山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



ベストセラー作家でもある顧問cvb@pczcにascyccs cyxvgrzz先様から頂いた著書を、土曜日を利用してゆっくりと読んでみた。polio アブラハム・マズローの欲求五段階説が取り上げられていた。 1、生理的欲求 2、安全の欲求 3、所属と愛の欲求 4、承認の欲求 5、自己実現の欲求 マズローに出会って以来、「人は自己実現のために働く」と考え続けてきたと記してある。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ホーチミン市から、北西へ約70km。カンボジア国境に近い所にあるクチ。 ベトナム戦争当時、南ベトナム解放戦線(ベトコン)の作戦本部が置かれていた場所。 ゲリラ戦用の地下トンネルが掘り始められたのは、1960年。まだフランス領だった頃からだ。当時は、1層で全長28km。 アメリカの侵攻に対抗するために、全3層、全長250kmにも及ぶ地下トンネルが作り上げられた。 約20年の歳月をか . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日曜日の休日を利用して、メコン川のジャングル川下り。 川下りの出発点は、メコン川の玄関口にあたるミトー。 ちなみに、メコン川は全4000kmにもおよぶ大河だ。干潮時には、深度18m。 ミトーから、渡しの木造船で中洲にあるタイソン島に渡る。 タイソン島の住民は、このメコン川の水を濾過して洗濯、シャワー、料理等の日常生活をする。口径は細いが、水道管も施設されている。 村の民家、炊事場を . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




首都ハノイから空路1時間半、ホーチミン市へ。 国内線で隣り合わせたベトナム人男性から、飛行機から降りる間際に、4000dongを日本円に替えてもらえないかと頼まれる。 「4000dongだとコインにしかならない」と伝えると、何とも困ったような顔。どうしても、bill (お札)が欲しいらしい。 私が財布から、1000円札を取り出すと、我が意を得たりといった表情で「いくら dongがあれば良 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先に、高速道路はじめベトナムの各地で、日本のODAが多大なる貢献をしていると書いた。 国の成熟期を過ぎ、衰退の懸念が指摘される日本。その一方で、平均年齢が日本より20歳も若く、国の成長期を感じさせるベトナム。 衰退期に入りつつある国が、成長期に差しかかった国を、過去の蓄積でODA支援し続ける。 やがては、世界の投資も、衰退国から成長国にとって替わられる…そんなことにならなければよいが . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




前夜、沿岸部に広がる海を見て、「朝、この海沿いを走ったらどんなにか気持ちがいいだろう」と思い、早朝ジョギング。 ホテルから出たは良いが、ホテル前の横断歩道が怖くて渡れない。 横断歩道の手前にいても、減速してくれる車は皆無。車の途切れた合間を塗って渡るも、渡り切らない前にクラクションをならされてしまう始末。 朝は爽快かと思いきや、湿度が高く、走っているとまるでサウナに入っているかのよう。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




最近、私、山崎泰は、日本からアジアへの進出先を相談されることが多い。 今回は、顧問先様に同行して、ベトナム出張。 成田からハノイまで、空路で約5時間半。時差は2時間、日本より遅い。日本時間の夕方にハノイ到着しても、まだ陽が高く明るい。 私は、2時間、得をしたような気持ちになった。 ベトナムの人口は、約9000万人。合併後の首都・ハノイは、約700万人。ホーチミンも700万人超。 「若い人が多 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




午前10時30分。 久しぶりに、懐かしい顔が見えた。 1年半強、産休だった中国人スタッフが、1歳半の長男抱いて戻ってきてくれた。 思い起こせば、北京オリンピックの直前、彼女の結婚式に招かれて北京まで出かけた。 覚えたての中国語を交えて、「日中の架け橋になって欲しい」とスピーチしたことを思い出す。 彼女を含めて、当社の産休スタッフは2名。 良い社員さんに限って、なかなか戻ってこ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




毎週土曜日の相続セミナー中に、私のiPhoneが鳴る。 娘からだ。「今、家に帰って来たけれど、何時なら行ける?」 バスケットボール部に入部したばかりの娘から、他校との定期交流試合の応援を終えて、今度は自分のバスケットボールシューズを買ってもらう約束をしていた私への催促の電話だ。 ひと通り、買物を済ませた後、娘と二人ですし屋に入った。 子供達がまだ小さい頃、小指の先のような赤身にシャ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )