴史の中で積み重ねられてきた価値観、倫理観を全否定し、経済至上主義でやってきた結果が今ではないのかという気がしてならぬ。
 繁栄したのは大会社(大資本)だけではないか。
 一局集中のもたらしたものは過疎化、家族解体、高齢化した地域だ。
 残るは庶民の残骸と荒む心である。


こぼれ種から育った花

 親を大切にする、幼子を慈しむ、隣近所と仲良くする、権利主張を自制する心、、、。
 その何処が悪いのだろうか。
 (そんなこと言っているから改革、変革は起こらない?誰のための改革なのかと聞きたいわい)

 戦後、占領政策とそれに従ってきた結果の矛盾が噴き出している気がする。
 日本には日本独自の文化のあることを再認識すべき時ではないか。
 勿論、時代に合わぬものは捨てつつだが。

 新聞に踊る活字を見つつそう思う今日だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日も終わろうとしている

2018-05-15 | 日々の暮し

不作の早生玉ネギ

 早生の玉ネギを収穫する。
 手入れ不良につき超不作。
 正直だわ。


どんな姿に成り果てるか

 カミサンが庭木を剪定していた。
 彼女はバッサバッサと大胆に切る気性。
 刈られた木がいかなる姿に成り果てているか心配。


手続き怠り105億円パー

 滞納105億円帳消しのニュース。
 ボランティア活動でさへ小さな手続きを気にしつつやっているが、市役所の「現職」らが基本的な手続きを怠ったことに唖然。
 指摘する上司はいないのか、いい加減なもんだ。


自衛隊機がバリバリと通り過ぎる

 頭上を自衛隊のヘリが3機バリバリと西に向かって飛んで行った。
 飛行機には降りる場所がある。
 羨ましいよ。

 で、今日も終わろうとしている。
 明日が良い日でありますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日の豪雨が嘘のよう

2018-05-14 | 日々の暮し

昨日が嘘のような空

 昨日は豪雨。
 避難準備・高齢者等避難開始命令のエリアメールが入る。
 幸い数時間後に解除メールが入った。


溢れそう


よくぞここで収まったもの

 雨の中、地域の水路の状態を見に行く。
 溢れる寸前だ。
 過去に数回、村人の農機具置場が水に浸かったこともあり役場に実情を訴えている場所である。
 水を周囲の水路に分散して欲しいと思っている。

 ころりと話が変わるが、トランプ大統領は米朝会談を前に「北の体制を保障する」と言っている。
 と、いうこことは独裁体制をアメリカがどうこうしないということだろう。
 拉致犯罪者に対して被害者の奪還要求が弱まるのではと心配だ。
 結局、アメリカ第一主義に終わるのかも知れぬ。
 突如発言を変える大統領のことだし。
 アメリカ頼みの多い日本だが、もっと国際世論に訴えて「解決済み」と言い放つ態度を変えさせられないものか。
 政治家の背広に着いているブルーのリボンが単なる飾りにならぬようにしてもらいたいものだ。

 明日、天気良ければ玉ネギを収穫しよう。
 手入れ不良で小さいけれど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栄養剤

2018-05-12 | 日々の暮し

オランウータンと会う

 アメリカから送られてきた孫娘の写真を見る。
 動物園でのワンショット。
 父ちゃんにそっくりと思ってるのではないだろうな(笑)。
 今日の栄養剤です。

 地域の今日の草刈り、明日の水路清掃。
 腰痛持ちにはこたえます。
 動けるだけでもラッキーと思って参加します。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤルゾ―!

2018-05-11 | 日々の暮し

今日のデッキの上(画像クリックで拡大)

 いい天気だ。
 デッキに腰かけて今日の行動を考える。


移動後の何知らずの木(画像クリックで拡大)

 まず、カミサンが名の知らぬ木を移動させているので手伝う。
 見た目の変化で気分も変わる。


中朝電撃会談。世界は常に動き続ける

 ところで、、、昨日見た国会での参考人質疑。
 野党の質問は決めつけ的で威圧的で事実の解明よりパフォーマンスだけのように感じた。
 蓮舫議員の質問などはうんざりした。
 一時は党首も務めた人物だから期待していたのにガッカリ。


地球上に日本だけがあるわけでない(画像クリックで拡大)

 これでは安倍一強時代は延命だ。
 内閣の支持率低下が野党の支持率向上に繋がっていない。
 離合集散を繰り返すだけで歴史も伝統も政治哲学も創れない。
 未だに戦略、戦術のなさ、度量のなさを感じて改めて失望。
 世界は米朝会談、アメリカの「核合意」離脱などと急展開している時に、、、。
 大局観というものがないのか。


昭和はどんどん記憶の奥へ(画像クリックで拡大)

 現代はそういう時代か。
 先日借りてきた本「昭和の子どもよぼくたちは」は趣向に合わず途中で挫折。
 ただ、どんどん記憶の奥へ遠ざかる「昭和」を表紙の図柄に感じた。
 少々、淋しい。


古い刃を外して新品に交換


ついでにプラグも掃除

 そんなことはどうでもいい。
 明日は朝から巨大な溜池の草刈りがある。
 何と朝6時開始だ。
 現地で草刈機が動かなければサマにならぬので刃の交換と点火プラグの掃除をしておいた。
 これで動かなければ鎌しかないが、迷惑なことだろう。
 ちゃんと動いてくれよ。

 草刈機の手入れの後は、老人クラブ連合会の総会議案書案原稿の修正。
 後日、役員全員で印刷、製本することになっている。

 日曜日には自治会内の水路掃除、午後から水利の共同作業が入っている。
 重なる時は重なるものだ。

 忙しい時の方が生き生きしてるとカミサンが言う。
 ワシは動いていないと生きられないサメか。
 ヤルゾ―!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美観などは頭にないのかね

2018-05-10 | 日々の暮し

必要なものをそのまま追加しただけの電線

 上を見上げれば電線が目に入る。
 まあ様々な物がぶら下がり美的センスのないこと。
 必要なものをその都度くっつけただけに等しい。
 この配慮の無さ、センスの無さにガックリ。
 CМの企業イメージとは大違い。
 地域の美観など頭にないらしい。
 自治会では美化運動などをやっているのだが・・・。


エンドウを頂く

 憤慨しているとピンポーンと玄関に人。
 エンドウを貰った。
 好物であるエンドウの卵とじを連想し電線のことは頭から薄れた。
 その程度の憤慨であるというより、半ば諦めている結果だろう。

 だが、「昔」と「今」は違うのだから、頼みますよ電線管理の皆様方。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イモの花

2018-05-09 | 家庭菜園

ジャガイモの花が咲いた

 例えば、北朝鮮がサトイモでアメリカはサツマイモ。
 中国がジャガイモで韓国はヤーコン。
 コンニャクイモは日本。
 サツマイモとサトイモの会談が近づき世の中騒がしくなっております。

 現在、サツマイモは貿易に関しジャガイモに文句をつけています。
 イモ同士で争っております。
 コンニャクイモはクネクネと上手く逃げ切りましょう。

 畑ではジャガイモの花が咲いております。
 これは「習」さんとは無関係です。
 何のこっちゃ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加