山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



日本間に掲げられた半紙に書かれていたのは・・・ 『素直』の二文字。   大企業では、多忙を極める経営トップに対する説明は、 責任者が書面で簡潔に説明するのが、普通の形だろう・・・ しかし、松下電器は違っていた。 幸之助翁の前に、実際に商品を持ち込んで、 商品を目の前にして、ときに商品開発の技術担当者からも、トップに直に説明。   谷井昭雄氏が、松下幸之助翁に初めて出会った、 テ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 今年はちょうど、松下電器創業100周年。 松下幸之助翁は、松下電器(現・Panasonic)にとっては「創業者」・・・ 松下政経塾にとっては「塾主」・・・ 呼び方こそ違えども、教えと薫陶を受けた者同士。   同士と呼ばれるには、あまりにも畏れ多いのだが・・・ そんな親近感あふれる話から始まる谷井昭雄氏の講話に、 塾員一同、くぎ付けに。。。   松下幸之助翁から、初めて声をかけら . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




松下政経塾塾員会の年次総会。 特別講話のゲストにお迎えしたのは、 松下電器産業株式会社・元社長の谷井昭雄氏。   1956年11月に、松下電器に入社。 1979年に取締役に就任後、常務取締役~専務取締役~副社長~社長に就任。 現在は、パナソニック株式会社の特別顧問を務められる。   冒頭、松下政経塾塾員会の代表理事でもある 逢沢一郎・衆議院議員から、谷井昭雄氏のご紹介。   . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Financial Academy主催による「50代のための定年後設計スクール」。 グループ内の50代の3人で、まさにお互いの心配を確かめ合うように??? 心配なの、自分だけじゃないよね~~~とばかりに、仲良く参加!   「老後破産」 「下流老人」 「老々介護」 「争続」 「孤独死」 「介護難民」 50代から直面するかもしれない、現実的な問題。 社会問題にもなりつつある、こん . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日、タブレット端末を活用した電子教科書を開発する スタートアップ企業、㈱forEstの後藤匠CEOが来社。   第三者割当増資による資金調達の報告とともに、 教育機関向けに提供してきた同社のサービスを 個人向けにも展開されるとの旨を伺う。 設立当初から、様々な打ち合わせを重ねてきただけに、とても嬉しいご報告。   後藤匠CEOは、東工大大学院出身。 同校発のスタートアップ企業で . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨夜、敬愛する政経塾の先輩、小田全宏氏主催のコンサート。 JAPAN SPIRIT CONCERT 維新伝心 ~和心の伝承、一期一会を音と共に~ が、初代のオペラシティ東京にて開催された。   思い起こせば、今から遡ること7年前、 2011年にサントリーホールにて、小田全宏氏のコンサートが開催され、 その規模はもとより、開催の志に共鳴する輪が広がって、 なんと今回は、国連UNHRまで . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




会計事務所コンサルティング会社、㈱アックスコンサルティングが主催する BFN(Big Farm Network) ビッグファームを目指す会に参加。   売上高5億円、職員50名以上のビッグファーム、 またそのような事務所を本気で目指す事務所が対象。   当社などは、規模的にはまだまだなのだが。。。 国際税務の大御所が帰国され、講演されると聞いて、いそいそと参加。 公認会計士であるに . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




otobank(オトバンク)って、ご存知だろうか? オトバンクは、”耳で読む”を常識にして、 聞き入る文化を創造しようと、 積極的な活動を展開する。   目の前で、創業のきっかけを語る上田渉氏。 私立名門校・栄光学園に進むも、 勉強する目的がわからず、高3の時には偏差値30。。。 悶々とするなか、ビジョンがない教育に気づき、 教育改革を目指して、東大に進学。   弁論部にも入 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日経ビジネス・イノベーションフォーラム。 伊藤元重・東京大学名誉教授が特別講演されると伺って、九段下のセミナー会場に参加。   今から30年前、茅ケ崎の政経塾にいた頃、 先生の著書「日本経済ゼミナール」をテキストに、経済学を教えていただいた。 法学部出身の私には、経済学にふれた初めての機会だったこと・・・よく覚えている。 当時、伊藤元重先生は、たしか東京大学経済学部助教授。 新進気鋭 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今まさに、平昌冬季五輪・・・真最中! 連日、手に汗握る応援で、日本中が沸いている。   最近、私などは、メダルがかかった大一番の試合などは、 緊張してしまって、LIVEで見ることができない。 私が緊張しても、なにも変わらないのだが、 それほどまでに選手と同化してしまって、緊張感があふれてしまう。   そんななか今日、柔道家の古賀稔彦氏と夕食をともに。。。 ソウル・バルセロナ・アト . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日の日経新聞夕刊。 漢字学者の阿辻哲次氏が、 遊遊漢字学「お金で納める時代でも『税』」と題して、 こんな一文を寄せていた・・・   「税」は、意味を表す《禾》と、 発音を表す《兌》の組み合わせ。 《禾》は、イネなど穀物の総称として使われる文字。 この字がヘンについていることからもわかるように、 「税」とは、もともと穀物による物納のことだった。   古代国家は、領内の人数や戸 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日2月16日から、所得税確定申告。 夕刻、霞が関に行く用事があったので、霞が関駅で降りてみると、 シュプレヒコールやらなにから、騒々しい。   あとでニュースを見てみると、徴税事務トップの佐川宣寿・国税庁長官の 森友学園国有地売却を巡る国会答弁への批判を強める市民団体などの抗議活動。 それにしても、あれだけ庁舎の前でシュプレヒコールや演説をされて、 国税庁職員の通常業務に、支障は出 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




現職時代、大変お世話になり、 港区議会副議長まで務められた重鎮の叙勲祝賀会。   冒頭、港区長に続いて、私自身も旧知の国会議員の挨拶。 さすがに説得力あるな~~~と感動するのも束の間、 降壇すると、居並ぶ港区議会議員、港区役所幹部等のもとに一目散。 次の来賓が挨拶をしているのに・・・ まったく、お構いなしに名刺交換。 そして、ひと回り名刺交換を終えると、 挨拶をしている演壇の前を . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




18時から、本日最後の来客。 10分ほどして、スマートフォンの振動音。。。 もちろん、来客中は基本的に出れないのだが、 スマートフォンの着信表示に「母」とある。   この歳になると、ドキッとするもの・・・ 真夜中の電話、そして実家に一人で住む「母」からの電話。 「失礼します」とお詫びをしながら、 「母」からの電話に出る。 まずは、元気そうな声に~~ ホッと、ひと安心。   . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2月14日、今日はバレンタインデー!! と、勢いよく行きたいところだが、 2月14日、今日は成人になって初の抜歯。。。 そんな重~~い気持で、一日を迎える。   昨年末、歯を磨いていたら、歯の詰め物が ポロリと洗面所に落ちてしまって、右の上の歯が空洞状態。 近くの歯医者に行ったら、すぐに2本抜いてインプラント・・・ 抜歯10万円、インプラント2本で80万円という診察を受けて、 エ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ