山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



昨日は、TKC東京都心会の2019年政策発表会。

毎年のことながら、新春にあたり、とても刺激的な一日!

 

10.9%・・・という数字を、意識したことはあるだろうか?

かくいう私も、この数字をこれまで意識したことすらなかった。

 

10.9%・・・「市場認知シェア」として、市場においてようやく存在が確認される水準。

生活者が「こういうブランド(企業)もある」と思い出してくれるレベルが、10.9%。

これ以下では、残念ながら、生活者の記憶にも残りにくいという。 

 

コロンビア大学のB.Oク―プマン数学教授が提唱した「市場シェア理論」。

同教授は、市場シェアが発するサインに着目して、シェアと市場推移の関連性を分析。

 

それでは・・・TKC会合のどの場面で、この10.9%という数値が登場・強調されたのか?

それは「書面添付」推進の場面。

「書面添付」は、税理士法33条の2に基づいて、決算申告の際に、相談を受けた項目、

前年度との著増減項目など、税務的に判断を要した事項など、

関与税理士が申告に際して、様々な情報を税務申告書に添付する仕組み。

 

それにより、決算書の質と信頼性を保証する役割を担うことが、大きな目的かつ成果。

さらに、関与先に安心感を与え、税理士との信頼関係を強固にする。

決算書を金融機関に提出する場合には、金融機関の事業性評価の基礎資料ともなるという利点もある。

 

それゆえ、書面添付のある税務申告を行った法人に対しては、

税務当局が「税務調査」をする前に、関与税理士に「意見聴取」を行うことにより、

「税務調査」が省略されて、申告是認となるケースも少なくない。

 

その「書面添付」割合を、画期的に上昇させるために、TKC全国会が

ひとつのメルクマールとしているのが、10.9%という「市場認知シェア」。

 

2017年4月~2018年3月(平成29事務年度)における申告納税のうち、

税理士が関与している件数は、約25万7,300件。

うち、「書面添付」がなされている件数は、23万4千件。

率にすると、まだまだ9.1%に過ぎない。。。

 

この割合を、なんとか10.9%にまで引き上げることによって、

税務申告の際には、「書面添付」していることがスタンダード・・・

逆に、「書面添付」していないと、何某かの不利益があるかも・・・

 

中小企業の決算書の信頼性確保に、すべての心血を注ぐTKC全国会。

当社も、その一員として・・・さらなる「書面添付」推進を心した一日!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« せっかく、応... 生まれ変わる... »