山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



四谷中学校での租税教室。

今日は、3月16日に卒業式を控える3年生に

「租税」「労務」「保健」という3コマを、

学校外部からゲストティーチャーを招いて、

授業を行う一日。。。

 

授業を行うべく、中学校の先生に控室となっている

コミュニティルームまで、案内してもらう渡り廊下の直前・・・

「四谷二中の校歌」が掲げられているではないか!!!

 

実は、私の通った新宿区立四谷第二中学校・・・

私たちの中学2年2学期までは、新宿高校のすぐ脇、

今や新宿高島屋やNeomanで賑わう、新宿駅南口から歩いて数分、

新宿御苑の一角と見間違えるような、新宿の一等地にあった。

 

明治通りの拡幅計画予定地に入っていたこともあり、

長年の懸案であった校舎移転が、私たちの在校中に現実に。。。

 

中学2年3学期から、四谷三丁目駅近く、

四谷警察署向かいにある新宿区左門町の新校舎に移転。

しかし、新校舎はまだ設備が十分ではなく、

水泳の時間になると、旧校舎まで通った変形授業が懐かしい。。。

 

都心区の生徒数減少の流れには逆らえず、新校舎もやがて廃校への道。

四谷地区では、四谷第一中学校と統廃合されることになり、

校舎の場所は、旧・四谷第一中学校(今の四谷中学校)に。

 

今朝、租税教室で訪れたのは、まさにその四谷中学校。

その廊下に、涙が出るくらい懐かしい・・・

我が母校の「校歌」が掲げられているでなはいか。

授業よりもなによりも、もうこうれだけで、感無量!!

 

新宿御苑の一角にあった「みどり豊かな静思苑」

「その思い出をあたためて」

新宿高層ビル街のある

「ビルの街並 西に見て」

「希望を胸に起つところ」

 

学校名、校歌、校舎地が変わってしまうと・・・

母校という(母校の後身という)思いは、

正直言って、かなり薄れてしまうのだが、

あの校歌に再会できただけでも、今日は幸せな一日!!

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 忘れてはなら... 『選抜=教育... »